<   2010年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ウォーキングサファリツアー


f0224624_1425663.jpg
ケニア号などの乗り物に乗ってサファリワールドを周るのも楽ですが、天気が良ければ自分の足で歩いて、ウォーキングサファリツアー。自分のペースでじっくりと草食動物たちを観察することができます。ゾウ区(エレファントヒル)でアフリカゾウに餌やり。

f0224624_1434395.jpg
アメリカ区ではアメリカバイソンが角を突き合わせて決闘中。

f0224624_144338.jpg
アフリカ区のヒトコブラクダを見ながら南国気分。(餌やりもできます。)

f0224624_1453782.jpg
ドリルのような螺旋状の角を生やしたブラックバック。角を振り振り威張って歩く(?)オスが若いメスを追いかけています。

f0224624_538585.jpg
のんびり、ゆったりと歩くアジア区のマレーバクには癒されます。

f0224624_2183834.jpg
サイ区にいるミナミシロサイ。角のケバ立ちを見れば、サイの角が毛が固まってできたものであることがよくわかります。
by snowleopard2001 | 2010-05-31 06:13 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

やっぱり濡れるのは嫌ッ


f0224624_883858.jpg
ユキヒョウのお転婆娘「ミルチャ」

f0224624_892645.jpg
f0224624_8102589.jpg
雨の中でも元気に岩場を跳ね廻ります。

f0224624_813545.jpg
しかし、降り止まない雨に身体がぐっしょりと濡れてきて、

f0224624_811179.jpg
雨のかからない休息台の下に潜り込む「ミルチャ」。

f0224624_8121341.jpg
お昼過ぎから寝部屋への収容時刻までの間は、ほとんどガラス際の軒下に避難していました。やっぱり、ぐしょ濡れになるのは嫌いなのです。
by snowleopard2001 | 2010-05-30 08:26 | 多摩動物公園 | Comments(0)

雨の日の動物たち

f0224624_735276.jpg
雨の日に動物園に行くと、動物たちは天気のよい日とはまた違った姿を見せてくれます。スイギュウの「アカギ」(右奥)と「ハルナ」(手前)は、モグモグと反すうを行いながら雨の中で水浴中。

f0224624_744945.jpg
コウノトリの親子は雨に濡れながらじっと立ちつくしています。2羽のヒナ鳥たちはまた少し身体が大きくなったようです。

f0224624_717294.jpg
雨降りのこの日、一番元気そうだったのが、3頭のハクビシンたち。雨の中、放飼場を駆け回っていました。(多摩のハクビシンを見るのは、雨の日に限るのでしょうか?)

f0224624_7181690.jpg
ずぶ濡れになって大放飼場内を歩き回るユキヒョウの「ユキ」。「ユキ」が寝部屋に帰った後、午後の大放飼場には誰も出てきませんでした。(たぶん「シンギズ」の出番だったはずですが、雨のため中止したのでしょう。「シンギズ」も高齢なので、お大事に。)

f0224624_753783.jpg
アムールトラの「リング」は、の~んびり。このヒトだけは天気は関係ないようです。
by snowleopard2001 | 2010-05-29 07:46 | 多摩動物公園 | Comments(0)

便りがないのは・・・


f0224624_656156.jpg
ほぼ半年ぶりのユキヒョウの「シリウス」くん。この日も、お気に入りの場所らしい2階の張り出し部分に横たわっていました。

f0224624_6571554.jpg
いつ行っても平穏そうで、しっかりと見据える眼差し、そして、時折やさしそうな表情を見せてくれる「シリウス」。(ホッペの広がったおむすびフェイスに見えることも…。)

f0224624_658330.jpg
シリウス」が多摩動物公園からアドベンチャーワールド(aws)に旅立ったのは2006年4月15日。早いものですね。awsで暮らすようになってから4年を経過しました。その間に、双子の兄弟「アクバル」(円山動物園)は去年父親になり、2005年生まれの異母兄弟「カーフ」(東山動植物園→浜松市動物園)は今年お相手(「ビアンカ」)が決まっています。

f0224624_6585485.jpg
東京にいて「シリウス」についての話題(ニュース)が聞こえてこないのは寂しい感じもしますが、「便りがないのは、よい便り」ということもあります。いつまでも丈夫でいてくれるだけでも、…やはり嬉しいのです。
by snowleopard2001 | 2010-05-28 07:42 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

どちらも好きです


f0224624_646626.jpg
同じげっし目のカピバラに較べると、人気の面で地味めな動物、マーラ

f0224624_78555.jpg
眼もぱっちりとしていて顔立ちもウサギやシカのように可愛らしい(ロバに似ている?)し、足がすらりと長いうえに、

f0224624_6471038.jpg
鼻の下の長さもカピバラに劣らず(?)、癒し系の雰囲気も十分にあるように思えるのに、どうしてなんでしょうか?マーラ、カピバラ。どちらも好きなんですが…。
by snowleopard2001 | 2010-05-27 07:28 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

さようなら。「ライサ」さん


f0224624_5554344.jpg
大森山動物園(秋田市)のユキヒョウ「ライサ」さん(1991年4月16日生まれ)が5月24日に死亡しました。死因は老衰とのことです。

f0224624_603584.jpg
昨年の夏に訪問したときには暑さのためややぐったりしていましたが、今年の1月には吹雪の中、放飼場の中を元気そうに歩き回っていました。

f0224624_5572349.jpg
今年は、「パトラ」さん、「シリー」さん、「ライサ」さん…と、国内のユキヒョウの訃報が続きます。元気そうな様子だっただけに一層残念に感じます。やすらかに…「ライサ」さん。

f0224624_558655.jpg
2005年の夏。パートナーだったオスのユキヒョウ「パーチ」(2007年11月19日死亡)と一緒にすごす「ライサ」。この2頭はとても仲睦まじいカップルでした。
by snowleopard2001 | 2010-05-26 06:26 | 大森山動物園 | Comments(2)

子熊は200日齢

f0224624_653060.jpg
去年の10月13日に生まれたホッキョクグマの女の子「ミライ」ちゃん。住み慣れたハロールームから、海獣館に引っ越してきました。ただし、展示場所は両親のいる中央水槽ではなく、2階にある別の水槽です。

f0224624_6534976.jpg
身体はまだ両親(「アークティック」&「オホト」)に較べるとずいぶん小さいけれど、もうぬいぐるみのクマちゃんではありません。まだあどけない表情の子熊ですが、体型はホッキョクグマらしくなってきたようです。

f0224624_6543612.jpg
ハロールームに較べると撮影条件がちょっとね…。ガラスが汚れているのも困りますが、ホースで水を撒いて、ガラスの表面に縦縞模様の歪みができてしまうのも困ります。

f0224624_6551432.jpg
子熊が、ガラスの表面に残った水滴を舐めてくれてはいるのですけれど…。
by snowleopard2001 | 2010-05-25 07:20 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

縞々模様の赤ちゃん


f0224624_514188.jpg
ふれあい広場にある柵の中。ほぼ1年前に訪れたときには、この柵の中でダチョウの赤ちゃんが走り回っていましたが、今回いたのは縞々模様の赤ちゃん。エミューのヒナは親鳥の姿とはまったく違ったウリ坊模様です。

f0224624_5231581.jpg
柵の中に3羽、部屋内に5~6羽…3月中旬から4月中旬にかけて連続して生まれたヒナ鳥たち。エミューの場合、抱卵と育児は専ら父親の仕事(飼育下においては、母親が育児に参加することもあるようです。)ですが、ここでは人工保育で育てているようです。

f0224624_618202.jpg

by snowleopard2001 | 2010-05-25 05:52 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

「やす!」、「どすえ?」


f0224624_5424399.jpg
今年の2月9日に誕生したヤブイヌの赤ちゃん。3頭生まれた赤ちゃんのうち、1頭は2月14日に死亡してしまいましたが、2頭はすくすく育っています。

f0224624_5473658.jpg
名前(愛称)は上の写真のとおり決定されました。「ようこそおこしやす!」、「京都はどうどすえ?」…京都らしい名前というか、たいへんインパクトのある名前ですネ。

f0224624_548454.jpg
親子そろって土管の中をくぐって駆け回ったり、木の枝の引っ張りっこをしたり、元気そうな赤ちゃん。

f0224624_5484875.jpg
日差しが強かったせいもあり、ヤブイヌ舎の金網が写り込んでしまい、赤ちゃんのきれいな写真をご覧いただけなくてすみません。

f0224624_5491256.jpg
親(「ケンタ」と「コモモ」)の方は結構きれいに撮れたのですが…。
by snowleopard2001 | 2010-05-21 06:30 | 京都市動物園 | Comments(2)

ちょんまげ


f0224624_774679.jpg
可愛い顔をしたミゼットホース(ミニチュアホース)の「トウキ」くん。ちょんまげのような髪飾りがとてもオシャレです。

f0224624_784677.jpg
「トウキ」くんは、去年まで上野動物園の西園にある「子ども動物園」にいたミゼットホース。ここで再会できるとは(…とは言っても、柵に掛かっていた説明板を読んで、初めて同じ馬であると気がついたのですが…)思いませんでしたネ。
by snowleopard2001 | 2010-05-20 07:13 | 足立区生物園 | Comments(0)