カテゴリ:古隅田川自然再生区域( 14 )

朝の散歩に出かけると

f0224624_23191323.jpg
夜明けが早い季節。早起きをしてお散歩に出かけると、カルガモの親子はもう川岸や人通りのない歩道に上がって朝食中です。

f0224624_23215039.jpg
川岸や路傍の草をついばむカルガモの雛。

f0224624_2321446.jpg
雛たちが草をついばんでている間は、親鳥は見張りに専念してお食事は摂りません。

f0224624_2318690.jpg
朝食のため陸に上がった雛たちを外敵から守り続けるカルガモの親鳥です。


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2015-06-20 05:15 | 古隅田川自然再生区域 | Comments(0)

その後のカルガモの親子

f0224624_22255527.jpg
前回の写真(→こちら)から20日後のカルガモの親子。

f0224624_22275372.jpg
親子は3組程度いて、組毎に雛の身体の大きさが異なっていますが、それぞれ大きく成長しています。

f0224624_22282262.jpg
しかし、今年の雛たちは、拡散して泳ぎ回ったり散り散りになって陸上を歩き回っているような様子で、親鳥も大変そうです。

f0224624_22285683.jpg
そのせいか、やはり20日前に較べて雛の数が減少しているようで、病気、ケガ、他の動物の餌食などの

f0224624_22263350.jpg
どのような理由にもとづくものかわかりませんが、3~4羽しか雛を伴っていない親もいるようです。

f0224624_22292297.jpg
それでも、親子が3組程度いるせいか、雛の数は例年よりも多いようですが・・・。

f0224624_2227220.jpg
親鳥の上空制圧(?)の下、一斉に泳ぎ出す雛鳥たち。


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2015-06-20 00:01 | 古隅田川自然再生区域 | Comments(0)

今年もカルガモの親子

f0224624_7355470.jpg
今年もこの小川にカルガモの雛が誕生しました。

f0224624_7361714.jpg
親子は3組程度いるようです。孵化の時期が異なるためか、それぞれの親子の雛の身体の大きさが少し異なっています。

f0224624_7364091.jpg
岸部に上がって餌をついばむ雛鳥。

f0224624_737810.jpg
雛鳥の数が多いので犠牲になってしまう雛鳥も出てくるかもしれません。まだ、お母さんから離れないで!


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2015-05-30 07:52 | 古隅田川自然再生区域 | Comments(0)

カルガモの雛が誕生

f0224624_5493564.jpg
近頃、カルガモの雛の誕生のニュースをよく見かけますが、ここ、古隅田川自然再生区域でも11羽のカルガモの雛が誕生していました。

f0224624_5495882.jpg
1羽の雛を伴なった親鳥(通常は7~12個程度産卵するはずなので、事故などにより他の雛を失ってしまったのかも知れません。)と、

f0224624_5501973.jpg
10羽の雛たちに囲まれた親鳥の2つのグループ。2つのグループの雛たちは仲がよさそうですが、親鳥は他のグループが近づいてくると追い払おうとします。

f0224624_5505376.jpg
攻撃されて逃げ出す1羽の雛を伴なった親鳥。雛もその後を追いかけて水面を走ります。

f0224624_5511186.jpg
雛も速い速い。しかし、孵化後2か月程度たたないと飛ぶことができません。11羽のカルガモの雛が無事に育ってくれるといいのですが・・・。


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2014-06-02 06:31 | 古隅田川自然再生区域 | Comments(0)

川面に散る花

f0224624_21471266.jpg
花の盛りも過ぎゆきて、川面に散り始めた桜の花びらの上を、カルガモがスッと通り過ぎて行きます。

f0224624_21483049.jpg
ここ、古隅田川自然再生区域に生息するカルガモたち。いっとき生息数が減少して心配しましたが、去年あたりから、また増え始めたような感じがします。

f0224624_21492246.jpg
餌は十分にあるのでしょうか?そして水質は…?

f0224624_21511622.jpg
去年あたりから、マガモのつがい1組が、この川に住み着きました。

f0224624_2241730.jpg
水面で羽ばたくマガモのメス。ナワバリがあるのか、カルガモたちとは別行動で、いつも同じ場所にいるようです。

f0224624_21525957.jpg
夕刻が迫り、一斉に寝場所に帰っていく(?)カルガモたち。今年もヒナ鳥が誕生するでしょうか…?
by snowleopard2001 | 2010-04-14 22:40 | 古隅田川自然再生区域 | Comments(0)

今年も誕生(6)

f0224624_217168.jpg
夕方になって、寝場所に帰るためか、『9羽親子』が川を下り始めました。しかし、途中には、やはりこの小川を寝場所とするカルガモの成鳥が、餌場から戻ってきて何羽も川面に浮かんでいます。

f0224624_2182955.jpg
『9羽親子』の親鳥は、そのような成鳥と遭遇するたびに、ヒナ鳥たちに近づけないようにするため駆逐しますが・・・、

f0224624_218486.jpg
その行動を真似てか、ヒナ鳥たちも成鳥を追い掛け回していました。(見かけによらず、気が荒いようです。)

f0224624_2181580.jpg
他の成鳥たちは、親鳥はともかく、おチビちゃんたちより体力的に勝るはずなのに、どういう訳か 『9羽親子』が連戦連勝。ゆうゆうと小川を下っていきました。


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2007-07-09 21:02 | 古隅田川自然再生区域 | Comments(0)

今年も誕生(5)

f0224624_21293532.jpg
昨日の朝、小公園でカルガモの『7羽親子』の方を発見しました。ヒナ鳥の数は5羽。やはり1羽少なくなっています。

f0224624_21293830.jpg
今年のカルガモの親子は、頻繁に河岸に上がってきて、ヒナ鳥たちもすぐ散開してしまうので心配して見ていたのですが・・・。(付近にはノラ猫などもいるので、外敵にやられたのでしょうか?)



人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2007-07-05 21:28 | 古隅田川自然再生区域 | Comments(0)

今年も誕生(4)

f0224624_21454491.jpg
河岸の小公園を行儀よく並んで歩くカルガモの『9羽親子』。この後、ヒナ鳥たちは散開して採食行動を行います。

f0224624_2146923.jpg
この日は、採食のため水上と公園を何度も行ったり来たりしていました。餌となるものが少ないのか・・・と、ちょっと心配。

f0224624_2146315.jpg
時折、水面で羽ばたくようになってきました。子供たちもずいぶん身体が大きくなってきたようですが、翼を見ると、まだ赤ちゃんですネ。

f0224624_2146469.jpg
こちらは『7羽親子』。いくら数えてもヒナ鳥が5羽しかいません。1羽が離れた所で遊んでいるのかと探しましたが見当たらず、気になって、再度この場所に戻ってきたら、もう親子の姿は見えませんでした。



人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2007-07-01 21:44 | 古隅田川自然再生区域 | Comments(0)

今年も誕生(3)

f0224624_20263252.jpg
まだ朝早い時間だったためか、カルガモの『9羽親子』の方は、岸辺で団子状に固まっていました。起きたばかりなのかも知れません。親鳥は少し離れた所で、首を伸ばして周囲を見回しています。

f0224624_20264959.jpg
『6羽親子』の方を求めて下流に行くと、『6羽親子』の方は、やはり親鳥の監視の下で、既に散開して活動中でした。

f0224624_2027564.jpg
水上を泳ぎ回っているヒナもいれば、杭の上や岩場に上がっているヒナ。

f0224624_20272682.jpg
浅瀬に立って羽根づくろいをしたり、岸に上がって餌を食べているヒナもいるようです。

f0224624_20274443.jpg
『9羽親子』の方に戻ると、親鳥は既に水上におり、ヒナたちが次々に岸辺から川面へピョンピョンと飛び込んで、一斉に泳いでいくところでした。(私が来たので逃げ出したのかも・・・。)


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2007-06-23 20:27 | 古隅田川自然再生区域 | Comments(0)

今年も誕生(2)

f0224624_4523733.jpg
先日、岩の上で見かけたカルガモの親子のヒナの数は、写真のとおり8羽でした。(とりあえず、こちらの親子を『9羽親子』、もう一方の親子を『7羽親子』と呼ぶことにします。)

f0224624_4525452.jpg
『9羽親子』の方は、ヒナが親鳥から遠く離れた所へと泳いでいってしまうようです。まだまだ小さいので、外敵に遭遇しないかと、ちょっと心配。

f0224624_4531216.jpg
もう一方の『7羽親子』の方は、先日『9羽親子』がいた岩の上で休んでいました。ここは周りから丸見えになりますが、外敵が近づき難く見晴らしがよいため、安全な場所なのかも知れません。

f0224624_4532856.jpg
『7羽親子』も、次々に水に飛び込んで、仲良く朝の散歩(食事?)に出かけたようです。


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2007-06-18 04:52 | 古隅田川自然再生区域 | Comments(0)