2017年 10月 02日 ( 1 )

ありがとう、「カーフ」

f0224624_11030020.jpg
ユキヒョウの「カーフ」くんが9月30日に腎不全のため亡くなったそうです(浜松市動物園の「お知らせ」は→こちら)。
f0224624_11032462.jpg
「カーフ」(写真中央)は、2005年5月27日に多摩動物公園で生まれました。父は「シンギズ」くん。そして、母は「ユキ」ちゃん。一緒に生まれた姉妹の「スピカ」さん(写真右。熊本市動植物園に移動。ただし、現在は大牟田市動物園で飼育中)や「エニフ」さん(写真左。英国のBanham動物園に移動)と比較すると、おとなしそうな性格の男の子だったように記憶しています。
f0224624_11035313.jpg
2006年4月に東山動植物園に移動。初代「洞窟王子」のユキヒョウになってしまい、公開当初はなかなか展示場に出てこれず心配させられました。写真は、「洞窟王子」を卒業して「側溝王子」に昇進(?)した頃のお茶目な表情の「カーフ」です。
f0224624_11070677.jpg
2010年2月に浜松市動物園に移動。以前から同園にいた「ビアンカ」さん(メス)が2011年1月17日に亡くなってしまい、美男美女のカップルに赤ちゃんが誕生しなかったのは残念です。
f0224624_11091910.jpg
「カーフ」は、「シンギズ」の子どもたちの中で最もイケメンのユキヒョウだと思っていますが、神経質そうな感じがする子でした。しかし、この頃から精悍そうな顔立ちに変わってきたような気がします。
f0224624_11100429.jpg
鋭いまなざしをした強そうな雰囲気の「カーフ」。貫禄もついてきました。おとなになったということなのでしょうね。
f0224624_11113345.jpg
最後に「カーフ」に会ったのは去年の7月。今年は、台風の影響で浜松駅で引き返さざるを得ず、会えなかったのが心残りです。
f0224624_11121586.jpg
「カーフ」に会っているときは、いつも心がワクワクしたものでした。お別れのときがこんなにも早く来るとは思っていなかったのですが・・12年間ありがとう「カーフ」。安らかに「カーフ」。思い起こせば・・2005年の多摩動物公園のユキヒョウ舎では「ユキ」が3頭、「マユ」が2頭の赤ちゃんを出産して・・至福の年であったように思います。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-10-02 13:01 | 浜松市動物園 | Comments(4)