タグ:エミュー ( 14 ) タグの人気記事

東園を一巡り

f0224624_21262892.jpg
ニホンカモシカの親子を見た後、お昼頃に東園にたどり着くと、ミナミコアリクイがお食事中でした。
f0224624_21270135.jpg
木から降りてきて地面の上を歩き回った後、
f0224624_21273371.jpg
地面を掘り始めました。かなり深く掘っているようです。おいしいアリを見つけたのでしょうか?
f0224624_21281249.jpg
シマオイワワラビーはタワーの上に登っていました。箱の中にいる体が小さなワラビーが、今年の5月にお母さんの袋から顔を出した子どもであると思われます。
f0224624_21290917.jpg
エミューの放飼場の側を通ってカンガルーコーナーに入った後、カピバラ・ワラビー広場にたどり着くと、
f0224624_21303140.jpg
動物の逃亡防止のため二重になっている扉の間に、1頭のベネットアカクビワラビーが迷い込んでいました。どうやら、お腹が空いてきたらしく、笹の葉を食べるために扉の間に侵入してきたようです。
f0224624_21310960.jpg
両耳に青いイヤータグがついているので、ジニー」さんという名前のワラビーであるようです。その後、すぐにみんながいる場所に戻れたでしょうか?




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-08-05 22:13 | こども動物自然公園 | Comments(0)

エミューの「ミュウ」

f0224624_8402863.jpg
去年の3月に智光山公園こども動物園で生まれたエミューの子どもがこども動物自然公園に引っ越してきました。こども動物自然公園では、エミューは東園に2羽飼育されていますが、この子は飼育員さんが育てたことにより人によく慣れているため、ミニブタと一緒に、なかよしコーナーにある柵の中にいます。

f0224624_841077.jpg
エミューの子どもは、「ミュウ」ちゃんと名付けられました。智光山にいた頃(写真は→こちら)に較べて、身体が大分大きくなったような感じがしますが、まだまだ子どもの顔立ちです。

f0224624_84133100.jpg
よく慣れているというよりも、人間が大好きという様子で、柵の上に顔を出して見つめています。おとなしそうな子です。

f0224624_842213.jpg
しかし、野生動物ですから、絶対に人をつつかないというわけではないと思いますので、一応ご注意。(この写真は怖そうな感じですが、怒っている姿ではありません。暖かそうな春の日差しの中で、眠くなってきたらしく、あくびをしているだけです。)

f0224624_8423243.jpg
なかよしコーナーでは、ヒツジの赤ちゃんが生まれていました。1月24日に生まれたサフォーク種の「ココア」ちゃん(メス)と、

f0224624_843182.jpg
1月7日に生まれたコリデール種の「ミルク」ちゃん(オス)。こちらもかわいい子たちです。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2016-03-27 09:31 | こども動物自然公園 | Comments(0)

懐こいエミューの子

f0224624_10181665.jpg
3月の初めに生まれたエミューの子。

f0224624_10185360.jpg
とても人懐っこそうな子で、興味深そうに人に近づいてきます。

f0224624_10192728.jpg
それは、きっと、親鳥が抱卵しなかったため、ふ卵器で卵を温めて飼育員さんが育てたという事情からなのでしょう。

f0224624_1104873.jpg
孵化したばかりのエミューの雛は縞々模様ですが、雛鳥の成長は速く、すでに背中の模様は消えつつあります。

f0224624_10203273.jpg
もう少し早く会いたかったですね。(人懐こそうな子ですが、手を伸ばせばつつくかもしれません。一応ご注意!)


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2015-06-18 10:51 | 智光山公園こども動物園 | Comments(0)

木陰でシャワー

f0224624_522812.jpg
シャワーでできた水溜りの中に腹ばいになって身体を水に漬したり、

f0224624_542994.jpg
立ち上がって全身をプルプルと胴震いして水を跳ね飛ばしたり・・・を繰り返すエミューさん。

f0224624_554715.jpg
飼育員さんが設置してくれたシャワーの装置の下、木漏れ日の中での水浴を満喫しているようです。もう春ですね。


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2015-03-30 05:18 | 恩賜上野動物園 | Comments(0)

涼むエミュー

f0224624_4472132.jpg
日差しを避けて竹林の中で涼むエミュー。エミューに竹林・・・ミスマッチかなと思っていたのですが、

f0224624_4473622.jpg
この竹林の中は涼やかな感じで、エミューの避暑そして休息の場所になっていたのですね。


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2014-06-17 05:02 | 市川市動植物園 | Comments(0)

消えゆくしましま

f0224624_7165718.jpg
5月30日から6月5日に孵化した4羽のエミューの雛鳥たち。2か月ほど前に見たときにはまだ縞々模様だったのですが、

f0224624_7171847.jpg
2か月たって、顔の色が黒く変わって、胴体の縞々模様も薄くなり消えつつあります。

f0224624_7173361.jpg
1羽の雛鳥しか写っていませんが、4羽ともオス親に見守られて元気に育っているようです。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2013-09-07 23:59 | 多摩動物公園 | Comments(1)

エミューの子に餌やり

f0224624_547768.jpg
エミューの子は、瓜坊(縞)模様から写真のように真っ黒な毛色になって、その後に大人の羽毛に変わります。ちょっと怖そうな顔つきですが・・・餌やりできます。

f0224624_5474380.jpg
手のひらの上にはドライペレット(固形飼料)は1個だけ。ついばむ力が強いので、2個以上乗せると、ついばんだペレット以外のペレットを跳ね飛ばしてしまうようです。

f0224624_5484527.jpg
中には、ペレットをついばむのが下手な(手のひらをつつく)子もいるので、そんなときはペレットをプラスチックケースの中に入れて餌やりをする・・・という手もあります。



人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2013-08-15 23:59 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

「おかあさん」の頭

f0224624_18395489.jpg
エミューの「おかあさん」(←写真のエミューの愛称<個体名>です。)。パーマのように立った頭のてっぺんの羽毛がトレ-ド・マークです。



人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2013-01-12 18:51 | 羽村市動物公園 | Comments(0)

子どもの成長


f0224624_6312.jpg
今年の5月に見たとき縞々模様だったエミューの赤ちゃんは、

f0224624_643945.jpg
まだうっすらと縞模様の名残りがありますが、ほぼ全身黒っぽい色に変わっていました。

f0224624_65402.jpg
そのせいか、ちょっと怖そうな感じもしますが、一層人懐っこくなり、手から餌を食べます。硬めの頭の羽毛も、撫でると心地よい感じです。

f0224624_6103323.jpg
今は真っ黒な顔をしている11羽のエミューの子どもたち。大きくなれば、きっとこのような「黒の貴婦人」になるのでは?
by snowleopard2001 | 2010-09-22 06:29 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

縞々模様の赤ちゃん


f0224624_514188.jpg
ふれあい広場にある柵の中。ほぼ1年前に訪れたときには、この柵の中でダチョウの赤ちゃんが走り回っていましたが、今回いたのは縞々模様の赤ちゃん。エミューのヒナは親鳥の姿とはまったく違ったウリ坊模様です。

f0224624_5231581.jpg
柵の中に3羽、部屋内に5~6羽…3月中旬から4月中旬にかけて連続して生まれたヒナ鳥たち。エミューの場合、抱卵と育児は専ら父親の仕事(飼育下においては、母親が育児に参加することもあるようです。)ですが、ここでは人工保育で育てているようです。

f0224624_618202.jpg

by snowleopard2001 | 2010-05-25 05:52 | アドベンチャーワールド | Comments(0)