かみね動物園のライオン一家

f0224624_19505097.jpg
お昼寝から覚めて咆哮を続けるライオンの「きぼう」くん(2011年3月16日生まれ)。
f0224624_19513885.jpg
「きぼう」と一緒に展示場に出ていたのは、妹の「オーちゃん」(2012年8月18日生まれ)です。
f0224624_19523321.jpg
今回も、「きぼう」が起き出すと、近づいてきて頭を摺り寄せ、仲のよいところ見せてくれました。
f0224624_19533617.jpg
そして、すぐにまた眠りにつく「きぼう」。前回の訪問時には「きぼう」と「オーちゃん」が閉園時間まで展示場に出ずっぱりだったので、今回も多分同じだろうと思い込んで油断してしまいました。他の動物を見に行っている間に交代で寝室に帰ってしまい、「きぼう」の恰好いい姿を撮り損ねてしまったのです。
f0224624_19543040.jpg
午後から交代で展示場に出てきた「バルミー」さん(2007年8月12日生まれ)。「きぼう」くんや「オーちゃん」、「ジュン」ちゃん、宇都宮動物園にいる「ミミー」さん、ズーラシアにいる「ニノ」ちゃん、遊亀公園附属動物園にいる「ショウコ」ちゃんなどのたくさんの子どもがいるグレートマザーです。夏頃には餌を食べなくなって治療を受けているというニュースを見ていたので、元気そうな姿を見ることができうれしいです。
f0224624_19550974.jpg
「バルミー」母さんと一緒に展示場に出ていたのは、娘の「ジュン」ちゃん(2012年8月18日生まれ)です。
f0224624_19555755.jpg
「バルミー」(右)に甘える「ジュン」(左)。「ジュン」は、ずっとお母さんと一緒に暮らしているせいか、「オーちゃん」などに較べると子どもっぽいような感じがしました。
f0224624_19564004.jpg
「バルミー」母さんが眠っている間、お立ち台に上がって、上からぶら下がっている紐を齧ったり引っ張ったりした遊ぶ「ジュン」です。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-09-26 11:52 | かみね動物園 | Comments(2)
Commented by a_k-☆ at 2018-02-15 23:47 x
きぼうくんのタテガミ、ずいぶん立派になったんですね。
ショウコちゃんの子ども時代を発掘しました。
まだきぼうくんのタテガミはトップが生えそろわず、ホヤホヤしていました。
かみねの展示は比較的写真が撮りやすくて、たくさん撮っていたのでライオン祭りになりました。
Commented by snowleopard2001 at 2018-02-16 12:07
a_k-☆ 様

かみね動物園には、震災直後の2011年の春に行った後、2014年の夏頃まで行っていなかったので、ショウコちゃんたち4姉妹の子ども時代の姿は初めて見ました。きぼうくんの鬣もまだ短かったのですね。興味深く見ました。

コメント、ありがとうございます。


<< アライグマは洗わない キリンと神出鬼没の鳥 >>