タグ:トキ ( 14 ) タグの人気記事

トキに会える動物園

f0224624_18093570.jpg
絶滅危惧種として日本や中国で手厚く保護されているトキ。いしかわ動物園では非公開の「トキ繁殖センター」で飼育していて、かつては剥製やビデオ映像でしか見ることができませんでしたが、去年の11月19日に「トキ里山館」がオープンして、餌をついばむ姿や飛び回る姿などをガラス窓越しに肉眼で見ることができるようになりました。佐渡島以外で一般公開されるのは初めてとのことで、トキの保護活動への理解を広めるのがねらいということです。
f0224624_18131000.jpg
トキの羽根の色は朱鷺色(淡い橙赤色)であるものと思い込んでいましたが、非繁殖期(8月~翌年1月)には全身ほぼ白色をしているそうです。そして、現在(3月)は繁殖期にあたっていて、この時期には頸部からの黒い皮膚脱落物を自分の羽に塗りつけるため、上半身(頭、翼、背など)の羽根の色は灰黒色になっています。灰黒色に変身するのは、繁殖期という大事な時期に、外敵から見つかりにくくするためであるといわれています。
f0224624_18135280.jpg
朱鷺色と呼ばれる独特の色をしているのは翼や尾羽などの裏側であり、飛んでいる姿を下方から仰ぎ見たときなどに朱鷺色の羽根の色を見ることができるのだそうです。
f0224624_18105625.jpg
「トキ里山館」の展示場には、2001年生まれのオス(後方)と2003年生まれのメス(手前)の1ペアが展示されていました。以前は、5羽のトキを一緒に展示していたようですが、ペアが繁殖に専念できるようにするため、ペア以外のトキは別の場所に移動させたようです。左足に青と白の足環をつけているのがオスで、右足に黄色の足環をつけているのがメスです。
f0224624_18114426.jpg
展示場には、棚田風の湿地や樹木など、里山の環境が再現されていました。池の中に入って餌をついばむ(?)オスのトキ。
f0224624_18122949.jpg
そして、枯葉がたくさん溜まっている場所にいたメスのトキ。ここに巣を作るつもりなのでしょうか?「トキ里山館」には、展示場の他に学習展示コーナーが設けられていて、本物のトキの羽根に触ったりできる体験型の展示など、トキの生態から歴史まで、楽しみながら学ぶことができるようになっています。



人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-03-21 19:53 | いしかわ動物園 | Comments(0)

今年も孵化しました。

f0224624_7373486.jpg
今年もウォークインバードケージでクロツラヘラサギの雛鳥が誕生しました。

f0224624_73834100.jpg
雛鳥は3羽くらい誕生しているようです。そして、まだ抱卵中の鳥が2羽くらいいるようですので、これからも生まれそうです。

f0224624_738176.jpg
親鳥の口の中に嘴を差し入れて、元気に食物のおねだり。

f0224624_7393299.jpg
ウォークインバードケージではツクシガモの雛も誕生していました。

f0224624_739638.jpg
5月31日に孵化したばかり雛鳥たち。まだヒヨコという感じですが、飲料用の水の中で一丁前に泳いでいます。

f0224624_74043.jpg
ニホンコウノトリの子育てエリアでも雛鳥が誕生していました。写真は5月20日に孵化した雛鳥とその親。他に5月2日に孵化した雛鳥もいるようです。

f0224624_7403149.jpg
育雛(すう)舎では5月10日にナベコウの雛鳥が2羽生まれています。雛鳥の成長は速いので、雛鳥、そして子育ての様子を見るならお早目に・・・。


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2015-06-06 08:24 | 多摩動物公園 | Comments(0)

ウォークインバードケージ

f0224624_5305426.jpg
アジア園にある「ウォークインバードケージ」。クロトキたちが高所にある巣を独占しているためか、地面近くの植え込みの中に営巣しているクロツラヘラサギたちに雛鳥が誕生(孵化)していました。

f0224624_529276.jpg
親鳥と違って、まだ顔やくちばしの色はクリーム色。小さいながらも、くちばしの先端が少し膨らみかけていてヘラ状になっているのが可愛らしいです。

f0224624_674779.jpg
通路のすぐ傍に営巣しているので、鳥たちを驚かせないようにご注意ください。

f0224624_5313254.jpg
そして、「ウォークインバードケージ」の中にいるシジュウカラガンのカップルにも赤ちゃんが2羽誕生していました。

f0224624_6233499.jpg
親鳥の後ろについてちょこちょこ歩き回ります。


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2011-06-06 23:59 | 多摩動物公園 | Comments(0)

こんな格好で…失礼します


f0224624_849495.jpg
昨日も暑い日でしたね。動物たちも暑い日はあまり動きたくないようで…、ライオンも、

f0224624_850647.jpg
ツキノワグマも暑さでぐったりの様子。

f0224624_8505497.jpg
ショウジョウトキも餌入れの中で、こんな格好で…失礼します。(ショウジョウトキについては、暑さにバテているのではなく、翼を拡げて日光浴をしているのかもしれませんが…。)
by snowleopard2001 | 2010-09-05 09:00 | 宇都宮動物園 | Comments(0)

紅葉色

f0224624_6352357.jpg
雨上がりに翼を拡げて乾かすショウジョウトキ

f0224624_6355168.jpg
今日から11月。そろそろ紅葉の季節です。



人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2009-11-01 06:33 | 日本平動物園 | Comments(0)

バードパラダイス

f0224624_21123970.jpg
鳥たちの森「バードパラダイス」内で飼育されている多彩な鳥たち。ホオジロカンムリヅル

f0224624_21131747.jpg
マナヅルが翼を広げて歓迎(?)してくれました。

f0224624_21141131.jpg
ちょうど朝の餌の時間に訪問したためか、樹上から舞い降りてきたクロトキ

f0224624_21153881.jpg
これは確か上野動物園(東京都)でも見かけたような記憶があるハゲガオホウカンチョウ。名前の由来は、目の周りに羽毛がなく皮膚が裸出しているためですが、ハゲという印象ではありませんね。

f0224624_2114485.jpg
そして、「バードパラダイス」の主(ぬし)。ハシビロコウの「ビル」お爺さん。寝部屋で休息していることもあり、遭遇度が低いのだそうですが、今年も会うことができました。しばしの間、傍で(2mくらい離れて)ご一緒させてもらいました。



人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本年もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2008-12-25 21:11 | 伊豆シャボテン公園 | Comments(0)

フライングケージ

f0224624_14551422.jpg
特に珍しい鳥ではないのかも知れません。多摩動物公園でも見かけたことがあるような気がします。フライングケージの中の池の端に1羽たたずんでいる、ケージ内にいる他の鳥とは異なる柔らかな色彩(ピンク色)のベニヘラサギに、つい見とれてしまいました。

f0224624_14553033.jpg
ヘラサギは、名前は「サギ」ですが、コウノトリ目のサギ科ではなくトキ科に分類される鳥です。



人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2008-10-23 14:55 | 日本平動物園 | Comments(0)

晴れた日には

f0224624_7293754.jpg
ここは小動物園のフライングケージの中。晴れた日の朝にはシロトキも、

f0224624_7301170.jpg
ムギワラトキも遊歩道の手すりの上に止まって、翼を広げて虫干し中。

f0224624_730984.jpg
天敵となる動物が入ってこれない環境だからでしょうか。遊歩道の上で無防備に翼を広げて横たわり、日光浴している鳥もいますので、踏みつけないようにご用心!



人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2008-10-05 07:27 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

人工給餌

f0224624_19231023.jpg
6月1日からアジアの沼地にある「ウォークインバードケージ」の制限公開が解除され、初めて中に入りました。

f0224624_19233074.jpg
入口のところには、クロツラヘラサギやウズラなどのヒナが保温器に入って展示されており、1日に2回程度、クロツラヘラサギのヒナへの人工給餌を見せてくれます。写真の針のない注射器のようなものが給餌器で、中に緑色の餌が入っています。この後、小魚も与えていたようです。

f0224624_19235349.jpg
「もっと餌を頂戴!」と、飼育員さんの手をツンツンつついて催促するクロツラヘラサギのヒナ鳥。頭を上下に振っておねだりする姿が可愛いです。

f0224624_19241262.jpg
「ウォークインバードケージ」の中には成鳥が放し飼いされています。成鳥になると、その名のとおり顔が真っ黒に・・・。



人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2008-06-05 19:21 | 多摩動物公園 | Comments(0)

パン挟み

f0224624_19195777.jpg
ヘラサギは名前は「サギ」でも「トキ」の仲間。このアフリカヘラサギも、くちばしが細ければシロトキにそっくりです。

f0224624_1920835.jpg
へら(しゃもじ)というよりは、パン挟みのようなくちばし。赤いふちどりがちょっとおしゃれ(?)な感じです。

f0224624_19201819.jpg
水浴びの後、しずくを拭うためでしょうか、しきりに羽根をぱたつかせていました。


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2007-05-20 19:18 | 恩賜上野動物園 | Comments(0)