カテゴリ:熱川バナナワニ園( 4 )

うし年仕様

f0224624_6481415.jpg
水槽内をゆっくりゆっくり泳ぎまわるアマゾンマナティー。海牛(かいぎゅう)とも呼ばれますが、このマナティーは口元と腹の部分に白い模様があって、ホルスタイン種の乳牛のようにも見えます。

f0224624_6483310.jpg
丸くてちっこい目がとてもユーモラスで可愛い感じ。人懐こくのんびりとした動物だそうです。



人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2009-01-10 06:47 | 熱川バナナワニ園 | Comments(0)

ベビーフェイスたち

f0224624_6551110.jpg
バナナワニ園で飼育されているのは、ニシレッサーパンダという亜種。他の動物園で飼育されているシセンレッサーパンダと比較すると、

f0224624_6552026.jpg
小型であるのが特徴らしいですが、ここのは顔が白っぽい個体やまだ幼い顔つきの個体が多いように感じられます。

f0224624_6555175.jpg
飼育されているのが全部若い個体ということはないはずですが、小さな体でじゃれ合って遊んでいる姿を見ると、

f0224624_655547.jpg
ほとんどが赤ちゃんパンダに見えてしまいます。余り人懐っこくないのもいいですね。



人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2009-01-09 06:54 | 熱川バナナワニ園 | Comments(0)

何匹いるの?

f0224624_16131517.jpg
レッサーパンダは、中国やビルマ北東部に生息する「シセンレッサーパンダ」と、ネパール、ブータン、アッサムの山岳地帯に生息する「ニシレッサーパンダ」に分類されますが、バナナワニ園は日本で唯一、「ニシレッサーパンダ」を飼育している動物園です。

f0224624_16132912.jpg
「ニシレッサーパンダ」の特徴は、「シセンレッサーパンダ」よりも小型であることだそうですが、ここのレッサーパンダは(亜種の特徴なのか、血統によるものなのか、わかりませんが)顔の色が白っぽい個体が多いようです。

f0224624_16132414.jpg
びっくりしたのは、飼育頭数が非常に多かったこと。野外放飼場が3箇所。金網の飼育舎も10箇所程度あったようです。それぞれに2~3頭くらい飼育されていたようですので、(正確な飼育頭数は不明ですが)多分、日本一なのではないでしょうか?



人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。来年もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2007-12-15 16:13 | 熱川バナナワニ園 | Comments(0)

人魚は人参が好き

f0224624_6422156.jpg
バナナワニ園の本園・植物園にある水槽で一頭飼育されているアマゾンマナティー。非常に穏やかな、のんきな性質の動物だそうで、ガラス面に擦り寄ってきます。

f0224624_6424633.jpg
人魚伝説のモデルになった動物ですが、小さな目に丸々とした身体で水槽内をゆっくりゆっくり回遊する姿はユーモラス。見ているだけで癒されます。

f0224624_643736.jpg
ちょうど食事の時間でした。飼育員さんが来て、キャベツ、レタス、ニンジンなどを水面に浮かせると、真っ先にニンジンを食べ始め、ニンジンのみを食べ尽くしてしまいました。このマナティーはニンジンが大好物のようです。



人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2007-12-14 06:39 | 熱川バナナワニ園 | Comments(0)