カテゴリ:群馬サファリパーク( 147 )

リトルファームの1強3弱

f0224624_17353810.jpg
「青草は全部ボクのもの!」柵の上に前足を乗せて、当然のことのように(?)青草を要求するトカラヤギの「ショウ」くん。餌やりの青草を独占中です。
f0224624_17360641.jpg
青草が欲しくて、じっとこちらを見つめている娘の「ユウナ」ちゃん。お父さんに威嚇されるので、なかなか柵の側に近寄れません。
f0224624_17364794.jpg
「ユウナ」のお母さんの「サンゴ」さんは、最初から青草を諦めているのか、そっぽを向いて座っていて動きません。
f0224624_17372429.jpg
臆病そうな感じのおばあちゃんヤギの「サツキ」さんは棚の下に隠れています。
f0224624_17380464.jpg
素早く走り回る「ユウナ」。お父さんの攻撃をかいくぐって、少しだけですが青草を食べることができたようです。
f0224624_17384533.jpg
おいしいものの前では、娘も家族もみんな敵。ヤギたちにとって、青草ってよほどおいしいものなんでしょうね。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-04-01 18:19 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

「ゼットン」と「サクラ」

f0224624_17135654.jpg
「オオカミの森・オオカミ繁殖センター」にある放飼場でなかよく暮らすシンリンオオカミの「ゼットン」くん(左)と「サクラ」さん(右)。
f0224624_17173438.jpg
「ゼットン」は2007年5月1日生まれのオスのシンリンオオカミです。年齢のせいか、体の色がずいぶん白くなってきたようです。
f0224624_17175332.jpg
「サクラ」は2005年4月25日生まれのメスのシンリンオオカミです。年齢のせいか、穏やかそうな顔立ちになってきました。
f0224624_17181109.jpg
「ゼットン」は群馬サファリパークのシンリンオオカミの群れのリーダーですが、手前にある放飼場(新展示場)にいる子どもたちと離れて、ペアを組んでいた「キュー」さんの死亡後は奥手にある放飼場(旧展示場)で「サクラ」と一緒に暮らしています。
f0224624_17182861.jpg
「サクラ」は、円山動物園にいる「ジェイ」や、大森山動物園にいる「シン」、東山動植物園にいる「ジャック」、群馬サファリパークにいる「キララ」、そして昨年5月に死亡した「キュー」と一緒に富山市ファミリーパークで生まれたシンリンオオカミです。
f0224624_17184939.jpg
閉園時刻が近づいてきた頃、新展示場にいる子どもたちの遠吠えに呼応するかのように、遠吠えを始めた「サクラ」。
f0224624_17190982.jpg
そして、「ゼットン」も一緒に遠吠えを始めました。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-31 05:32 | 群馬サファリパーク | Comments(6)

ネコ科獣舎の仲間たち

f0224624_10284626.jpg
ウォーキングサファリゾーンの中にある「ネコ科獣舎」で暮らしているユキヒョウの「マイ」ちゃん以外のネコ科動物たち。最初は、クロヒョウの「リリ」ちゃん。
f0224624_10292951.jpg
神秘的なまなざし。2009年9月30日に浜松市動物園で生まれたクロヒョウで、「ネコ科獣舎」にいるネコ科動物の中で最も若い個体です。
f0224624_16512041.jpg
暑さが苦手で夏場には横になっていることが多いピューマの「ピピ」ちゃんも、今の季節は過ごしやすいのか、展示場の中を歩き回っていました。
f0224624_16520060.jpg
上目遣いの眼差しで歩き回る「ピピ」。この眼差しが素敵なのです。
f0224624_10302948.jpg
おばあちゃんであるはずなのですが、美猫のシベリアオオヤマネコ。シベリアオオヤマネコの「ルンルン」さん。
f0224624_10310305.jpg
この日、ずっと展示場の中を歩き回っていて、一番元気そうな様子だったのは「ルンルン」でした。
f0224624_10315041.jpg
ジャガーの「レオン」くんはお休みでした。ケガのためデビューは遅かったようですが、1997年11月7日生まれのおじいちゃんなのです。ゆっくりと休んで英気を養ってください。




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-30 11:12 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

「マイ」が降りてきた。

f0224624_15365334.jpg
今日はユキヒョウの「ミュウ」ちゃんの写真を掲載したので、続けて、「ミュウ」の双子の姉妹で群馬サファリパークにいる「マイ」ちゃんの写真を掲載します。
f0224624_15380193.jpg
「マイ」は、近年はほとんど展示場の2階部分で休んでいて、1階部分には降りてこないため金網が写り込んだ写真しか撮れませんでしたが、春分の日に訪れると、珍しく1階部分に降りてきました。
f0224624_15372626.jpg
しかし、この日の「マイ」は素っ気ないのです。なかなか正面顔を見せてくれず、地面にゴロンと転がって伸びをしたあと、
f0224624_15384134.jpg
また、足早に2階部分に駆け上がっていってしまったのでした。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-26 18:16 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

暑い日には滝の側で

f0224624_15101282.jpg
シカの中ではヘラジカについで2番目に体が大きなワピチ(アメリカエルク)は1頭だけでも迫力がありますが、群馬サファリパークでは群れを見ることができます。

f0224624_15135720.jpg
アメリカゾーンにある滝の側の水場に集まってきたエルクたち。

f0224624_15154999.jpg
滝のすぐ側ですごして涼しそうな様子です。

f0224624_15201523.jpg
エルクに一番よさそうな場所を占拠された(?)アメリカバイソンたちは、その隣にある水溜りの中に固まっていました。

f0224624_15232695.jpg
この日は雲ひとつない上天気。午前中から日差しが強く暑い日でした。

f0224624_15285014.jpg
アジアゾーンにいる2頭のスマトラゾウ。スマトラゾウは、インドネシアのスマトラ島のみに生息するアジアゾウの亜種で、国内では群馬サファリパークでのみ飼育・展示しています。左側に見える牙のある方がオスの「アスワタマ」くんで、右側にいるのがメスの「イダ」さんです。

f0224624_15502236.jpg
園のあちらこちらで、春に生まれた動物の子どもたちが育っています。ニホンジカの子どもは只今授乳中。

f0224624_15522170.jpg
アフリカスイギュウの子どもは自動車が近づいてくるとお母さんとおぼしきスイギュウの側に一時避難。この他にヒトコブラクダやアメリカバイソンなどの子どもが育っているようです。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2016-06-17 15:58 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

「ユウカ」と「キョウコ」の来園

f0224624_9225916.jpg
多摩動物公園にいたサーバルの「ユウカ」さん(2000年3月31日生まれ)と「キョウコ」さん(2002年5月6日生まれ)が、3月23日に群馬サファリパークに移動しました。群馬サファリでは、2頭は、ウォーキングサファリゾーンにあるワイルドキャッツワールドで暮らしています。

f0224624_9233266.jpg
1頭づつの日替わり展示で、この日、展示場に出ていたのは「ユウカ」の方。「キョウコ」には会えませんでした。

f0224624_924130.jpg
しかし、出かける前に気になっていたことは、ワイルドキャッツワールドには空きの展示場はなかったはずなので、サーバルの展示が始まったということは、他の動物の展示が終了したのではないことでした。シベリアオオヤマネコの「ルンルン」さんは展示場でのんびりと暮らしていましたが、

f0224624_9243662.jpg
サーバルが展示されていた場所は、かつてアジアゴールデンキャットの「モカ」くんがいた場所でした。天王寺動物園の「ケン」くんが亡くなった後、国内で唯一のアジアゴールデンキャットであった「モカ」。この日は平日でウォーキングサファリゾーンに飼育員さんの姿が見当たらず、事情を確認することができませんでしたが、アジアゴールデンキャットの展示は終了してしまったのかもしれません。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2016-06-16 10:08 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

オオカミの森・オオカミ繁殖センター

f0224624_11373460.jpg
ほぼ1年ぶりに訪問したオオカミの森・オオカミ繁殖センター。かつては、改修工事中のため、ウォーキングサファリゾーンからの入口近くにある新放飼場のみしか見ることができませんでしたが、工事が終了していて、奥の方にある旧放飼場を見ることができるようになっていました。

f0224624_1145078.jpg
シンリンオオカミの説明板です。最後のところにメンバーの名前が記載されていますが、「キュー」と「サクラ」そして「キララ」の3頭は2005年4月25日に富山市ファミリーパークで生まれた姉妹、「ゼットン」は前記3頭の姉妹以外のオオカミたちの父親、そして、残りの6頭は「ゼットン」と「キュー」の間に生まれた子どもたちです。

f0224624_11514156.jpg
新放飼場には子どもたちが出ていました。5頭確認できましたが、谷間の下の方にもう1頭いた可能性もあります。

f0224624_11544562.jpg
旧放飼場の観察デッキが完成していました。デッキと放飼場の間の金網がなくなって、以前の観察デッキよりもオオカミの様子が見やすくなっていました。この観察デッキから撮影したのが一番上(最初)の写真です。

f0224624_121061.jpg
一番上の写真の右側にいるオオカミです。吻が長いので、富山市で生まれた3姉妹のうちの1頭のようですが、「キララ」は右(向かって左)側の眼尻にキズがあってタレ眼気味に見えるはずなので「キララ」ではないようです。「キュー」と「サクラ」は顔立ちがそっくりですが、「サクラ」は左(向かって右)の眼の下にキズがあるので、これは「サクラ」であると思われます。

f0224624_12201814.jpg
「サクラ」です。以前に見たときにはしっぽがあったはずですが、欠損しているようです。(ここは個体識別ができるメンバー写真が掲示されていません。以前に見た記憶により個体名を記入していますが、誤りがありましたらご容赦ください。誤りがありましたらご指摘していただければありがたいです。)

f0224624_1242295.jpg
一番上の写真の左側にいるオオカミです。体色がかなり白っぽく変わっていますが、オオカミは加齢によって体色が薄くなってくるようですので、私の記憶では「ゼットン」です。

f0224624_12471846.jpg
「ゼットン」は、工事中には子供たちと一緒に新放飼場に出ていましたが、現在はペアリング中なのでしょうか?

f0224624_12494316.jpg
お昼時。遠吠えを始める「サクラ」。

f0224624_12504424.jpg
すると、それに呼応するようにして遠吠えを始める「ゼットン」。旧放飼場の中を連れ立って一緒に歩き回ったりして、仲のよさそうな2頭でした。

<2017.06.15追記>BlogやTwitterに「キュー」が本年5月16日に腎不全により死亡した旨の記事がありました。一番上の写真の右側にいるオオカミは「サクラ」で差し支えないと思われます。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2016-06-15 13:00 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

かわいいの どっち?

f0224624_8255866.jpg
ウォーキングサファリゾーンには、ヤクシマヤギ、ピグミーゴート、そしてザーネン種の3種類のヤギが飼育されていますが、今年も赤ちゃんが誕生していました。ヤクシマヤギの赤ちゃん。

f0224624_8264218.jpg
ピグミーゴートの赤ちゃん。まだ身体が小さなかわいい赤ちゃんたちです。

f0224624_8333417.jpg
そして、遊園地から更に進んだところにあるリトルファームにはトカラヤギたちがいます。「ショウ」くんは、5年前に初めて見たときにはまだ若いヤギでしたが、角が太い立派なオスのヤギになりました。

f0224624_8274642.jpg
これは「サンゴ」さんかな?仔ヤギと一緒のお母さんヤギです。

f0224624_8281434.jpg
そして、ちょっと臆病そうな感じのおばあちゃんヤギの「サツキ」さん。(下の写真も)

f0224624_8284331.jpg
ウォーキングサファリゾーンにいる赤ちゃんヤギたちも可愛いけれど、名前が公表されている(現在はメンバー紹介図が取り外されています)トカラヤギたちにも愛着を感じますね。

<2016.06.20追記>上から4つ目の写真のトカラヤギについて、以前よりも黒い模様の部分が少なくなっっているような感じがして個体識別に少し自信がなかったため、「サンゴ」さんかな?・・とぼかして書きましたが、「サンゴ」で間違いがなかったようです。6月18日付のスタッフさんのブログで確認しました。また、一緒にいる仔ヤギは約半年前に生まれた「サンゴ」の子どもで「ユウナ」さんという名前だそうです。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2016-06-14 09:12 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

暑い日 「レオン」と「ピピ」

f0224624_111445.jpg
群馬サファリパークは小高い丘の上にありますが、夏場には結構暑くなります。この日も日差しが強い日でしたが、ウォーキングサファリゾーンにいるネコ科動物たちの中で一番元気そうだったのが、ジャガーの「レオン」くん。

f0224624_1114377.jpg
「レオン」は1997年11月7日に群馬サファリパークで生まれたジャガーですが、年齢以上に若々しく見えます。

f0224624_1115428.jpg
亡くなった父親の「バレン」くんの渋さはありませんが、とてもハンサムなジャガーです。

f0224624_11153029.jpg
その隣の展示場にいるピューマの「ピピ」ちゃん。彼女は暑いのがとても苦手。この日もずっと日陰で休んでいました。今年の夏も暑くなりそうな予感がしますが、無事に乗り切ってね!


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2016-06-13 11:46 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

のんびり「マイ」ちゃん

f0224624_6255296.jpg
ユキヒョウの「マイ」ちゃん。東山動植物園にいる「ミュウ」ちゃんと双子の姉妹で2003年5月4日に多摩動物公園で生まれたユキヒョウ。

f0224624_6265965.jpg
「シンギズ」くんの最初の子どもなのですが、末っ子といっても違和感を覚えないような、童顔でかわいらしい感じのユキヒョウです。

f0224624_628110.jpg
高い場所が好きな「マイ」は、宙に浮かんだ2階部分がお気に入りの場所。近頃は1階部分にはほとんど降りてこなくなったようです。

f0224624_6345397.jpg
これからまた暑い季節がやってきます。風通しがよい2階部分がすごしやすいのを「マイ」はよく知っているのです。そして、この場所にいるとお客さんが喜んでくれるのも(たぶん)知っているのです。

f0224624_631926.jpg
毛づくろいをしたり眠ったりしながら、2階部分でのんびりとすごす「マイ」。

f0224624_6285139.jpg
そして、ときどき眼下にきたお客さんをみつめる「マイ」。

f0224624_6314557.jpg
この日は、平日のためお客さんが少なめでした。のんびりとゆったりと静かにすごす「マイ」です。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2016-06-11 07:33 | 群馬サファリパーク | Comments(0)