カテゴリ:大宮公園小動物園( 75 )

去年生まれた子猿たち

f0224624_14210963.jpg
2016年7月10日に生まれたニホンザルのメスの赤ちゃん。お母さんの名前が「カノコ」さんなので、キノコ」ちゃんという名前です。
f0224624_14251527.jpg
ひとりでいることもありますが、まだ「カノコ」母さんと一緒にいることが多いようです。お母さんに毛づくろいをしてもらう「キノコ」。
f0224624_14215393.jpg
そして、お母さんもお父さんに毛づくろいをしてもらって、仲のよさそうなニホンザルの一家です。
f0224624_14225662.jpg
2016年1月26日に生まれたブラウンケナガクモザルの「ポロ」くん(オス)。こちらも、お母さんの「ツクシ」さんと一緒にいることが多いようですが、
f0224624_14231806.jpg
先頃1歳の誕生日を迎えて、年上のサルたちが手を引いて遊びに誘うようになってきたような様子でした。人気者ですね。
f0224624_14221226.jpg
2016年3月28日に生まれたシシオザルの「チカラ」ちゃん(オス)。下にあるポスターの写真のような子猿を捜したのですが、見当たりませんでした。どうやら、ポスターの写真は去年の9月以前に撮影したもののようで、現在は、上の写真のように、顔の周囲にあるライオンのたてがみのような体毛が立派に生え揃っているようです。
f0224624_14223370.jpg
子猿の成長は早いものですね。この子は、既にお母さんの許を離れて、ひとりで、または姉の「ディルバ」さんたちと一緒になって木の枝などを伝って遊んでいるようでした。




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-02-26 21:21 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

起き抜けのコミュニケーション

f0224624_20572168.jpg
展示場の日の当たる場所で仲良く寄り添って眠るクビワペッカリーの「テン」くん(オス)と「イズ」さん(メス)。右側にいる右耳の部分に赤いイアータグがついているクビワペッカリーが「イズ」です。
f0224624_20581530.jpg
午前中はずっと眠っていましたが、お昼過ぎになって「テン」が大あくび。
f0224624_20585838.jpg
起き出してガラス窓の側をトコトコと歩き始める「テン」。
f0224624_20595916.jpg
続いて「イズ」も起きてきました。「イズ」は、まだ眠たそうな顔つきです。
f0224624_21004810.jpg
そして、起きてすぐにすることは・・お互いに反対向きに体を寄せ合って、鼻で相手のお尻を何度もスリスリ。群れで暮らす習性があるクビワペッカリーがよく行う行動です。お尻の部分に臭腺があって、お互いの臭いを嗅ぎ合ったり擦り合わせたりしてコミュニケーションをとっているところだそうです。臭腺は、縄張りを示すマーキングで使うこともあるそうです。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-02-23 21:35 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

「ホシ」のガリガリタイム

f0224624_15001973.jpg
<13:18:16>土曜、日曜、祝日の13:30~13:45に実施されるイベント「ブチハイエナのガリガリタイム」。飼育員さんの訪れをガラス窓の側で待っている「ホシ」くん。
f0224624_15003807.jpg
<13:34:07>イベントが始まって、飼育員さんから肋骨肉を貰い、口に咥える「ホシ」。
f0224624_15005918.jpg
<13:34:10>肋骨を両方の前足で押さえて食べ始めました。
f0224624_15012493.jpg
<13:34:30>肋骨をガリガリと齧り続ける「ホシ」。肋骨の長さは、既に元の長さの2/3程度になっています。
f0224624_15015389.jpg
<13:34:53>暫しの休憩。肋骨の長さは1/3程度の長さになっています。
f0224624_15022999.jpg
<13:35:46>再び肋骨肉を齧り始めた「ホシ」。肋骨が短くなって両前足で押さえ悪くなってきたのか、食べるペースが少し遅くなってきたような・・?
f0224624_15030532.jpg
<13:36:00>肋骨を食べ終わりました。わずか2分足らずの時間で、太くて硬い肋骨をすべて噛み砕いて食べてしまった「ホシ」。「ガリガリタイム」はこれまで何度も見ていますが、ブチハイエナの顎の力の強さ(と、骨まで食べてしまう消化能力の強さ)にはいつも驚かされてしまいます。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-02-20 16:08 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

3匹の子豚

f0224624_06060630.jpg
8月16日に生まれたミニブタ(ゲッチンゲン)の3頭の子どもたちの展示が始まりました。
f0224624_06062680.jpg
5頭生まれた赤ちゃんのうち2頭は死亡してしまいましたが、残る3頭の子ブタたちはすくすくと成長しているようです。
f0224624_06064557.jpg
展示場内を遁(豚)走してぶつかる子ブタたち。
f0224624_06070368.jpg
展示場の手前の方に出てきて遊ぶ仔ブタたち。
f0224624_06072037.jpg
元気な子とおとなしそうな子がいるようです。額に黒っぽい模様があるこの子が一番元気そうですね。
f0224624_06074168.jpg
子ブタたちのお母さんである「プーギー」さん。子ブタたちと一緒に展示場に出ています。
f0224624_06075943.jpg
子ブタたちは展示場の中をちょこちょこと歩き回って、なかなか3頭一緒にお顔を写させてくれません。巣箱の中に入ってみんな一緒に一休み。やっと3頭揃ってお顔を見せてくれました。(お母さんはお尻を向けています。)
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-10-18 06:42 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

なかよしペッカリー

f0224624_06474919.jpg
伊豆シャボテン公園から来園したクビワペッカリーの「テン」くんと「イズ」さん。右耳に赤いイアータグがついている写真左側のクビワペッカリーがメスの「イズ」です。
f0224624_06481278.jpg
お互いに身体をスリスリ。気持ちよさそうな表情。
f0224624_06483656.jpg
野生では5~6頭の小さな群を作って生活している動物であるためか、2頭はいつも一緒。展示場の中を連れ立って歩き回り、とても仲がよさそうです。
f0224624_06485716.jpg
イノシシに似ているというと、大きくて凶暴なイメージを持つかもしれませんが、体長は75~100cm程度で、ペッカリー科の動物の中では最も小型。愛嬌のある可愛らしい瞳をしています。
f0224624_06492069.jpg


人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。

by snowleopard2001 | 2016-10-17 07:21 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

名前の由来

f0224624_06244660.jpg
リニューアル工事によりガラス窓が設置され、サル舎にいるサルたちが見やすくなったことは別の記事に記載しましたが、サルたちの名前を記載した表示板が掲示されたことにより、より親しみを込めて見られるようになりました。例えば、このフサオマキザルのカップルの名前は「オカムー」と「カンペイ」。最初は、仮名手本忠臣蔵の登場人物の名前のもじりかと思いましたが、
f0224624_06250946.jpg
メスの「オカムー」さん(1994年8月4日生まれ)。この名前は、表示板によると、某有名芸人さんに似ていることからつけられたとのこと。
f0224624_06253252.jpg
オスの「カンペイ」くん(1993年8月30日生まれ)。この名前も、某有名芸人さんに似ていることからつけられたのだそうです。
f0224624_06255205.jpg
似ているように思われる芸人さんに心当たりがありますが、園の方に特にお伺いした訳ではありませんので、芸人さんの名前は書きません。
f0224624_06261579.jpg
オマキザルはとても人間っぽい顔立ちをしている、そして、愛嬌があって可愛らしい顔立ちのサルですから、似ている方がいらっしゃっても不思議ではないかも?
f0224624_06263392.jpg
ちなみに、「フサオマキザル」という名前の由来は、頭部の両側に逆立った房毛があることと、この写真のようにしっぽが巻かれていることによるものだそうです。
f0224624_06265549.jpg
そして、この日は、今年生まれたシシオザルとブラウンケナガクモザルの赤ちゃん(赤ちゃんの写真は→こちら)の命名式がありました。名前の由来は、「チカラ」はシシオザルの生息地であるインドの楽器の、「ポロ」はブラウンケナガクモザルの生息地であるコロンビアの伝統的な音楽の名前だそうです。
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。

by snowleopard2001 | 2016-09-21 07:39 | 大宮公園小動物園 | Comments(2)

雨が降っていても

f0224624_14142686.jpg
雨が降っていても、気にしないで眠り続け、そして、起きてきたツキノワグマの「ヨリー」くん。
f0224624_14190790.jpg
雨が降っていても、いつものように、展示場の中を独特のステップで走るブチハイエナの「ホシ」くん。
f0224624_14150225.jpg
雨が降っていても、天気がよくても、このお気に入りの場所は譲れない。アナホリフクロウの「ケーナ」さん。
雨が降っていても、動物たちはいつものように元気な姿を見せてくれます。


人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。

by snowleopard2001 | 2016-09-20 14:47 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

クビワペッカリーの展示が始まりました。

f0224624_09533012.jpg
サル舎改修工事などが終了して9月17日に小動物園がリニューアルオープンしました。そして、新しくできた展示スペースでは、伊豆シャボテン公園より借り受けたクビワペッカリーの展示が始まりました。
f0224624_09540292.jpg
柵際に近づいてきて、とても人懐こそうな子でした。1頭だけなので淋しいのかなぁ?
f0224624_09543772.jpg
この日は生憎の雨降り。雨除けのシートの下で雨宿り中のクビワペッカリー。
f0224624_09550949.jpg
閉園時刻が近づいてきた頃にやっと雨が降り止んで、お食事を始めたクビワペッカリー。
f0224624_09554169.jpg
おいしい顔!

<2016.10.1追記>この日は1頭しか展示場に出ていなかったため、1頭しかいないものと思っていましたが、2頭(オス1頭、メス1頭)飼育しているようです。園のHPで確認しました。
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-09-19 10:25 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

サルたちが見やすくなりました。

f0224624_03391718.jpg
3月頃から実施されていたサル舎などのリニューアル工事がほぼ終了し、サル舎にガラス窓が設置されて、サルたちが見やすくなりました。(撮影もしやすくなりました。)
f0224624_03400155.jpg
先端に房毛が生えているライオンのような尾をもつシシオザル
f0224624_03405024.jpg
3月28日に生まれたシシオザルの子ども。(9月18日に、この子とブラウンケナガクモザルの子どもの命名式が行われる予定のようです。)
f0224624_03413439.jpg
おとなしそうな感じのフサオマキザル
f0224624_03421308.jpg
ニホンザルの子ども。
f0224624_03425581.jpg
ブラウンケナガクモザル。(このサルは、従来はケナガクモザルの亜種とされていたため、これまでは「ケナガクモザル」と表記されていたようですが、額に三角形の白毛があり体毛が茶色であるなど見た目が少し違うため、亜種から種に格上げされて「ブラウンケナガクモザル」という和名になったそうです。)
f0224624_03432978.jpg
1月26日に生まれたブラウンケナガクモザルの子ども。
f0224624_03440526.jpg
9月17日にリニューアルオープンイベントが実施されます。また、新しい展示場が造成されていて、そこにはクビワペッカリーが展示されることになるようです。


人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-09-07 04:51 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

はしゃぐ「クマキチ」

f0224624_11165746.jpg
「わーい!ご飯の時間だ!」・・ということなのでしょうか?お昼過ぎの交代の時間が迫ってきて飼育員さんが展示場の側にやってくると、興奮して、展示場の中を、壁やガラス窓に沿ってぐるりぐるりと走り回り始めるツキノワグマの「クマキチ」くん。
f0224624_11171492.jpg
やはり人間よりも走るのが速そうですね。そして、とても力強そうな走りです。
f0224624_11173508.jpg
うれしそうに走る「クマキチ」。待ちきれず涎を垂らしながら走る「クマキチ」。
f0224624_11175691.jpg
そして、寝室への扉が開くと、「クマキチ」はためらうこともなく寝室に突進していきました。


人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-08-22 12:10 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)