めんこい「スカイ」

f0224624_12493635.jpg
ユキヒョウの「スカイ」くん。アムールヒョウの「コロン」ちゃんと交代で屋外展示場(外パドック)に出ていて、3月31日(土)には「スカイ」は室内展示場の中にいました。(現在は、月・木・日には「スカイ」が、水・金・土には「コロン」が屋外展示場に出ているようです。なお、火曜日は休園日です。)
f0224624_12495806.jpg
そのため、屋外展示場の中を元気に歩き回っている「スカイ」の姿を見ることはできませんでしたが、照明が暗い室内展示場の中にいるため瞳が丸く大きく拡がっていて、いつもよりも幼い感じがするかわいらしい顔立ちの「スカイ」を見ることができました。
f0224624_12502419.jpg
「スカイ」は、午前中は室内展示場のガラス窓の側で眠っていましたが、午後になって起きてきて展示場の中を歩き回り始めました。
f0224624_12504761.jpg
「スカイ」は、2011年5月25日に多摩動物公園で誕生したユキヒョウの三つ子のうちの1頭です(他の2頭は、多摩動物公園にいる「アサヒ」ちゃんと、トロント動物園に移動した「エナ」ちゃんです)。
f0224624_12511294.jpg
2013年3月8日にいしかわ動物園に移動してから5年が過ぎました。いしかわ動物園の屋外展示場で見る「スカイ」は成長すると共にキリリとした大人っぽい顔立ちになってきていますが、
f0224624_12513771.jpg
室内展示場で見るめんこい「スカイ」は、多摩動物公園にいた頃のまだやんちゃな子どもだった「スカイ」を懐かしく思い出させてくれます。





人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-04-04 13:54 | いしかわ動物園 | Comments(2)
Commented by a_k-☆ at 2018-04-14 16:41 x
石川行かれたんですね。
こんなに黒目がちなユキヒョウは、見た事がないかも。
カワイイですね。

先日桐生のファミリーに会ってきました。
ずいぶん大きくなって、もうみんなでジャレるには狭い感じでした。
そのせいかみんなまったりして、暮れのように親子で遊ぶ姿はあまりなく残念でした。
新しいライオン舎も、子どもが増える事まではみこしてなかったようです。
そろそろ誰か転園してしまうのでしょうかね。
Commented by snowleopard2001 at 2018-04-15 10:02
a_k-☆ 様

いしかわ動物園は、ユキヒョウのスカイを見るために年1回程度行っています。
冬に行くことが多いのですが、今年は北陸地方に大雪が降ったため、春になってしまいました。

スカイは黒目がちでかわいいですが、本文にも書いたとおり、暗い室内展示場にいたためで、屋外展示場にいるときはもっと精悍そうな顔立ちをしています。
以前、円山動物園でユキヒョウのシジムを見たときに黒目がちでかわいいと思ったのですが、これも屋内展示場にいたからではないかと思っています。

桐生が岡動物園の子ライオンたちは、去年の大晦日に見たのが最後ですが、随分と大きくなってきているんでしょうね。
子どもたちが大きくなってくると、あの展示場で親子5頭の同居は狭いですね。
そして、いずれはチャコとオスっ子のオリトは一緒に出すことができなくなるとでしょうし、寝室も最低でも3部屋ないとダメでしょうし・・。
狭そうですが、室内展示場を有効に活用しないといけないようですね。
子ライオンの移動もあるかもしてませんね。子ライオンの誕生はうれしいことですが、いろいろとたいへんそうな感じもします。

コメント、ありがとうございます。


<< レッサーパンダお食事中 「ジャンプ」と「マリ」 >>