2017年 10月 13日 ( 1 )

ユキヒョウっ子「フク」登場

f0224624_07431213.jpg
国内最高齢のユキヒョウの記事の後は、国内で最も若いユキヒョウの登場です。昨日の11:30から13:30までの間、ユキヒョウ舎のガラス展示場で、今年の6月2日に生まれた男の子「フク」ちゃんの初公開がありました(TOKYO ZOO NETのニュースは→こちら)。この日は、ガラス展示場の前は、数分毎の交代制になっていました。しかし、11:30になって、寝室の扉から出てきたのは、お母さんの「ミミ」ちゃんだけでした。
f0224624_07433438.jpg
「早く出ておいで!」というかのように、幼い息子を呼ぶ「ミミ」母さん。
f0224624_07435645.jpg
暫く待っていると、フク」ちゃんが寝室の戸口から半分だけ顔を覗かせました。たくさんの人々が見にきているので、びっくりしているのかもしれません。
f0224624_07441902.jpg
やがて、戸口に姿を現しました。「フク」ちゃん登場!
f0224624_07444090.jpg
寝室から出てきて、展示場の地面の上をゆっくりと歩き始める「フク」。まだまだ、よちよち歩きのようです。
f0224624_07450277.jpg
休息台の下まで、這うようにして歩いてきた「フク」。
f0224624_07452518.jpg
すぐにまた寝室の中に帰って行きました。初公開のこの日は、寝室の扉が常時開いていて、寝室と展示場とが出入り自由となっていました。「フク」が展示場に出ていた時間はとても短かったのです。
f0224624_07454661.jpg
「ミミ」母さんと「フク」ちゃん。
f0224624_14301081.jpg
おとなしそうで、まだまだ幼い感じの「フク」ちゃん。これまで生まれたユキヒョウっ子たちに較べると、成長が遅れぎみで体調を崩すこともあったということで、心配もしたのですが、もう大丈夫かな?展示場の中を元気に走り回れるようになる日が待ち遠しいですね。


<2017.11.17追記>多摩動物園で生まれたユキヒョウとその初公開日(2007年以後)

 マイヤ・・父:シンギズ、母:マユ、出生日:2007.05.19、初公開日:2007.07.21(初公開日の写真は→こちら
 ハンスオウコハク・・父:シンギズ、母:ユキ、出生日:2008.04.09、初公開日:2008.06.14(初公開日当時の写真は→こちら
 ミルチャ・・父:シンギズ、母:マユ、出生日:2008.06.26、初公開日:2008.08.30(初公開日の写真は→こちら
 ユキチ・・父:ヴァルデマール、母:ユキ、出生日:2009.07.02、初公開日:2009.09.04(初公開日の写真は→こちら
 スカイエナアサヒ・・父:シンギズ、母:マユ、出生日:2011.05.25、初公開日:2011.08.06(初公開日当時の写真は→こちら
 フク・・父:コボ、母:ミミ、出生日:2017.06.02、初公開日:2017.10.12



人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-10-13 08:28 | 多摩動物公園 | Comments(2)