<   2017年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

3頭のライオンの赤ちゃん登場!

f0224624_13271116.jpg
13:00になって、ライオンのお父さんの「チャコ」くんが寝室に帰り、交代でお母さんの「ライラ」さんと7月19日に生まれた赤ちゃんライオンが展示場に出てきました。
f0224624_13273062.jpg
赤ちゃんは、オス1頭とメス2頭の合計3頭です。体が一番大きいのが男の子で、単独でいることが多いようです。
f0224624_13275032.jpg
女の子2頭については、識別のために、首の後ろと背中の毛の一部を剃っています。(ただし、写真ではちょっとわかりにくいですね。)
f0224624_13281078.jpg
地面に落ちていた木片を噛んで、おもちゃにして遊ぶ子。
f0224624_13283364.jpg
お母さんのしっぽは、ライオンの赤ちゃんにとっても絶好のおもちゃであるようです。
f0224624_13285227.jpg
木に登ろうとする子もいるようです。
f0224624_13291453.jpg
駆けっこは大好き。
f0224624_13293674.jpg
やんちゃ過ぎたのか、お母さんの口に咥えられてしまう子もいます。
f0224624_13300093.jpg
じゃれ合って、取っ組み合いを始めました。
f0224624_13302050.jpg
3頭もつれ合って、元気に遊ぶライオンの赤ちゃんです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-09-30 14:02 | 桐生が岡動物園 | Comments(6)

「チャコ」と「ライラ」の成長

f0224624_06382866.jpg
桐生が岡動物園で7月19日に誕生した3頭(オス1頭、メス2頭)のライオンの赤ちゃんの公開が、一昨日から始まりました。赤ちゃんの様子は次回掲載することにいたしまして、今回は、お父さんになった「チャコ」くんと、お母さんになった「ライラ」さんの成長した姿をご紹介したいと思います。
f0224624_06395196.jpg
2016年1月当時の写真(→こちら)や同年4月当時の写真(→こちら)と較べてみてください。「チャコ」のたてがみはずいぶん長く伸びてきていて、きれいに生え揃ってきています。顔立ちも凛々しい若獅子という感じがしました。
f0224624_06392810.jpg
幼い顔立ちをしていて無邪気に遊んでいた「ライラ」は、落ち着いた雰囲気のおとなのライオンになっていました。体は「チャコ」よりは小柄ですが、昨年の4月当時と較べるとずいぶん大きくなっています。
f0224624_06385126.jpg
「ライラ」はまだ若いのでちょっと心配だったのですが、落ち着いて育児をしているようです。富士サファリパークから来園した当時はまだ幼くて大丈夫だろうかという感じがした「チャコ」と「ライラ」でしたが、立派に成長して父親・母親になってくれたのがうれしいですね。
f0224624_06400995.jpg
「ライラ」と3頭の仔ライオンが展示場に出てくると、「チャコ」は寝室のガラス窓から展示場の様子を見つめていました。仔ライオンと遊んでみたいのでしょうか?いつか、親子5頭が展示場でなかよく暮らしている姿を見てみたいものです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-09-30 07:43 | 桐生が岡動物園 | Comments(0)

クマのすみか

f0224624_06074689.jpg
かみね動物園のクマ舎「クマのすみか」。エゾヒグマの「アイ」さん(左)と「エリコ」さん(右)。
f0224624_06081076.jpg
14:30からの「もぐもぐタイム」には、屋上からクマたちに餌やりができます。お座りをして、餌の投げ入れを待っている「アイ」。
f0224624_06083533.jpg
「エリコ」も餌が投げ入れられるのを待っています。
f0224624_06090453.jpg
ニホンツキノワグマは、「ベベ」さん(メス)と「ナオ」くん(オス)の2頭。展示場には1頭だけ出ていましたが、エゾヒグマの2頭のメスたちとは違って、顔の違いが著しくないようなので、どちらが出ていたのかわかりませんでした。
f0224624_06093067.jpg
午前中の展示場で、あくびをしながらのんびりとくつろぐニホンツキノワグマ。マレーグマもそうですが、舌がとても長いですね。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-09-29 08:01 | かみね動物園 | Comments(0)

「ケンシロウ」とその家族

f0224624_04402440.jpg
マンドリルの「ケンシロウ」くん。2006年2月7日、東武動物公園生まれ。父は「ラオウ」くん。母は「ユリア」さん。(←某漫画とは人(猿)物設定が異なります。)
f0224624_04404353.jpg
初めて見たときにはまだ小さかった「ケンシロウ」。4歳のときにかみね動物園に移動して、リエル」さん(2010年8月4日生まれ)というお嫁さんを貰って、
f0224624_04411620.jpg
今年の1月13日に「しんご」くんという息子が誕生しています。「しんご」は人工保育で育てられましたが、現在は親子3頭が一緒に暮らしています。
f0224624_04413566.jpg
一家の主として逞しくなった「ケンシロウ」です。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-09-28 09:00 | かみね動物園 | Comments(0)

アライグマは洗わない

f0224624_17460812.jpg
前肢を起用に使うしぐさがかわいいアライグマ。その中でも、まだ体が小さくあどけない顔立ちをした子どものアライグマは、ひときわかわいらしい感じがする動物です。
f0224624_17493302.jpg
その一方で、アライグマは、農作物に深刻な被害を与え生態系に影響を及ぼしていることから、国内では「特定外来生物」に指定されています。姿形がかわいらしいからといってペットとして輸入され、凶暴性があり手に負えなくなったからといって野に放たれ(あるいは逃亡し)、今度は野生下で繁殖してしまい被害を与えているからといって害獣として駆除されるという、人間の身勝手さの被害者ともいえる動物でもあります。外来生物とのこれまでの付き合い方を反省し、今後どのように対処していくべきかを考えさせてくれる動物だと思います。
f0224624_17501022.jpg
かみね動物園には思いのほかたくさん飼育されていました。寝室と屋外放飼場とを繋ぐ空中通路の中からこちらを見ているアライグマたち。寝室の中は覗いてみませんでしたが、10頭くらい(以上?)はいるような感じがしました。
f0224624_17483928.jpg
ところで、前足を水中に突っ込んで獲物を探るなどする姿が手や食べ物を洗っているように見えることが、アライグマという名前の由来なのだそうですが、
f0224624_17505467.jpg
「アライグマ かれらはなにも あらわない」のだそうです。(アライグマ舎などの壁面には、素敵な説明文がたくさん掲示されていました。ご来園の折はお読みになることをお勧めいたします。)




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-09-27 12:02 | かみね動物園 | Comments(0)

かみね動物園のライオン一家

f0224624_19505097.jpg
お昼寝から覚めて咆哮を続けるライオンの「きぼう」くん(2011年3月16日生まれ)。
f0224624_19513885.jpg
「きぼう」と一緒に展示場に出ていたのは、妹の「オーちゃん」(2012年8月18日生まれ)です。
f0224624_19523321.jpg
今回も、「きぼう」が起き出すと、近づいてきて頭を摺り寄せ、仲のよいところ見せてくれました。
f0224624_19533617.jpg
そして、すぐにまた眠りにつく「きぼう」。前回の訪問時には「きぼう」と「オーちゃん」が閉園時間まで展示場に出ずっぱりだったので、今回も多分同じだろうと思い込んで油断してしまいました。他の動物を見に行っている間に交代で寝室に帰ってしまい、「きぼう」の恰好いい姿を撮り損ねてしまったのです。
f0224624_19543040.jpg
午後から交代で展示場に出てきた「バルミー」さん(2007年8月12日生まれ)。「きぼう」くんや「オーちゃん」、「ジュン」ちゃん、宇都宮動物園にいる「ミミー」さん、ズーラシアにいる「ニノ」ちゃん、遊亀公園附属動物園にいる「ショウコ」ちゃんなどのたくさんの子どもがいるグレートマザーです。夏頃には餌を食べなくなって治療を受けているというニュースを見ていたので、元気そうな姿を見ることができうれしいです。
f0224624_19550974.jpg
「バルミー」母さんと一緒に展示場に出ていたのは、娘の「ジュン」ちゃん(2012年8月18日生まれ)です。
f0224624_19555755.jpg
「バルミー」(右)に甘える「ジュン」(左)。「ジュン」は、ずっとお母さんと一緒に暮らしているせいか、「オーちゃん」などに較べると子どもっぽいような感じがしました。
f0224624_19564004.jpg
「バルミー」母さんが眠っている間、お立ち台に上がって、上からぶら下がっている紐を齧ったり引っ張ったりした遊ぶ「ジュン」です。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-09-26 11:52 | かみね動物園 | Comments(0)

キリンと神出鬼没の鳥

f0224624_12065574.jpg
かみね動物園のキリンは、シゲル」くん(左)と「キリナ」さん(右)の2頭。昨年の6月に訪れたときには、この2頭の子どもの「シゲキ」くんがいましたが、同年の9月に市原ぞうの国(サユリワールド)に移動しています。
f0224624_12073692.jpg
メスのキリンの「キリナ」さん。2009年11月8日桐生が岡動物園生まれ。同園で生まれたキリンは、「桐生」と「キリン」にちなんで、名前に「キリ」の字が入っているようですね。
f0224624_12084420.jpg
11:30からの「キリンのもぐもぐタイム」には、キリン舎の2階にあるバルコニーの上からキリンに餌やりができます。バルコニーの上は見晴らしがいいですね。隣の展示場にいるのは、ハートマンヤマシマウマの「キララ」ちゃん(手前)と「ユメコ」さん(後方)です。
f0224624_12124977.jpg
オスのキリンの「シゲル」くん。2004年2月3日九州自然動物公園アフリカンサファリ生まれ。そして、足元の地面を歩き回っているのは・・、
f0224624_12092511.jpg
ホロホロチョウ。20羽ほどいるそうです。
f0224624_12101311.jpg
キリンの展示場にいるホロホロチョウ。キリンはホロホロチョウを追いかけたり追い払ったりはしないようですし、ホロホロチョウもキリンを怖がっていないようです。
f0224624_12105126.jpg
神出鬼没のホロホロチョウ。柵の隙間をくぐって、キリンの展示場とシマウマの展示場とを行ったり来たりしていました。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-09-25 14:13 | かみね動物園 | Comments(0)

カメラ目線の動物たち

f0224624_04422987.jpg
アムールトラの「チグ」ちゃんは、カメラ目線のポーズの名人(虎)。
f0224624_04440386.jpg
人が来ると展示場の前の方に出てくるシンリンオオカミの「がるる」くんもカメラ目線。
f0224624_04445308.jpg
餌やりの餌を待っている真っ白な体のファロージカもカメラ目線。
f0224624_04452407.jpg
「チグ」は、カメラを向けるとじっと見つめてきてカメラ目線のポーズをとってくれますが、アムールトラにもいろいろいるようです。
f0224624_04461530.jpg
「アズサ」ちゃんには少し目線をはずされてしまいました。(ワタシは斜め顔の方が美トラなの・・。)




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-09-23 09:55 | 宇都宮動物園 | Comments(0)

草原ゾーンの動物たち

f0224624_21072029.jpg
草原ゾーンの丘の上にいるシタツンガたち。シタツンガのメスは、明るい茶色の体毛に白色の縞模様が、日差しに映えてとてもきれいです。
f0224624_21085723.jpg
並んで歩く2頭のシタツンガ。この2頭はいつも一緒にいるので、たぶん親子なのではないかと思います。

f0224624_21150379.jpg
丘の上のボス的な存在。オスのダチョウ
f0224624_21104070.jpg
2羽いるホオジロカンムリヅルのうちの1羽。
f0224624_21093481.jpg
夕方が近づいてきて、草原ゾーンの草の色が深い緑色に変わってきました。灰褐色の体毛のオスのシタツンガが1頭います。
f0224624_21100340.jpg
体が大きなメスのシタツンガ。このシタツンガはひとりでいることが多いような感じです。
f0224624_21111856.jpg
道路を隔てた反対側にある展示場では、シロオリックスの「ラザニア」さん(メス)と「ビビ」ちゃん(メス)がなかよく歩いていました。「ビビ」は2015年6月14日に多摩動物公園で生れ、今年の6月28日に千葉市動物公園に引っ越してきたシロオリックスです。
f0224624_21120357.jpg
アジアゾウの展示場では、アイ」さん(メス)が柵の外に鼻を伸ばしていました。何かおいしそうなものを見つけたようです。
f0224624_21124005.jpg
そして、キリンの展示場では、いつものようにヨウタ」くん(オス)が「サツキ」さん(メス)を追いかけていました。しかし、その度に「サツキ」はすらりと逃げてしまうようですね。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-09-22 15:00 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

目覚める「アレン」

f0224624_10222597.jpg
ライオンの「アレン」くん。
f0224624_10224667.jpg
ガラス窓のすぐ側に横たわって、無防備そうな眠りっぷり。
f0224624_10231103.jpg
起き出しました。その直後の大あくび。額の上にある寝癖のような前髪が恰好いい(!?)。
f0224624_10233265.jpg
ずっと起きるのを待っていた常連さん(?)にご挨拶。
f0224624_10235584.jpg
「アレン」は女性に人気があるようですね!
f0224624_10243308.jpg
その後、展示場に座って寛ぐ「アレン」。
f0224624_10245133.jpg
まだ子どもっぽさが残っている顔立ちが、とてもかわいらしいハンサムなライオンです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-09-21 10:43 | 千葉市動物公園 | Comments(0)