カテゴリ:千葉市動物公園( 52 )

色とりどりのコンゴウインコたち

f0224624_11441881.jpg
子ども動物園の中で飼育されている5種類のコンゴウインコたち。最初は、大型のコンゴウインコの仲間では最もポピュラーな存在であるらしいベニコンゴウインコ
f0224624_11445471.jpg
次は、体色が緑色で、上の嘴の根元に鮮やかな赤色の羽毛があるヒワコンゴウインコ
f0224624_11452487.jpg
翼を広げると、それまで緑色だったのが一変して青味が強い感じの鳥になって、これもまたきれいですね。
f0224624_11471414.jpg
室内展示場にはアカコンゴウインコがいました。単にコンゴウインコとも呼ばれます。体色がベニコンゴウインコに似ていますが、アカコンゴウインコの顔の白い部分には赤い筋の模様がありません。
f0224624_11474862.jpg
全身コバルトブルーで、オウムやインコの仲間では一、二を争う大きさのスミレコンゴウインコ。嘴がとても大きくて力が強そうな感じのインコです。
f0224624_11481496.jpg
翼が青色で、腹部が黄色をしているルリコンゴウインコ。飼育しやすいからなのか、ベニコンゴウインコとの対比がきれいだからなのか、このコンゴウインコも動物園ではポピュラーな存在のようですね。
f0224624_11484334.jpg
地味な体色をしているものが多い哺乳類を中心に写真を撮っていると、鮮やかな体色をした色とりどりのコンゴウインコたちを撮ってみたくなってしまいます。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-04-30 13:08 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

転がる「アレン」

f0224624_23362854.jpg
ガラス展示場の中にいるライオンの「アレン」くんは、人の手で育てられたためか物怖じをしない性格なのだそうで、ガラス窓のすぐ側にある芝生の上で腹ばいになって休息をとったり、ゴロンゴロンと転がったりします。
f0224624_23365748.jpg
転がっていてもイケメン・ライオンの「アレン」。
f0224624_23372771.jpg
ガラス窓越しに目が合った。かわいい顔です。
f0224624_23375046.jpg
目を反らした。ちょっと変な顔です。
f0224624_23382601.jpg
ガオー!(日本語訳:何だとー!)
f0224624_00291034.jpg
ガラス窓のすぐ側にやってきて、ゴロンゴロンと転がって、いろいろな表情を見せてくれる「アレン」なのでした。
f0224624_00305039.jpg
そして、こちらは、屋外展示場にいる「トウヤ」くんです。本日(4月28日)は、「京葉学院ライオン校」(ライオンの展示場)と「ふれあい動物の里」がオープンして1周年となることを記念して、入園を無料とすると共に、ライオンに関連したイベントを開催することになっているようです。くわしいことは千葉市動物公園のホームページ(→こちら)をご覧ください。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-04-28 05:23 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

アメリカバイソンの赤ちゃんが生まれました。

f0224624_20290248.jpg
4月14日にアメリカバイソンの赤ちゃんが生まれました。女の子です。生まれたときの体毛の色とふんわりとした感じが、カフェラテを思わせることから、ラテ」ちゃんと名付けられました。
f0224624_20294604.jpg
赤ちゃんのお父さんは、大きな体をした「ターバン」くん(2001年7月4日生まれ)で、
f0224624_20302483.jpg
お母さんは「ヒート」さん(2001年4月25日生まれ、写真左側)です。仲のよさそうなカップルで、「ヒート」は「ターバン」(右側)の背中にスリスリ。ベタ惚れなのかなぁ?
f0224624_20311466.jpg
赤ちゃんは、お母さんといつも一緒。
f0224624_20322566.jpg
お母さんのキッス。顔はいかつい感じ(?)ですが、優しそうなお母さんです。
f0224624_20333213.jpg
閉園時刻が近づいてきた頃、赤ちゃんが放飼場の中を走り回り始めました。
f0224624_20341110.jpg
とても元気そうな赤ちゃんです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-04-27 07:06 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

おやつの時間のレッサーパンダ

f0224624_18144617.jpg
13:30からのレッサーパンダのおやつの時間。最初の写真は、ご存知「風太」くん(2003年7月5日生まれ)です。
f0224624_18152442.jpg
飼育員さんの手からリンゴを貰って、おいしそうに(実は後ろを向いてですが)食べていました。
f0224624_18161298.jpg
この後の写真は、みんな「風太」の孫娘(「風太」の子どもの「クウタ」くんと多摩動物公園生まれの「メイメイ」さんの間に生まれた子ども)たちです。「みいちゃん(2013年6月23日生まれ)。
f0224624_18170639.jpg
リンゴを食べた後、おいしかったのか舌なめずり。
f0224624_18195223.jpg
「ゆい」ちゃんと「ゆう」ちゃんの双子の姉妹(2015年6月28日生まれ)。どっちがどっちなのかは、区別がつきません。
f0224624_18204684.jpg
おやつが終わった後もっと欲しいのか、チョコチョコとかわいらしく、2頭一緒に飼育員さんを追いかけていきます。
f0224624_18180424.jpg
最後の写真は「メイタ」ちゃん(2014年6月28日生まれ)。去年までは男の子だと思われていたようです。「メイタ」がいる所は室内展示場なので、飼育員さんの手からではなく、枝に刺したリンゴを食べていました。
f0224624_18185708.jpg
おいしい顔!




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-04-26 19:22 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

草原ゾーンの夕暮れ

f0224624_17514747.jpg
草原ゾーンの芝生の上で遊ぶシタツンガたち。
f0224624_17351417.jpg
仲間たちと一緒に水場に入った若いシタツンガ。
f0224624_18010423.jpg
2羽のハゴロモヅルは芝生の上にいます。
f0224624_18015602.jpg
オスのダチョウは、2羽のメスを後ろに従えて壁際をパトロール中です。
f0224624_17322541.jpg
そろそろ夕暮れが近づいてきて、寝室に続く入口の扉に向かうシタツンガ。
f0224624_17330683.jpg
鳥たちが寝室に帰った後、メスのシタツンガたちが入口の扉が開くのを待っています。
f0224624_17334373.jpg
日中姿が見えなかったオスのシタツンガも入口の扉で待機中。
f0224624_17342267.jpg
今日もお疲れ様です。やがて、扉が開いて、シタツンガたちは次々に寝室に帰って行きました。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-02-09 18:24 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

ライオンのファンサービス

f0224624_21003995.jpg
ガラス展示場に出ているライオンの「アレン」くん。彼の定位置は、飼育員さんの出入り口がある階段の上ですが、
f0224624_20584022.jpg
湘南動物プロダクションで生まれ、その後、群馬サファリパークに移動。人の手で育てられ、しばらくの間、赤ちゃんライオンとして「ふれあい担当」を務めていたので、甘えん坊で物怖じしない性格なのだそうです。
f0224624_20580193.jpg
そのせいか、ときどき展示場の中央に出てきてお座りしたり、
f0224624_20595847.jpg
お客さんがいるガラス窓の側に出てきて、行ったり来たりを繰り返します。
f0224624_20592343.jpg
ファンサービスを忘れない人懐っこい(でも、睨むと眼が怖い?)感じがする「アレン」です。




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-02-08 21:41 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

夕陽とライオン

f0224624_12065238.jpg
ライオンの「トウヤ」くん。以前暮らしていた多摩動物公園とは異なり、この屋外展示場には怖い年上のオスライオンはいません。「トウヤ」のみしかいないし、モート(空堀)を隔てて人間とはかなりの距離があるので、草の上に横になってのんびりとして暮らしているようです。
f0224624_12072766.jpg
太陽が西に傾いてきた頃、起き出してきた「トウヤ」。夕陽を浴びて身体が茜色に染まってきています。あくびか?咆哮か?
f0224624_12080912.jpg
スクッっと立ち上がって、
f0224624_12084794.jpg
伸び~。
f0224624_12092577.jpg
その後は、寝室へ続く扉の様子を見に行くことが多いようですが、この日は展示場の真ん中に座って、沈みゆく夕陽をじっと見つめていたようでした。
f0224624_12102228.jpg
のんびりとしているけれども、ちょっと寂しそうな感じがしないでもありません。ここのライオン展示場は、ネーミングライツスポンサー企業の株式会社京葉学院にちなんで「京葉学院ライオン校」という名前になっています。「ライオン校」の生徒(?)は、現在は、「トウヤ」とガラス展示場に出ている「アレン」くんのみです。来期にはメスライオンの新入生が入校してこないでしょうか?



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-02-08 17:10 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

恋はのんびりと

f0224624_10591251.jpg
マレーバクの「ユメタ」くん(手前)と「咲子(サコ)」ちゃん(後方)が同じ展示場の中に出ていました。この2頭のペアリングを見るのは初めてです。
f0224624_10594813.jpg
ゆっくりとゆっくりと「ユメタ」の後を追いかけるようにして歩いていく「サコ」。しかし、「ユメタ」はとてもシャイな感じです。
f0224624_11001424.jpg
「ユメタ」が地面にゴロンと横になってしまいました。カラスが起こしにきても(?)起きません。
f0224624_11003524.jpg
「サコ」が起こしにきました。「ユメタ」は眼を覚ましましたが、地面に横になったままで立ち上がりません。
f0224624_11005848.jpg
ひとり、池の水の中に入っていく「サコ」。
f0224624_11012510.jpg
その後、また見に行くと、今度は「サコ」が地面に横になって眠っていました。その側を歩き回る「ユメタ」。
f0224624_11014658.jpg
のんびりとしたマレーバクの恋。「サコ」は、ウリ坊模様だった赤ちゃんのときに多摩動物公園で見たマレーバクなので、思い入れがある子です。赤ちゃんが誕生するといいですね。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-12-08 11:27 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

「アレン」と「トウヤ」

f0224624_17482101.jpg
まだ顔立ちにあどけなさを残している3歳のライオン「アレン」くん。寝癖の髪のように頭のてっぺんにピンと立った鬣(たてがみ)がかわいいです。
f0224624_17484279.jpg
人の手で育てられたためか、物怖じしない性格の「アレン」。のんびりと、ガラス展示場の中央に腹這いになって眠った後に大あくび。
f0224624_17490318.jpg
ガラス展示場の中でリラックスして暮らす「アレン」ですが、突然何かに驚いて警戒態勢に入ることも・・。
f0224624_17492455.jpg
「アレン」が驚いたのは、隣にある屋外展示場にいる年上のライオンの「トウヤ」くんが、ドアの近くにきて、隙間からガラス展示場の中を覗き込んでいたからのようでした。
f0224624_17495300.jpg
しかし、「トウヤ」は、そろそろ寝室に帰る時間ではないかと思って、様子を見に来ただけのようです。寝室に帰る時間にはまだ間があるようで、「トウヤ」は、また屋外展示場の中央に戻って行きます。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-12-07 18:32 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

大きくなった「ヨウタ」

f0224624_19441759.jpg
千葉市動物公園には、メスの「サツキ」さん(1998年5月21日生れ)と、オスの「ヨウタ」くん(2012年9月23日生れ)の、2頭のアミメキリンが暮らしています。(上の写真は「サツキ」)
f0224624_19443685.jpg
2014年7月に茶臼山動物園から来園したときはまだ1歳の子どもだった「ヨウタ(写真手前)も、りりしい青年に成長しました。
f0224624_19445804.jpg
背丈も「サツキ」とほとんど同じくらいに大きくなっています。キリンのオスは4~5年程度で性成熟するそうです。(左が「サツキ」、右が「ヨウタ」)
f0224624_19455453.jpg
かつては、やんちゃな「ヨウタ」が「サツキ」を追いかけ廻し、そのたびに「サツキ」は走って逃げていたようでしたが、現在は落ち着いて相手をしているようです。
f0224624_19462565.jpg
「サツキ」は現在18歳ですが、沖縄こどもの国動物園にいたキリンの「タカコ」おばあちゃんは、2007年に、人間でいえば112歳に相当するという28歳で出産しているそうですから、将来、赤ちゃんの誕生が期待できるかもしれません。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-12-06 10:17 | 千葉市動物公園 | Comments(0)