<   2017年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

「ゼットン」と「サクラ」

f0224624_17135654.jpg
「オオカミの森・オオカミ繁殖センター」にある放飼場でなかよく暮らすシンリンオオカミの「ゼットン」くん(左)と「サクラ」さん(右)。
f0224624_17173438.jpg
「ゼットン」は2007年5月1日生まれのオスのシンリンオオカミです。年齢のせいか、体の色がずいぶん白くなってきたようです。
f0224624_17175332.jpg
「サクラ」は2005年4月25日生まれのメスのシンリンオオカミです。年齢のせいか、穏やかそうな顔立ちになってきました。
f0224624_17181109.jpg
「ゼットン」は群馬サファリパークのシンリンオオカミの群れのリーダーですが、手前にある放飼場(新展示場)にいる子どもたちと離れて、ペアを組んでいた「キュー」さんの死亡後は奥手にある放飼場(旧展示場)で「サクラ」と一緒に暮らしています。
f0224624_17182861.jpg
「サクラ」は、円山動物園にいる「ジェイ」や、大森山動物園にいる「シン」、東山動植物園にいる「ジャック」、群馬サファリパークにいる「キララ」、そして昨年5月に死亡した「キュー」と一緒に富山市ファミリーパークで生まれたシンリンオオカミです。
f0224624_17184939.jpg
閉園時刻が近づいてきた頃、新展示場にいる子どもたちの遠吠えに呼応するかのように、遠吠えを始めた「サクラ」。
f0224624_17190982.jpg
そして、「ゼットン」も一緒に遠吠えを始めました。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-31 05:32 | 群馬サファリパーク | Comments(6)

ネコ科獣舎の仲間たち

f0224624_10284626.jpg
ウォーキングサファリゾーンの中にある「ネコ科獣舎」で暮らしているユキヒョウの「マイ」ちゃん以外のネコ科動物たち。最初は、クロヒョウの「リリ」ちゃん。
f0224624_10292951.jpg
神秘的なまなざし。2009年9月30日に浜松市動物園で生まれたクロヒョウで、「ネコ科獣舎」にいるネコ科動物の中で最も若い個体です。
f0224624_16512041.jpg
暑さが苦手で夏場には横になっていることが多いピューマの「ピピ」ちゃんも、今の季節は過ごしやすいのか、展示場の中を歩き回っていました。
f0224624_16520060.jpg
上目遣いの眼差しで歩き回る「ピピ」。この眼差しが素敵なのです。
f0224624_10302948.jpg
おばあちゃんであるはずなのですが、美猫のシベリアオオヤマネコ。シベリアオオヤマネコの「ルンルン」さん。
f0224624_10310305.jpg
この日、ずっと展示場の中を歩き回っていて、一番元気そうな様子だったのは「ルンルン」でした。
f0224624_10315041.jpg
ジャガーの「レオン」くんはお休みでした。ケガのためデビューは遅かったようですが、1997年11月7日生まれのおじいちゃんなのです。ゆっくりと休んで英気を養ってください。




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-30 11:12 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

幹の陰からこんにちわ!

f0224624_16310880.jpg
のんびりとしたちょっととぼけた顔がかわいいカナダヤマアラシの「ウーニー」ちゃん(オス)。幹の陰からこんにちわ!




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-29 16:40 | 遊亀公園附属動物園 | Comments(0)

「ミュウ」の隣人たち

f0224624_11451553.jpg
ユキヒョウの「ミュウ」ちゃんが入居した猛獣舎で暮らしている仲間たち。「ミュウ」のいる展示場の右側にある展示場にいるのは、ベンガルトラの「信玄」くんです。
f0224624_17333416.jpg
2014年に見たときにはずっと寝ていてお顔がよく見えませんでしたが、今回は展示場の中をよく動き回りました。きりっとしたハンサムでな顔立ちで、体格も立派なトラです。2009年8月15日にとべ動物園生まれたトラで、とべでの元々の名前は「カイ」くんだったそうです。甲斐の虎「信玄」ですね。
f0224624_16411359.jpg
「ミュウ」のいる展示場の左側にある展示場には、マレーグマの「サンディ」くんと「サクラ」さんのカップルが暮らしています。金網登りをする「サンディ」。
f0224624_16421610.jpg
「ミュウ」の展示場は、金網の下2/3程度の部分が黒色にペイントされていたため金網の写り込みが生じませんでしたが、その他の展示場の金網は銀白色をしているため金網の写り込みを避けることができず、黒い体色をしたマレーグマは今回はうまく撮れませんでした。サクラ」は、上野動物園にいる「モモコ」さんが多摩動物公園にいた頃に産んだ子どもなのだそうです。
f0224624_11442438.jpg
「信玄」のいる展示場の右側にある展示場にはライオンのカップルが暮らしています。鬣が立派なライオンの「レオン」くん(2001年3月5日富士サファリパーク生まれ)は、以前見たときにはメスの「カエデ」さんと暮らしていましたが、「カエデ」が2014年7月13日に亡くなってしまい、
f0224624_11445276.jpg
現在は、かみね動物園から来園した「ショウコ」ちゃん(2012年8月18日生まれ)と一緒に暮らしています。「ショウコ」は、かみね動物園にいる「きぼう」くんや宇都宮動物園にいる「ミミー」さんの妹で、
f0224624_12030424.jpg
かみね動物園にいる「オーちゃん」と「ジュン」さんやズーラシアにいる「ニノ」さんと一緒に生まれたライオンです。ここの展示場は、ライオン2頭が暮らすには手狭な感じですね。



人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-28 17:35 | 遊亀公園附属動物園 | Comments(0)

お鼻で挨拶

f0224624_18051497.jpg
動物園の奥にある遊園地のそのまた奥、池の側にある細い道を通ってたどり着くブラジルバク(アメリカバク)の展示場。メスのハナ」さん(手前)とオスの「プーロ」くん(後方)のカップルが暮らしています。
f0224624_18055225.jpg
「ハナ」の鼻が近づいてきました。
f0224624_18062632.jpg
手で鼻に触ることができるほどに近づいてきました。
f0224624_16345694.jpg
今度は「プーロ」の鼻が近づいてきました。右耳の先が切れている方が「プーロ」です。鼻を動かしながら代わる代わる挨拶にやってくる(臭いを嗅ぎに来ただけかな?)人懐っこそうなブラジルバクのカップルです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-27 17:14 | 遊亀公園附属動物園 | Comments(0)

「マイ」が降りてきた。

f0224624_15365334.jpg
今日はユキヒョウの「ミュウ」ちゃんの写真を掲載したので、続けて、「ミュウ」の双子の姉妹で群馬サファリパークにいる「マイ」ちゃんの写真を掲載します。
f0224624_15380193.jpg
「マイ」は、近年はほとんど展示場の2階部分で休んでいて、1階部分には降りてこないため金網が写り込んだ写真しか撮れませんでしたが、春分の日に訪れると、珍しく1階部分に降りてきました。
f0224624_15372626.jpg
しかし、この日の「マイ」は素っ気ないのです。なかなか正面顔を見せてくれず、地面にゴロンと転がって伸びをしたあと、
f0224624_15384134.jpg
また、足早に2階部分に駆け上がっていってしまったのでした。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-26 18:16 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

「ミュウ」の公開が始まりました。

f0224624_08332417.jpg
3月6日に東山動植物園から遊亀公園付属動物園に移動したユキヒョウの「ミュウ」ちゃん。検疫期間が終了して、昨日(3月25日)から一般公開が始まりました。
f0224624_08335572.jpg
「ミュウ」が暮らす遊亀公園付属動物園の猛獣舎です。展示場が4つ並んでいて、左から順に、マレーグマ(「サンディ」くんと「サクラ」さん)、ユキヒョウ(「ミュウ」)、ベンガルトラ(「信玄」くん)、そしてライオン(「レオン」くんと「ショウコ」ちゃん)が展示されています。各展示場の前に斜めに配置されている鉄パイプは、展示場の中に夏季の強い日差しが差し込むのを防ぐ日除けネットを掛けるためのもののようです。
f0224624_08341701.jpg
「ミュウ」がいる展示場です。広さは、これまで暮らしていた東山動植物園のユキヒョウの展示場の広さとほぼ同じくらいのようです。奥の方には東山ほどには高くないけれども岩棚があって、手前(金網際)左側には木製の棚が設置されているのも似ています。飼育員さん(かな?)が東山に視察に行かれたという話なので、飼育環境の変化を少なくするためか、東山の展示場を参考にして展示場を改装されたのかなぁとも思いました。東山と違っているのは、床面がコンクリートであることと、木製の棚の下に水飲み場を兼ねた水槽があることです。床面は土のほうが望ましいと思われ、また、「ミュウ」が水槽の水に浸かって水浴をするとは思えませんが甲府の夏の暑さをしのぐための一助になってくれればいいのですが・・。
f0224624_08374113.jpg
昨日の「ミュウ」は、ずっと奥の岩棚の上にいて、ほとんど動き回りませんでした。たぶん、この場所がこれから「ミュウ」のお気に入りの場所になっていくのかなぁ・・と思いました。ユキヒョウに限らず、ライオンもトラも、日中、特に昼頃の時間帯には眠っていることが多いものですから、あしからず・・。
f0224624_08384688.jpg
午後4時に近づいてきた頃、奥の岩棚から降りてきて、地面でゴロンゴロンと転がる「ミュウ」。顔立ち、そしてしぐさがかわいい「ミュウ」です。
f0224624_08392581.jpg
私が初めて「ミュウ」を見たときには、「ミュウ」は、双子の姉妹の「マイ」ちゃん(現・群馬サファリパーク)とともに、国内で最も若いユキヒョウでした。現在は、「ミュウ」は、国内の動物園で暮らしているユキヒョウの中では最高齢の個体のはずなのですが、まだ13歳です。父親の「シンギズ」君は長寿のユキヒョウで、推定26歳(推定となっているのは野生由来だからです。)まで生きてくれましたから、まだその半分ですね。最高齢と言ってしまうのは何だかかわいそうな感じもします。ここに書いてあるとおり、移動するたび、多くの人々を魅了してきた「ミュウ」。甲府でも多くの方に愛され、健康で長生きしてほしいものです。
f0224624_08395847.jpg
甲府の皆さま、遊亀公園付属動物園の皆さま、よろしくお願いいたします。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-26 11:56 | 遊亀公園附属動物園 | Comments(2)

「ネコたちの谷」で暮らす動物たち

f0224624_22305495.jpg
「ネコたちの谷」には、一昨日に掲載したユキヒョウの「スカイ」くんの他に、ライオン、トラ、そしてヒョウのネコ科に属する動物たちが暮らしています。ライオンは2頭いて、屋外展示場と室内展示場に交代で出ています。この日は、オスの「クリス」くんは室内展示場にいました。
f0224624_22314837.jpg
屋外展示場でくつろぐライオンのメスの「アンニン」さん。
f0224624_22322960.jpg
トラも2頭いて、屋外展示場と室内展示場に交代で出ているようです。室内展示場のオスの「マドラス」くん。この日は3連休の中日だったので動物園に大勢の家族客が訪れ、「マドラス」のいる展示場の前も人でいっぱいでした。
f0224624_22330671.jpg
トラのメスの「ジャム」さんは、屋外展示場に出ていました。
f0224624_22334668.jpg
「ネコたちの谷」で一番年齢が若いアムールヒョウのメスの「コロン」ちゃん。室内展示場の中を始終歩き回って、とても元気そうな様子でした。
f0224624_04334162.jpg
その他に、ヒョウ(亜種不明)のメスの「ハッピー」さんが暮らしていましたが、今月の15日に老衰のため亡くなってしまいました。1995年10月10日生まれの高齢のヒョウで足腰が弱ってきていたようでしたが、おばあちゃんとは思えないような見目麗しく若々しい顔立ちのヒョウでした。合掌。(「ハッピー」の写真のみ、昨年2月に撮影した写真です。)




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-24 14:29 | いしかわ動物園 | Comments(2)

コビトカバの「ミライ」

f0224624_17093532.jpg
昨年の12月23日に生まれたコビトカバの赤ちゃん。このほど、投票により「ミライくんと名付けられました。男の子です。
f0224624_17095497.jpg
国内でコビトカバのオスの赤ちゃんが誕生したのは、東山動植物園で1990年11月19日に「昭平(ショウヘイ)」くん(現・上野動物園)が誕生して以来26年ぶりのことだそうです。
f0224624_17101272.jpg
この日は、14:00から16:00までの間、お母さんの「ノゾミ」さんと一緒に室内展示室に出ていました。(お父さんの「ヒカル」くんは隣の部屋に出ていました。)
f0224624_17103284.jpg
まだ体が小さくても、コビトカバですから泳ぎは上手です。室内展示室にあるプールの中で泳ぎながらお母さんに甘える「ミライ」。
f0224624_17105124.jpg
上野動物園の「ショウヘイ」と「エボニー」さんの間に生まれた子どもたちのうち生存している5頭のコビトカバはすべて女の子です。少し年齢が離れています(末っ子の「ナツメ」ちゃんは2011年6月22日生まれ)が、将来の繁殖に繋がれば・・と期待しています。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-23 18:07 | いしかわ動物園 | Comments(0)

引っ越し後4年目の「スカイ」

f0224624_16065340.jpg
ユキヒョウの「スカイ」くん(2011年5月25日生まれ、オス)。2013年3月8日に多摩動物公園からいしかわ動物園に引っ越してから、早いもので4年余り経過しました。
f0224624_16072361.jpg
暖かな季節になってきて、人間が通るガラス通路の屋根の上に座って日光浴をしていた「スカイ」。大きく伸び、そして、あくびをして、
f0224624_16074309.jpg
ゆっくりと木の幹の上を歩いて展示場の地面に降りてきました。
f0224624_16082843.jpg
そして、これまで見たときのように、ガラス通路の下をくぐって展示場の地面の上を歩き回る「スカイ」。
f0224624_16084910.jpg
そして、しばらく歩き回った後、木の幹を駆け上がってガラス通路の屋根の上に登ってきました。
f0224624_16080655.jpg
展示場に掲示されていた「スカイ」の紹介板には、「気難しい頑固者で、かなりの慎重派。そして食いしん坊。夏(暑さ)が苦手。」と書いてありました。食いしん坊は多摩にいた頃と変わりませんが、一緒に生まれた兄弟(姉妹)3頭の中で最も慎重派だったのは「アサヒ」ちゃんであって、一番力が強かった「スカイ」は真っ先に行動する子だったように思います。慎重派になったというのは、やはり大人になってきたからなんでしょうね。
f0224624_16090868.jpg
多摩にいた頃は腕白なやんちゃ坊主のような顔立ちだった「スカイ」も、去年あたりからキリリとした大人っぽい表情を見せるようになってきたような気がします。あと2か月ほどで6歳の誕生日を迎えるユキヒョウの「スカイ」です。
f0224624_17294453.jpg
ところで、いしかわ動物園の方へのお願いです。この紹介板の「スカイ」の生年月日が「2012年」となっています。(室内展示場に掲示されていた別の紹介板は「2011年」となっています。)もしこのブログの記事が目にとまりましたら、「2012年」の部分を「2011年」に修正していただけるとありがたいです。





人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-22 18:00 | いしかわ動物園 | Comments(2)