カテゴリ:こども動物自然公園( 76 )

こども動物自然公園のマヌルネコたち

f0224624_11114371.jpg
こども動物自然公園にいるマヌルネコの「タビー」さん(2008年5月6日生まれ)。
f0224624_11123616.jpg
「レフ」くん(2014年5月15日生まれ)は、飼育員さんが清掃を始めるまでの午前中の短い時間だけ、展示場に出ていたようです。
f0224624_11130526.jpg
午前中やお昼頃は巣箱の中などで寝ていて、姿を見ることができなかった「セバスチャン」くん(2004年4月6日生まれ)は、帰りがけに立ち寄ると起きていました。
f0224624_11120912.jpg
結局、この日のほとんどの時間、ずっと展示場に出ていたのは「タビー」でした。こども動物自然公園には、この他に、「タビー」の娘である「シャル」ちゃん(2014年4月18日生まれ)がいますが、非公開となっています。(上の写真は「タビー」)




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-11-26 14:21 | こども動物自然公園 | Comments(0)

動き回るカナダヤマアラシ

f0224624_10291237.jpg
こども動物自然公園にいるカナダヤマアラシ。名前(愛称)は公表していないようですが、小さなつぶらな眼がかわいらしい子と、
f0224624_10293815.jpg
まん丸くてぱっちりと開いた眼(左眼は白濁?)をした子の2頭がいるようです。
f0224624_10300429.jpg
普段は木の上で寝ていることが多いようですが、この日は、お昼頃から日差しが射してきて暖かくなってきたからか、
f0224624_10302825.jpg
木の幹を登ったり降りたり、地面の上を歩き回ったり、活発に動き回り始めました。
f0224624_10305843.jpg
巣箱の中でひと休み。仲がよさそうな感じがする2頭のカナダヤマアラシでした。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-11-26 11:06 | こども動物自然公園 | Comments(0)

「ピノ」の夕ご飯

f0224624_22281860.jpg
閉園時刻が近づいてきた頃、それまで眠っていたコアラたちが起き出しました。去年の12月13日に生まれた小さなコアラの「ピノ」ちゃん(オス)も眼を覚ましたようです。
f0224624_22284458.jpg
ピンク色をしたお鼻がかわいらしい「ピノ」。「ピノ」という名前は、鼻先がピンク色をしているため、pink noseから採ったものだそうです。
f0224624_22290765.jpg
お腹が空いてきたようです。何度もユーカリの葉に手(前足)を伸ばす「ピノ」。届くかな?
f0224624_22293291.jpg
おいしそうにユーカラの葉を頬張る「ピノ」。まだ身体が小さいので、ユーカリの葉が随分大きく見えます。
f0224624_22295719.jpg
そして、こっちの小さな葉っぱも・・。食欲が旺盛そうな「ピノ」。
f0224624_22303600.jpg
もうすぐ1歳です。2か月ほど前に見たときよりも一回りほど身体が大きくなったような感じがします。前回見たときには、まだお母さんの身体にしっかりとしがみついていましたが、今回はお母さんから離れて別の木の枝で暮らしていました。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-11-25 06:23 | こども動物自然公園 | Comments(0)

「カピバラ温泉」が始まりました。

f0224624_19363053.jpg
今年も11月19日から「カピバラ温泉」が始まりました。これが始まったというニュースを聞く(見る)と、今年も冬になってきたなぁ・・という感慨がします。
f0224624_19372717.jpg
14:00になって飼育員さんが湯船にお湯を入れ始めると、カピバラたちが次々に湯船の中に入ってきます。
f0224624_19375410.jpg
暫くすると、お湯が満杯になりました。湯船の中にはカピバラたちがひしめき合っていて、まさに「芋の子を洗うような」混雑ぶりですが、
f0224624_19385420.jpg
お湯にどっぷりと浸かっているカピバラたちは、とても気持ちがよさそうな表情です。
f0224624_19393188.jpg
そして、湯船から出た後、打たせ湯を浴びるカピバラたち。温泉の「通」という感じですね。
f0224624_19400215.jpg
日本のカピバラたちは温泉に浸かることができて幸せですね。外国の動物園にいるカピバラたちは、寒い冬の季節に温泉を楽しんでいるのでしょうか?



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-11-24 06:18 | こども動物自然公園 | Comments(0)

マーラの赤ちゃん

f0224624_09564463.jpg
乳牛コーナーの裏手にあるマーラの放飼場の中に、10月14日に生まれたマーラの赤ちゃんが出ています。
f0224624_09582049.jpg
まだ身体が小さいので、マーラの群れがいる放飼場の隣にある別の放飼場の中に、お母さんと一緒に暮らしています。
f0224624_09572981.jpg
ウサギのような姿をしたかわいい赤ちゃん。赤ちゃんは3頭いて、3頭とも女の子だそうです。
f0224624_09590094.jpg
青草を口に咥えて、元気に放飼場の中を駆け回るマーラの赤ちゃん。
f0224624_09594198.jpg
遊んで疲れたのか、お母さんと一緒にひと休み。お母さんは、写真手前にいる子と(写真には写っていませんが)お母さんの陰になっているもう1頭の子に授乳中です。
f0224624_10002257.jpg
この子たちはマーラの赤ちゃんと同じくらいの大きさですが、マーラではなくヒメマーラです。眼の周りに白い縁取りがあるのが特徴です。マーラの赤ちゃんに似ていますが、お間違えなく!
f0224624_10010157.jpg
放飼場の中にいるマーラの他に、園内に放し飼いになっているマーラもいます。放し飼いになっているマーラは、普段は茂みの陰などに隠れていることが多いようですが、
f0224624_10013880.jpg
閉園の時刻が近づいてくると、歩道の上に出てきます。これから夕ご飯を食べにいくところなのか、巣穴の中に帰るのところなのか、歩道の上を歩いていきます。




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-11-22 11:38 | こども動物自然公園 | Comments(0)

仔ウシたち

f0224624_08325945.jpg
乳牛コーナーの屋外にある放飼場の柵の中に出ていた仔ウシたち。
f0224624_08331946.jpg
ホルスタイン種らしい白黒のまだら模様の「コハル」さん(2016年3月9日生まれ。一番上の写真も)。
f0224624_08333990.jpg
身体の色が真っ黒なホルスタイン種の「ミコ」さん(2016年3月5日生まれ)。「コハル」となかよし。
f0224624_08335835.jpg
ホルスタイン種の「トット」さん(2015年2月24日生まれ)。身体はかなり大きくなっています。仔ウシというよりも、若ウシと呼んだ方がよいかもしれません。
f0224624_08342476.jpg
ジャージー種の「モエ」さん(2015年2月22日生まれ)。「トット」といつも一緒。
f0224624_08344307.jpg
そして、厩舎の中には、訪問した日の前日(2016年11月19日)に生まれた「メッコロ」ちゃんがいました。女の子です。
f0224624_08350840.jpg
飼育員さんから身体に付着したおが屑を取ってもらっている「メッコロ」。厩舎の中に一緒にいるお母さんは、前記の4頭の仔ウシたちと一緒に放飼場に出ていたホルスタイン種の「サクラ」さん(2014年3月15日生まれ)です。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-11-21 09:33 | こども動物自然公園 | Comments(0)

こども動物自然公園のコアラたち

f0224624_08555831.jpg
こども動物自然公園のコアラの展示場には、個体別の仕切りがありません。だからコアラたちは展示場の中をよく動き回り、そのため個体の見分けに困りますが、この子は耳が小さいので「ハニー」さんかな?
f0224624_08564016.jpg
枝の上を活発に動き回る「ドリー」さん(もしくは「クイン」さん)。
f0224624_08571596.jpg
ふたたび「ハニー」。
f0224624_08580116.jpg
「ジンベラン」さんは、木の枝の上に腰掛けて、まるで人間のような姿で眠っていました。
f0224624_08584667.jpg
ユーカリの葉っぱの陰で眠っていた「エミ」さんが起き出して、赤ちゃんの「ピノ」ちゃんが顔を見せました。
f0224624_08592346.jpg
およそ2か月前に撮影した写真です。現在は、「ピノ」はもう少し身体が大きくなっているかもしれません。
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-11-06 07:24 | こども動物自然公園 | Comments(0)

帰宅を急ぐオオカンガルー

f0224624_12360770.jpg
緑がいっぱいの広々とした放飼場の中で暮らしているオオカンガルーたち。
f0224624_12364612.jpg
子どものカンガルーも数頭混じっているようです。
f0224624_12372202.jpg
閉園時刻が近づいてきた頃、突然、一斉に飛び跳ねて移動し始めました。
f0224624_12383525.jpg
そして、一か所に集合して寝室の方角を見つめているオオカンガルーたち。たぶん、飼育員さんが訪れるのを待っているのでしょう。
f0224624_12391228.jpg
しかし、待ちきれなくなっってしまったのか、一頭二頭と飛び跳ねて寝室の方に帰り始めました。
f0224624_12394708.jpg
この放飼場は、中にある遊歩道を人間が通り抜けることができる「ウォーク・スルー形式」になっています。遊歩道を横切って帰って行くオオカンガルー。
f0224624_12402354.jpg
たぶん、寝室にはおいしい夕ご飯が待っているのでしょう。帰宅を急ぐオオカンガルーたちです。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-11-04 13:17 | こども動物自然公園 | Comments(0)

シカとカモシカの谷

f0224624_11080877.jpg
「シカとカモシカの谷」は、丘陵地帯にある高低差約20メートルの谷間の地形をそのまま利用して、ニホンジカとニホンカモシカが暮らす谷を再現した展示施設です。野生の状態に近いニホンジカとニホンカモシカと姿を遊歩道「コバトンロード」の上から見ることができます。遊歩道の近くの谷間ではニホンジカのオス2頭が休んでいました。
f0224624_11084764.jpg
そして、この日は、メスのニホンジカたちは谷の上にある囲いの中にいて、少し離れた場所に子鹿が1頭うずくまっていました。
f0224624_11092211.jpg
しばらく見ていると、子鹿は、女鹿たちが集まっている囲いの奥の方に走って行きました。
f0224624_11100025.jpg
そろそろお昼時。子鹿もお腹が空いてきたのかもしれません。お母さん鹿は警戒中のようです。
f0224624_13171908.jpg
厩舎を挟んで反対側にある囲いの中には、ニホンカモシカが1頭。一昨年の6月まで多摩動物公園にいた「チハル」さんのようです。久しぶりに見る「チハル」は、年齢(2006年4月8日生まれ)のためか体色が白っぽくなってきたような感じがしました。


人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-09-14 14:01 | こども動物自然公園 | Comments(0)

今年も繁殖 ミナミジサイチョウ

f0224624_04325582.jpg
喉袋と目の周りが鮮やかに赤く、他はほぼ全身真っ黒なミナミジサイチョウ。漢字で書くと「南地犀鳥」。「地」という字が入っているのは、地面を歩くことが多い、どちらかというと地上性の鳥だからだそうです。
f0224624_04331990.jpg
国内でミナミジサイチョウの繁殖に成功しているのは、こども動物自然公園だけで、今回で7回目の繁殖だそうです。サイチョウ舎に5羽、シラコバトの繁殖ケージに1羽いるのが見えました。
f0224624_04334042.jpg
喉袋と目の周りがまだ白っぽく、産毛が残っているようなのが1羽。たぶん、今年の4月13日に生まれたという若鳥なのでしょう。
f0224624_04340067.jpg
そして、喉袋と目の周りが黄色っぽくなってきている少し年長そうな若鳥が1羽。ヒナの喉袋などの色は白く、それが徐々に色濃くなっていき、2歳くらいで親鳥のように赤い色になるのだそうです。
f0224624_04342117.jpg
争う(遊びなのか?、喧嘩なのか?)2羽の若鳥。
f0224624_04344732.jpg
意外にも、喉袋が黄色っぽい色をした年長の若鳥の方が地面にねじ伏せられてしまいました。
f0224624_04351213.jpg
親鳥が割って入って・・しかし、叱られた(?)のは、負けたはずの年長の若鳥の方だったようです。
f0224624_04353834.jpg
こども動物自然公園には、ミナミジサイチョウの他に、オオサイチョウ、サイチョウ、ギンガオサイチョウ、カンムリコサイチョウ、ナキサイチョウというサイチョウがいるようです。これはギンガオサイチョウ
f0224624_04360501.jpg
そして、オオサイチョウ。この日は見ることができませんでしたが、サイチョウも昨年に続いて2回目、今年の4月20日にヒナが誕生しているそうです。
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-09-12 07:26 | こども動物自然公園 | Comments(0)