暑い日には滝の側で

f0224624_15101282.jpg
シカの中ではヘラジカについで2番目に体が大きなワピチ(アメリカエルク)は1頭だけでも迫力がありますが、群馬サファリパークでは群れを見ることができます。

f0224624_15135720.jpg
アメリカゾーンにある滝の側の水場に集まってきたエルクたち。

f0224624_15154999.jpg
滝のすぐ側ですごして涼しそうな様子です。

f0224624_15201523.jpg
エルクに一番よさそうな場所を占拠された(?)アメリカバイソンたちは、その隣にある水溜りの中に固まっていました。

f0224624_15232695.jpg
この日は雲ひとつない上天気。午前中から日差しが強く暑い日でした。

f0224624_15285014.jpg
アジアゾーンにいる2頭のスマトラゾウ。スマトラゾウは、インドネシアのスマトラ島のみに生息するアジアゾウの亜種で、国内では群馬サファリパークでのみ飼育・展示しています。左側に見える牙のある方がオスの「アスワタマ」くんで、右側にいるのがメスの「イダ」さんです。

f0224624_15502236.jpg
園のあちらこちらで、春に生まれた動物の子どもたちが育っています。ニホンジカの子どもは只今授乳中。

f0224624_15522170.jpg
アフリカスイギュウの子どもは自動車が近づいてくるとお母さんとおぼしきスイギュウの側に一時避難。この他にヒトコブラクダやアメリカバイソンなどの子どもが育っているようです。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2016-06-17 15:58 | 群馬サファリパーク | Comments(0)


<< 緑の中の「ミルチャ」 「ユウカ」と「キョウコ」の来園 >>