タグ:ウォンバット ( 58 ) タグの人気記事

白い手袋の「ユキ」

f0224624_06254801.jpg
この日に会うことができた5頭のヒメウォンバット(コモンウォンバット)のうち、一番最後に展示場に出てきたのは「ユキ」ちゃん(2015年12月生まれ)でした。
f0224624_06062160.jpg
一番上の写真のように、「ユキ」は、右前足の部分が白い手袋をつけているように真っ白な色をしています。とても珍しいことなのだそうです。そして、「ユキ」という名前も、この特徴から、白い雪をイメージして付けられたのだそうです。
f0224624_06265800.jpg
ちなみに、10月5日に「ユキ」と一緒に来園した他の2頭のヒメウォンバットの名前は、「コウ」は、「フク」と合わせると「幸福」となることから、「マル」は、「フク」と合わせると池田市のイメージキャラクターである「ふくまる」くんにとなることから名付けられたとのことです。
f0224624_06070000.jpg
「ユキ」は、シャイな性格の女の子なのだそうですが、この日はガラス窓の側を行ったり来たりして離れず、帰り際までずっと展示場に出ていました。
f0224624_06064193.jpg
案外、大胆なところがある人懐っこい性格のウォンバットなのかもしれません。



人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-11-30 07:07 | 五月山動物園 | Comments(0)

「コウ」と「マル」

f0224624_09504992.jpg
本日及び明後日にご紹介する予定なのが、10月5日にオーストラリアのタスマニア州から来園した3頭のヒメウォンバット(コモンウォンバット)たちです。9:15の開園時間から暫く経った後、展示場に「コウ」ちゃん(2015年12月生まれ)が出てきました。
f0224624_09515380.jpg
「コウ」は、黒っぽい体色をした男の子で、その体色のせいか、体がとても小さく見えました。ちなみに、五月山動物園の公式サイト(→こちら)によると、11月における体重測定の結果は、ワイン(♂)17.6kg、ワンダー(♀)11.6kg、フク(♂)18.2kg、コウ(♂)11.3kg、マル(♀)12.6kg、ユキ(♀)は(たぶん、巣穴から出てこないため)測定不能で、「コウ」は体重が軽いようです。
f0224624_09522897.jpg
毛づくろいをする「コウ」。
f0224624_09531878.jpg
目鼻立ちは結構はっきりしているような感じです。なお、写真では、体に縞模様が見えるかもしれませんが、これは展示場の外側にある柵がガラス窓に写り込んでいるためであり、もちろん縞模様などはありません。
f0224624_09544856.jpg
ヒメウォンバットの展示場の配置図です。展示場は5つあって、「コウ」と「ユキ」は同じ展示場を共有しています。なお、黄色い部分がヒメウォンバットの寝室で、白い部分は管理者用の通路です。
f0224624_09564289.jpg
9:15の開園時間からかなり時間が経った後、展示場に「マル」ちゃん(2016年1月生まれ)が出てきました。
f0224624_09572292.jpg
体がややふっくらとしていて、「コウ」よりも眼が小さめで、おとなしそうな顔立ちをした女の子であるようです。
f0224624_09580721.jpg
「マル」は、人慣れしていてたいへん愛嬌があるヒメウォンバットであるそうですが、この日は朝食(昼食?)を食べると、すぐに寝室に帰ってしまったので、次回(いつになるかわかりませんが?)ゆっくりと見てみたいと思います。


<訃報>五月山動物園の公式サイトによると、同園にいるヒメウォンバットの「ワンダー」さん(メス・28歳)が11月25日未明に亡くなったそうです。たいへんかわいらしいウォンバットでした。今回の訪問では会えませんでしたが、昨年の末に見たときには、とても元気そうであっただけに残念です。安らかに、「ワンダー」さん。



人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-11-28 07:01 | 五月山動物園 | Comments(0)

元気な「フク」

f0224624_08020081.jpg
9:15の開園時間直後から展示場に出ていたもう1頭のヒメウォンバット(コモンウォンバット)は「フク」ちゃん(2004年生まれ)でした。
f0224624_08022737.jpg
朝ご飯を食べた後、展示場の中を走る「フク」。
f0224624_08013928.jpg
初めて見たときには、やんちゃ坊主のような顔立ちのウォンバットでしたが、年齢を重ねて次第に穏やかそうな顔立ちになってきたような感じがします。
f0224624_08025478.jpg
しかし、おとなしくなってしまったわけではないようで、木の台の下に潜り込んで、頭で持ち上げようとする「フク」。
f0224624_08431056.jpg
展示場の中にある木製のトンネルの中を通ったり、木の台の上に乗ったりして遊ぶことが多いのは「フク」であるようです。
f0224624_08033556.jpg
木製のトンネルなどは頑丈そうにできているようですが、もしも壊れやすいものであったならば、きっと多摩動物公園にいた「チューバッカ」くんのような「破壊魔」になっていたに違いありません。
f0224624_08040140.jpg
元気そうな様子を見せてくれたオスのヒメウォンバットの「フク」です。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-11-26 08:35 | 五月山動物園 | Comments(0)

歩き回る「ワイン」

f0224624_07251137.jpg
10月5日にオーストラリアのタスマニア州から3頭(オス1頭、メス2頭、いずれも1歳)のヒメウォンバット(コモンウォンバット)が来園して、五月山動物園のヒメウォンバットは6頭になりました。今回来園した3頭のヒメウォンバットは、五月山動物園が豪国内でも難しいとされるヒメウォンバットの繁殖に成功していることなどが評価されて、同動物園がある池田市と豪・ローンセストン市の姉妹都市50周年記念の動物親善大使として贈られたものなのだそうです。
f0224624_07255130.jpg
6頭いるヒメウォンバットのうち、9:15の開園時間直後から展示場に出ていたのは、以前からいるオスの「ワイン」くん(1989年1月生まれ)でした。
f0224624_07263569.jpg
ふっっくらとした鼻とまん丸い眼が可愛い「ワイン」。これまで見たように、展示場の中を円を描くようにして周回して歩き回ります。
f0224624_07272355.jpg
ちょっとひと休み。お尻が痒いのかな?金網にお尻をゴシゴシと擦りつける「ワイン」。
f0224624_07284352.jpg
短い肢を上げて、金網にお尻を擦り続けます。
f0224624_07303265.jpg
再び展示場の中を歩き回り始める「ワイン」。この日は、展示場の片隅で少しお昼寝をしていた他は、始終歩き回っていて、とても元気そうな様子でした。
f0224624_07312517.jpg
隣の展示場にいて「ワイン」とペアを組んでいる「ワンダー」さんは、残念ながら、この日は展示場に出てきませんでした。この日会うことができた残りの4頭のヒメウォンバットについては、順次掲載して、ご紹介していきたいと思います。



人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-11-24 08:36 | 五月山動物園 | Comments(0)

「ウォレス」の目覚めと帰宅

f0224624_10221010.jpg
雪降る日のコモンウォンバットの「ウォレス」くん。このような寒い日には、エアコンと床暖房がついているワンルームの寝室の中で休んでいるのではないかと思いましたが、展示場にある土管の中にいました。しかし、さすがに藁の中で丸くなって眠っていて、まったく動きません。
f0224624_10223366.jpg
閉園時間が近づいてきた頃、寝室にいる飼育員さんの気配(物音?)に気付いたのか、時間に正確な腹時計の目覚まし音を耳にしたからなのか、眼を覚ました「ウォレス」。
f0224624_10230568.jpg
ゆっくりと土管の中から出てきました。
f0224624_10234759.jpg
ガラス窓のすぐ側に近づいてきた「ウォレス」。
f0224624_10241756.jpg
脇腹を掻き掻きして、毛づくろい。
f0224624_10243823.jpg
そして、その後はもう一目散。振り返ることもなく、一直線に寝室の方に歩いていきます。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-01-17 10:49 | 東山動植物園 | Comments(0)

「フク」も走ります。

f0224624_17065030.jpg
走るウォンバット「フク」くんです。ウォンバットは、短い距離であれば時速40km程度の速度で走ることができるそうです。
f0224624_17070842.jpg
短足(?)のせいか、撮影の仕方がよくないせいか、この写真では走っているようには見えないかもしれませんが、「ワンダー」さんほどではありませんでしたが、この日も元気よく疾走する姿を見せてくれました。
f0224624_17073293.jpg
「フク」は、気が強くて縄張り意識が強いせいか、飼育員さんが近くにくると、とても気になる様子です。(飼育員さんも「フク」をかわいがっているようです。)
f0224624_17075787.jpg
クリクリとした小さな眼がかわいらしい、やんちゃ坊主のような顔立ちのウォンバットです。
f0224624_17081613.jpg
「フク」は国内の動物園で飼育されている6頭のウォンバットの中では一番若いウォンバットですが、それでも2004年生まれであり、決して若いとはいえない年齢になってきているようです。そのため、池田市では、新たなウォンバットの導入を目指しているようです。(詳しくは、下にあるリンクを参照してください。)




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-12-27 18:09 | 五月山動物園 | Comments(0)

「ワイン」は出ずっぱり

f0224624_06071940.jpg
3頭いる五月山動物園のウォンバットたちの中で、いつも顔を見せてくれるのはオスの「ワイン」くん。この日も、寝室の中に入っていった短い時間を除いて、ずっと展示場に出ていました。
f0224624_06094540.jpg
展示場の中を直線的に走る「ワンダー」さんや「フク」くんと違って、「ワイン」は走りません。円を描くように、展示場の中を何度も歩き回ります。
f0224624_06075808.jpg
五月山動物園の3頭のウォンバットたちはそれぞれ個性的な顔立ちですが、「ワイン」はふっくらとした鼻と丸い眼が愛嬌のある可愛らしい顔立ちです。
f0224624_06091138.jpg
銀杏の落ち葉の黄色い絨毯の上を歩き回る「ワイン」。
f0224624_06083648.jpg
夕方になって、隣の展示場に「ワンダー」が出てきたため、境目の金網に近づいていく「ワイン」。しかし、「ワンダー」はわき目もふらずに展示場の中を走り続けていて、構ってくれません。そのことがちょっと寂しげな様子の「ワイン」でした。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-12-25 06:41 | 五月山動物園 | Comments(0)

走るウォンバット

f0224624_11394087.jpg
コモンウォンバット(ヒメウォンバット)の「ワンダー」さん。警戒心が強く寝室の中に籠っていることが多いせいか、一昨年も昨年も会うことができませんでしたので、姿を見るのは本当に久しぶりです。
f0224624_11402787.jpg
この日も会えないかもしれないと、半ば諦めていたのですが、夕方になって展示場に出てきました。トコトコトコトコと、とにかくよく走り回ります。
f0224624_11410010.jpg
高齢(1989年1月生まれ)のウォンバットなのですが、ずっと走りづめです。元気そうな「ワンダー」。
f0224624_11413657.jpg
お腹と地面との間に大きな空間がある、ほっそりとしたスタイルのよいウォンバットです。他の2頭(「ワイン」くんと「フク」くん)と較べると、随分小柄ですね。
f0224624_11420920.jpg
ずっと走りづめだったので、さすがに疲れたのか、一休み。飼育員さんが用意した夕ご飯を食べ始める「ワンダー」。
f0224624_11424795.jpg
そして、夕ご飯を食べた後、また走り始める「ワンダー」。閉園の時間まで走り続けていたようです。(金網の向こう側にいるのが、夫の「ワイン」です。)



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2016-12-23 12:15 | 五月山動物園 | Comments(0)

「フク」も出てきました。

f0224624_15281593.jpg
コモンウォンバット(ヒメウォンバット)の「ワイン」くんを見ているうちに、一つ向こうの展示場に「フク」くん(2004年生まれ、オス)が出てきました。

f0224624_15295580.jpg
「フク」はワイルドで男らしいウォンバットだそうで、自分の縄張りを大切にしていて、飼育員さんが自分のエリアに入ることを許さないこともあるそうです。

f0224624_15304314.jpg
ちょっと意地っ張りな子どものような顔立ちの「フク」。「フク」は金網のすぐそばに近づいてきます。

f0224624_15311921.jpg
たぶん、閉園時間が迫ってきて寝室に帰りたくなったのでしょう。隣の展示場にいる飼育員さんに催促(?)。飼育員さんが寝室の扉を開けると、「フク」はすぐに帰っていきました。

f0224624_15315044.jpg
残るもう1頭のウォンバット「ワンダー」さん(1989年1月生まれ、メス)には会えませんでしたが、涼しくなってきたためウォンバットたちも活発に活動するようになってきており、開園時間の直後には「ワンダー」も出てくることが多くなってきているとのことです。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2015-09-22 16:01 | 五月山動物園 | Comments(0)

元気な「ワイン」

f0224624_739494.jpg
昼過ぎに到着した五月山動物園。コモンウォンバット(ヒメウォンバット)は、暑い夏の季節には開園時間の直後や閉園時間の間際に展示場に出てくることが多いそうで、展示場に姿がありません。眼をこらすと、「ワイン」くん(1989年1月生まれ、オス)が薄暗い寝室の中を歩き回っているのが見えます。そして、閉園時間が近づいてきた頃に「ワイン」が展示場に出てきました。

f0224624_741857.jpg
「ワイン」は、最初は寝室から出たり入ったりを繰り返していましたが、その後は閉園時間まで展示場にずっと出ずっぱり。展示場の中をトコトコと元気に歩き回ります。

f0224624_7413868.jpg
穴掘りを始める「ワイン」。しかし、すぐにやめてしまいました。「ワイン」は穴掘りが苦手なんだそうです。

f0224624_7421287.jpg
なるほど、(場所が違うので、単純には比較できませんが)亡くなった「チューバッカ」や「ヒロキ」と較べると、穴掘りに気合いが入っていませんでしたね。

f0224624_742394.jpg
トコトコと歩いて近づいてくる「ワイン」。ふっくらと膨らんだような鼻が可愛いウォンバットです。来日した当初は、ややマゼンタっぽく光沢のある毛並みがワインの色のようだったそうです。

f0224624_743111.jpg
ちなみに、訪問した日の数日前にウォンバットの体重測定を実施していたようです。スタッフさんのブログ(→こちら)に抱っこされた3頭のウォンバットの写真が掲載されていました。こんな日に訪問してみたかったですね。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2015-09-21 08:25 | 五月山動物園 | Comments(0)