カテゴリ:東山動植物園( 101 )

「ミュウ」の引っ越しが決定!

f0224624_09460877.jpg
高病原性鳥インフルエンザの発生によって、東山動植物園から遊亀公園附属動物園への転出が延期になっていたユキヒョウの「ミュウ」ちゃん。このほど、3月6日(月)に転出することが決定になったようです。(東山動植物園の発表は→こちら。遊亀公園附属動物園の記事は→こちら
f0224624_10073185.jpg
遊亀公園附属動物園がある甲府市は、以前夏季に同園を訪れたときに日差しがたいへん強かったと感じた記憶があり、夏の暑さがとても厳しいところのようです。暑さが苦手なユキヒョウのために、寝室内に冷房設備を設置するなどの配慮をしてくださっているとのことですが、日中に過ごす展示場(檻)の中が暑くならないか心配な面もあります。同園の皆さま、よろしくお願いいたします。
f0224624_12254370.jpg
東山動植物園では、転出日の前日である3月5日(日)まで「ミュウ」を観覧することができるようですが、1月に会いに行っているので、今度会うのは、遊亀公園附属動物園に移動した後に検疫などの期間が終わって、同園での公開が始まってからでしょうか?
f0224624_12420641.jpg
「ミュウ」ちゃん、遊亀公園附属動物園でも元気そうな笑顔を見せてくださいね!




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-02-22 11:59 | 東山動植物園 | Comments(0)

肉食小獣舎

f0224624_21064712.jpg
雪が降った1月14日。肉食小獣舎にいる動物たちは、ロフト部分や1階の奥の方で寒さをしのいでいたようでしたが、元気そうだったのは、(ユキヒョウ以外には)ジャガーの「アスカ」くん。
f0224624_21072762.jpg
寝室と展示場とが出入自由になっていて、雪が降っているときには寝室の入口近くで雪を避けていましたが、小降りになったり降り止んだときには、出てきて展示場の中を歩き回っていたようでした。
f0224624_21084450.jpg
嬉しそうな元気そうな表情の「アスカ」です。
f0224624_21094057.jpg
マヌルネコの「ハニー」ちゃん。マヌルネコは、肉食小獣舎にいる動物たちの中では寒さに強い動物であるはずなのですが、ずっとロフト部分にいて、寝室への収容時刻になるまで1階部分で動き回る姿を見せてくれなかったようでした。
f0224624_21104417.jpg
そして、いつもは元気な姿を見せてくれる「ザビー」くんと「フラン」さんのラーテルのカップル。この日は、ずっとロフト部分で2頭くっついて丸くなって寝ていたようでした。ラーテルは、サバンナや乾燥した草原、砂漠などに生息する動物なので、寒さは苦手なのでしょうね。ロフト部分から降りてきたのは、やはり閉園時刻間際の寝室への収容のときだったようです。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-01-22 21:56 | 東山動植物園 | Comments(0)

雪の日の大型動物たち

f0224624_14482317.jpg
開園時刻直後に、向き合ってなかよく青草を食べるアジアゾウの「アヌラ」さん(左)と「さくら」ちゃん(右)の母娘。
f0224624_14485007.jpg
「さくらちゃん、私にも青草を分けて頂戴!」隣の放飼場から鼻を伸ばしてくる「ワルダー」さん。
f0224624_14493876.jpg
青草を食べるのを中断して放飼場の手前の方に出てきた「さくら」。地面の残っている白い雪が珍しいのか、鼻の先で雪に触っていました。
f0224624_14500278.jpg
また、雪が降ってきました。放飼場の中を歩き回る「ワルダー」さん。
f0224624_14503269.jpg
アフリカゾウの「ケニー」さんは、雪の晴れ間に寝室から出てきて放飼場の中を歩き回っていました。
f0224624_14510480.jpg
朝一番、放飼場の隅で休んでいたインドサイの「ブンタ」くん。「ブンタ」は寒くないのかな?
f0224624_14512960.jpg
カバの「福子」さんは、降る雪の中を、ゆっくりと屋外のプールの底に降りて行きます。
f0224624_14515578.jpg
プールの水が抜いてあるのでおかんむり?いいえ、この後、屋内のプールに入って水浴を満喫していたようです。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-01-21 15:43 | 東山動植物園 | Comments(0)

ユキヒョウ舎は改修中

f0224624_14261373.jpg
開園時刻直後に肉食小獣舎に到着すると、4つあるユキヒョウの展示場のうち2つが改修工事中となっていて、見ることができるのは「コハク」くんと「ミュウ」ちゃんだけでした。
f0224624_14263323.jpg
「ユキチ」くんや「リアン」ちゃんのいる展示場は、工事中の壁に囲まれていて見ることができません。(以上は、1月14日の時点における状況です。工事の進展によって状況は変わるかもしれません。なお、改修工事は3月上旬まで実施される予定のようです。)
f0224624_14265755.jpg
突然の雪、そして寒さに、肉食小獣舎にいる他の動物たちは、展示場の奥の方に隠れているようでしたが、ユキヒョウはやはり寒冷地に棲む動物。
f0224624_14271895.jpg
時折ロフト部分から降りてきて、元気そうに展示場の中を動き回る「コハク」です。
f0224624_14274401.jpg
改修後のユキヒョウ舎のイラストです。ユキヒョウ舎の一部について、ユキヒョウがジャンプしながら上下に移動する姿を下から観察できるようになるとのことで、旭山動物園や群馬サファリパークのユキヒョウ舎のような感じの展示場になるのだと思われます。
f0224624_14280302.jpg
肉食小獣舎の近くにある売店から工事中の壁の中を覗き見ると、「ユキチ」の姿が見えました。展示場には出ているようですね。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-01-20 15:12 | 東山動植物園 | Comments(0)

「ミュウ」に会いに

f0224624_20444889.jpg
東山動植物園にいるユキヒョウの「ミュウ」ちゃん。去年の12月の初め頃に山梨県甲府市にある遊亀公園附属動物園に移動するという発表がありましたが、鳥インフルエンザの影響により現時点では移動は延期になっています。
f0224624_20474598.jpg
しかし、いずれ、また移動の発表があるかもしれませんので、ここでの「ミュウ」の(たぶん最後の)姿を見ておくために、東山動植物園に出かけてきました。
f0224624_20482880.jpg
開園時刻の直後に肉食小獣舎に向かうと、「ミュウ」は1階部分に降りてきていました。前回見た時よりも毛並みの状態がよく、動き回って元気そうな様子です。
f0224624_20504534.jpg
やがて、雪が降ってきてロフト部分(2階)に上がっていく「ミュウ」。寒いため肉食小獣舎の前に居続けているわけにはいきませんでしたが、その後、「ミュウ」は2回くらい1階部分に降りてきたようです。
f0224624_20522456.jpg
そして、閉園時刻が近づいてきた頃、1階部分に降りてきて、しきりに鳴く「ミュウ」。元気でね!「ミュウ」。
f0224624_20525591.jpg
遊亀公園附属動物園への移動の時期は未定ですが、同園では、夏の暑さが苦手なユキヒョウのために寝室に冷房装置を取り付けているそうです。甲府市は夏の気温が非常に高くなることや、猛獣舎は直射日光がよく当たる場所にある(そのため、これまでは、よしずを掛けて日差しを遮っていたようです)ようなので、夏場には寝室と展示室との出入りを自由にするなどの配慮をしていただければ・・と思いますね。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-01-19 22:06 | 東山動植物園 | Comments(0)

雪の中の「サクラ」

f0224624_15544472.jpg
雪が降った日、厩舎の戸口にたたずむソマリノロバの「サクラ」さん。
f0224624_15384153.jpg
雪が降り続いている間は、雪が体に掛からない厩舎の軒下にいて、ずっと青草を食んでいましたが、
f0224624_15391916.jpg
雪が降り止んだときに展示場の側で待っていると、「サクラ」はゆっくりと鉄パイプの柵の手前のところに出てきました。
f0224624_15395805.jpg
そして、「サクラ」の笑顔。
f0224624_15404108.jpg
単なるフレーメン反応なのかもしれませんが、「サクラ」の笑顔は優しそうな感じで、とても癒されます。
f0224624_15414922.jpg
何度も柵の側に出てきて、笑顔を見せてはまた展示場の奥の方に戻っていく、とても人懐っこそうな「サクラ」。
f0224624_15435664.jpg
国内で一頭だけのソマリノロバです。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-01-19 17:39 | 東山動植物園 | Comments(0)

東山動植物園のシンリンオオカミたち

f0224624_11093296.jpg
東山動植物園で暮らしている9頭のシンリンオオカミたち。新オオカミ舎にいる6頭のオオカミたちは3つのグループに分かれていて、第1のグループのリーダー的存在は「ヒカル」くん(2011年3月11日生まれ)。
f0224624_11095860.jpg
このグループには3頭のオオカミがいて、「ヒカル」以外の2頭は、全身が真っ黒な色をした「マイケル」くん(2010年4月10日生まれ)と、
f0224624_11102723.jpg
毛色は黒ですが「マイケル」のように真っ黒ではなく、白い毛が少し混じっている「ゲンキ」くん(2011年3月11日生まれ)。
f0224624_11105438.jpg
第2のグループにいるのは、身体が大きくて父親の「ジャック」の姿によく似ているテイト」くん(2010年4月10日生まれ)と、
f0224624_11112530.jpg
「テイト」よりも少し小柄な「ノゾミ」さん(2011年3月11日生まれ)の2頭で、「テイト」(左)と「ノゾミ」(右)の姉妹は、とても仲がよいようです。
f0224624_11120805.jpg
第3のグループは「ソニア」さん(2008年4月15日生まれ)1頭のみ。「ソニア」は6頭のオオカミ(上記の5頭のオオカミと旧オオカミ舎にいる「ジャネット」)の母親です。
f0224624_11123792.jpg
旧オオカミ舎には3頭のオオカミたちが暮らしています。高齢になってきているためちょっと心配だった6頭のオオカミの父親である「ジャック」くん(2005年4月25日生まれ)は、
f0224624_11130263.jpg
娘の「ジャネット」さん(2010年4月10日生まれ)と一緒に、元気に放飼場の中を駆け回っていました。
f0224624_11133274.jpg
そして、旧オオカミ舎にいるもう1頭のオオカミは「アオイ」さん(2008年4月28日生まれ)。他の8頭のオオカミたちとは血縁関係がないオオカミです。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-01-18 08:18 | 東山動植物園 | Comments(4)

「ウォレス」の目覚めと帰宅

f0224624_10221010.jpg
雪降る日のコモンウォンバットの「ウォレス」くん。このような寒い日には、エアコンと床暖房がついているワンルームの寝室の中で休んでいるのではないかと思いましたが、展示場にある土管の中にいました。しかし、さすがに藁の中で丸くなって眠っていて、まったく動きません。
f0224624_10223366.jpg
閉園時間が近づいてきた頃、寝室にいる飼育員さんの気配(物音?)に気付いたのか、時間に正確な腹時計の目覚まし音を耳にしたからなのか、眼を覚ました「ウォレス」。
f0224624_10230568.jpg
ゆっくりと土管の中から出てきました。
f0224624_10234759.jpg
ガラス窓のすぐ側に近づいてきた「ウォレス」。
f0224624_10241756.jpg
脇腹を掻き掻きして、毛づくろい。
f0224624_10243823.jpg
そして、その後はもう一目散。振り返ることもなく、一直線に寝室の方に歩いていきます。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-01-17 10:49 | 東山動植物園 | Comments(0)

東山動植物園のライオン一家

f0224624_20363930.jpg
去年の夏に行ったときには一日中寝室の中にいて出番がなかったため、久しぶり見るライオンの「ソラ」くん。たてがみが長く伸びて凛々しそうなライオンに成長していました。
f0224624_21074158.jpg
しかし、まだ成長途上であるからなのでしょうか。以前のような「坊ちゃん」然としたやんちゃな子どものような表情を見せてくれるときもあって、それもまたうれしいですね。
f0224624_20371776.jpg
お昼頃には、「ソラ」と交代してお母さんの「ルナ」さんが展示場に出てきていました。
f0224624_20373870.jpg
また雪が降ってきました。「ルナ」は岩の窪みの中で一心にお肉(牛骨?)にかじりついていました。
f0224624_20375989.jpg
そして、午後から展示場に出てきたお父さんの「サン」くん。雪の晴れ間に展示場の中を歩き回り、こちらを見つめながらワーオチューブのガラス窓に近づいてきます。
f0224624_20382275.jpg
ライオンのお父さん。さすがの貫禄、迫力ですね。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-01-16 12:30 | 東山動植物園 | Comments(0)

雪の中のマレーグマ

f0224624_13362907.jpg
朝起きて(・・というわけではありませんが)寝室の出口から外を眺めると雪が降っていました。
f0224624_13370402.jpg
雪が降った昨日、運動場に出ていたマレーグマは「マー子」さんと「マーネ」ちゃんの母子。
f0224624_13381601.jpg
空から白いものがたくさん舞い降りてきた。
f0224624_13384828.jpg
「ワァー!雪だ。」
f0224624_13392285.jpg
触れると冷たくて、不思議な感触。
f0224624_13395985.jpg
「食べられるのかな?」
f0224624_13403260.jpg
雪の中で元気に遊んで転がって・・、
f0224624_13411056.jpg
クマ舎にいるいろいろなクマたちの中で、雪が降って最もはしゃいでいたのは、
f0224624_13414292.jpg
熱帯の森林に住んでいて雪には縁がないはずのマレーグマでした。「マーネ」はまだ子どもなので、雪が珍しかったのでしょうね・・!


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-01-15 14:34 | 東山動植物園 | Comments(0)