「コハク」、「ユキチ」、「ミュウ」

f0224624_1915418.jpg
開園時間の直後にユキヒョウ舎を訪れると、今回も、1階の部分にいたのは「コハク」くんでした。

f0224624_194911.jpg
東山動植物園を訪問するのは年に1、2回程度ですが、「コハク」とは相性がいいようです。(それに、「コハク」は写真映りもいいのです。)

f0224624_196725.jpg
ウルウルと、キラキラと輝く魅力的な「コハク」の眼。多摩にいた子どもの頃は、このようには輝いていなかったように思いますが、ちょっと不思議です。

f0224624_1963868.jpg
そうこうしているうちに、「ユキチ」くんが2階のロフト部分から降りてきました。伸びをして、細い木の幹に頬ずりをした後、

f0224624_1910393.jpg
お立ち台の上に飛び乗って、そこに座り続ける「ユキチ」。ここが「ユキチ」のお気に入りの場所ですね。「ユキチ」がここに座ると人垣ができます。

f0224624_19122466.jpg
「ミュウ」お姫様は2階のロフト部分でずっと寝ていましたが、帰り時間が近づいてきた頃にようやく1階の部分に降りてきました。しかし、なんということでしょう。隅っこの方で用を足すと、またすぐに2階のロフト部分に駆け上がって行ってしまったのでした。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2015-09-16 19:43 | 東山動植物園 | Comments(0)


<< 独り暮らし 泳ぐ「コウメ」 >>