カテゴリ:こども動物自然公園( 88 )

静かに暮らすニホンカモシカの親子

f0224624_06363090.jpg
「シカとカモシカの谷」の遊歩道の上を歩いていると、木々の間から、ニホンカモシカが谷間の斜面にうずくまって休んでいる姿が見えました。
f0224624_06373842.jpg
左側にいるのが、メスの「ナデシコ」さんで、右側にいるのがオスの「クロベ」くんであるようです。
f0224624_06384542.jpg
そして、「ナデシコ」の隣にいる黒っぽい色をした子は、このカップルの子どもで、6月21日に生まれたメスの「サツキ」ちゃんです。
f0224624_06393153.jpg
「シカとカモシカの谷」の広い放飼場の中で静かに暮らすニホンカモシカの親子です。





人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-11-13 07:23 | こども動物自然公園 | Comments(0)

ヒメマーラとナマケモノの赤ちゃん

f0224624_17150851.jpg
9月22日に生まれたヒメマーラの赤ちゃん。ヒメマーラは親も小さくてかわいいけれど、赤ちゃんは更に小さくてかわいいですね。
f0224624_17153139.jpg
9月19日に生まれたフタユビナマケモノの赤ちゃん。お父さんは「ユウキ」くんで、お母さんは「ノン」ちゃんです。
f0224624_17154959.jpg
この日は、展示室の中で逆さにぶら下がっているお母さんのお腹の上に乗って、しっかりとしがみついていました。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-11-09 17:39 | こども動物自然公園 | Comments(0)

「モモ」のお嫁入り

f0224624_18253880.jpg
智光山公園こども動物園にいるヒツジの「モモ」ちゃんが、10月の初めにお嫁入りしてきて、「なかよしコーナー」の一員になりました。ただし、お嫁入りといっても、繁殖目的のための来園であり、お腹に赤ちゃんを授かったら智光山に帰園することになっているようです。
f0224624_18262270.jpg
こちらは、「なかよしコーナー」にいるオスのコリデール種のヒツジ「シロ」くん。「モモ」の妊活のお相手です。とても人懐っこいヒツジでした。
f0224624_18265904.jpg
「なかよしコーナー」にはいろいろな動物たちが暮らしています。同じ柵の中にいる羊たちや、たくさんいるヤギたち、
f0224624_18292397.jpg
ミニブタやポニー、ロバたち、
f0224624_18273339.jpg
シチメンチョウなどの鳥たち(智光山にいたエミューの「ミュウ」ちゃんもこのコーナーの中にいます。)、
f0224624_18280837.jpg
そして、今年も那須動物王国から冬季限定で来園したアルパカの「モカ」さんも、きっと「モモ」のことを応援していると思います。
f0224624_18284418.jpg
智光山では、お父さんの「スー」くんとお母さんの「ポポ」さんが、「モモ」の帰りを待っています。「モモ」がお母さんになれるといいですね。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-11-09 06:55 | こども動物自然公園 | Comments(0)

草原の掃除屋・ミナミジサイチョウ

f0224624_07544693.jpg
「草原の掃除屋」という異名を持つ地上性の肉食のサイチョウであるミナミジサイチョウ
f0224624_07552035.jpg
餌の取り合いをしているように見えるミナミジサイチョウの成鳥と目の周りと喉袋がまだ白っぽい色をした若鳥。
f0224624_07560025.jpg
尖った大きな嘴、全身黒づくめの羽毛、そして目の周りと喉袋が毒々しい鮮紅色をしているため、喧嘩をしているように見えますが、
f0224624_07563425.jpg
生まれた子どもたちは一定期間、親鳥と一緒に暮らして、自分より後から生まれたヒナがいると、親鳥と同様にエサをヒナへ運ぶという習性があるということですから、案外、年上の鳥たちが若鳥の世話をしているところなのかもしれません。
f0224624_07573447.jpg
マスカラを塗ったような長いまつげが魅力的な「超肉食系」の美貌の鳥です。
f0224624_03583402.jpg
「花と鳥の丘」にあるミナミジサイチョウの展示場の反対側にあるサイチョウの展示場では、7月17日にヒナが巣立ったそうです。サイチョウの飼育下での繁殖の事例は多くありませんが、こども動物自然公園では、平成27年度に国内で11年ぶりに繁殖に成功して以来、3年間連続して繁殖に成功しているそうです。この日は、残念ながらサイチョウが展示場に出ている姿を見ることができませんでしたので、上の写真は、サイチョウの仲間・カンムリコサイチョウです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-08-07 07:38 | こども動物自然公園 | Comments(0)

のんびりと ゆっくりと

f0224624_20480162.jpg
見上げると、木の枝から逆さにぶら下がっているフタユビナマケモノ。ノン」ちゃんかな?
f0224624_20482861.jpg
大勢の人たちが見上げる中を、遊歩道の上を横切って、ロープにぶら下がって歩き始めました。
f0224624_20484997.jpg
向かい側にある木にたどり着いた後、ちょっとひと休みして毛づくろい。
f0224624_20493623.jpg
しばらくして、遊歩道の上に人がいなくなった頃に、また移動し始めました。
f0224624_20500820.jpg
ゆっくりと、のんびりと、最初にいた木に向かって、逆さにぶら下がって歩いていきます。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-08-06 08:00 | こども動物自然公園 | Comments(0)

東園を一巡り

f0224624_21262892.jpg
ニホンカモシカの親子を見た後、お昼頃に東園にたどり着くと、ミナミコアリクイがお食事中でした。
f0224624_21270135.jpg
木から降りてきて地面の上を歩き回った後、
f0224624_21273371.jpg
地面を掘り始めました。かなり深く掘っているようです。おいしいアリを見つけたのでしょうか?
f0224624_21281249.jpg
シマオイワワラビーはタワーの上に登っていました。箱の中にいる体が小さなワラビーが、今年の5月にお母さんの袋から顔を出した子どもであると思われます。
f0224624_21290917.jpg
エミューの放飼場の側を通ってカンガルーコーナーに入った後、カピバラ・ワラビー広場にたどり着くと、
f0224624_21303140.jpg
動物の逃亡防止のため二重になっている扉の間に、1頭のベネットアカクビワラビーが迷い込んでいました。どうやら、お腹が空いてきたらしく、笹の葉を食べるために扉の間に侵入してきたようです。
f0224624_21310960.jpg
両耳に青いイヤータグがついているので、ジニー」さんという名前のワラビーであるようです。その後、すぐにみんながいる場所に戻れたでしょうか?




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-08-05 22:13 | こども動物自然公園 | Comments(0)

「ナデシコ」の赤ちゃん

f0224624_11194139.jpg
6月21日に生まれたニホンカモシカのメスの赤ちゃん「サツキ」ちゃん。
f0224624_11211368.jpg
お母さんの「ナデシコ」さんと一緒に、「シカとカモシカの谷」の斜面の上方にある厩舎(寝室)の側の柵の中で公開されています。
f0224624_11200000.jpg
2007年に秩父郡長瀞町で保護されて、「自由広場」の近くにあった旧カピバラ舎の側の展示場で暮らしていた子どもの頃の「ナデシコ」の姿を思い出させるような、とてもかわいらしい赤ちゃんです。
f0224624_11201735.jpg
あれから随分と年月が経ちましたが、「ナデシコ」がお母さんになってくれたのがうれしいですね。
f0224624_11203552.jpg
ときどき走り回ったりする元気そうな「サツキ」。
f0224624_12192681.jpg
以前の「ナデシコ」は人懐っこくて柵の側に近づいてきてくれましたが、親子で展示場の奥の方にいることが多いようです。「サツキ」を守るために、やはり警戒しているんでしょうね。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-08-04 12:09 | こども動物自然公園 | Comments(0)

マヌルっ子の名前が決まりました。

f0224624_23005760.jpg
4月20日に生まれた5頭のマヌルネコの子どもたち。お母さんの「シャル」ちゃんが7月9日に亡くなっているため、子どもたちだけで展示場に出ていました。
f0224624_23011657.jpg
このほど、名前が決まりました。帰り際にマヌルネコ舎に立ち寄ると、天井の近くにある棚の上に5頭並んで休んでいたので、撮った写真から個体識別ができるでしょうか?
f0224624_23013633.jpg
左側の子は「グルーシャ」で間違いないと思います。右側の子はたぶん「オリーヴァ」じゃないかなぁ?
f0224624_23015856.jpg
残りの3頭の識別はちょっと難しそうです。この子は正面を向いていないので自信がありませんが、「イーリス」ではないかなぁという気がします。
f0224624_23021957.jpg
右側の子は「プリームラ」ではないかと思いますが、おでこの斑点の模様がメンバー紹介の写真(本日の記事の上から2枚目の写真)とは部分的に違っているような感じもします。
f0224624_23030984.jpg
これは、すぐ上の写真で横を向いていた子であるはずです。消去法では「ロータス」ということになりますが、メンバー紹介の写真が不鮮明なので、これも自信がありません。個体識別は、これからじっくりと観察して行っていくしかないようですね。
f0224624_23032925.jpg
そして、最後の写真は、隣の展示場に単独で出ていた、子どもたちたちのお父さん「レフ」くんです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-08-03 13:17 | こども動物自然公園 | Comments(2)

プーズーの赤ちゃん

f0224624_06511724.jpg
屋内展示場の中にいたプーズーの赤ちゃん。こども動物自然公園では、2月9日に「ラピス」ちゃん(オス)が生まれていますが、この子は5月14日に生まれたメスの赤ちゃんです。
f0224624_06513607.jpg
プーズーは、体長が70~83cmの南米原産の世界最小のシカです。上野動物園には、更に小型のジャワマメジカが飼育されていますが、ジャワマメジカは「マメジカ科」に属する動物なので、「シカ科」の動物の中ではプーズーが世界最小なのだそうです。
f0224624_06515759.jpg
黒い小さな眼と背中の鹿の子模様がかわいいプーズーの赤ちゃん。いつもお母さんの後ろについて歩きます。
f0224624_06522373.jpg
こちらがお母さんである「スミレ」さんです。お母さんといっても、まだ2歳(2014年10月14日生まれ)の若いシカです。
f0224624_06524587.jpg
屋外展示場には、角が生えたおとなのプーズーが、木の根元にできた日陰で休んでいました。たぶん、オスの「リオ」くんだと思います。


<2017.06.30追記>5月14日に生まれたメスの赤ちゃんの名前が決まりました。赤ちゃんの名前は「サクラ」ちゃんです。



人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-06-22 08:46 | こども動物自然公園 | Comments(2)

ヤブイヌの水浴

f0224624_13044306.jpg
青草が生い茂る展示場の中を一列に並んで歩くヤブイヌの「ユウタ」くんと「アズキ」さんのカップル。
f0224624_13052101.jpg
ヤブイヌは、水辺を好み、水中を泳いだり潜ることができる動物なのだそうです。展示場の中にある池の中に入って、顔を潜らせた後、
f0224624_13060250.jpg
プルンプルンと胴震いをして、体についている水滴を振り飛ばします。
f0224624_13063800.jpg
「あぁ~、気持ちがいい!」
f0224624_13071460.jpg
水の中に顔を潜らせて、再びプルンプルン。日差しが強くて汗ばんでくるような日でした。ヤブイヌさんは、暫しの間、池の中で水浴を行って涼んでいたようでした。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-06-21 13:45 | こども動物自然公園 | Comments(4)