ガラス展示場の「コボ」

f0224624_06215968.jpg
ユキヒョウの「フク」ちゃんと「ミミ」母さんが大放飼場に出ている間、ガラス展示場の中にいた「コボ」くん。「コボ」は「フク」のお父さんです。
f0224624_06222471.jpg
展示場の中央にある青草の茂みの中に座って、毛づくろいをしたり舌なめずりしながら、のんびりとして暮らす「コボ」。
f0224624_06225039.jpg
2015年12月17日にカナダの動物園から多摩動物公園に来園した当時は2歳と6か月だった「コボ」も、もう5歳と4か月になっています。
f0224624_06231573.jpg
広い大放飼場で動きまわる「コボ」の姿を目にすることができるのは、いつのことでしょうか?




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-18 07:01 | 多摩動物公園 | Comments(2)
Commented by funfunniconico at 2018-10-18 16:34
こんにちは。
ユキヒョウ、私はテレビでしか見たことありません。
たしか、手足がすごくガッシリしているんですよね。
間近で観たら、
ドキドキするくらい魅力的なのでしょうね。

私の拙いブログにコメントありがとうございました。
Commented by snowleopard2001 at 2018-10-23 22:34
funfunniconico 様

短足胴長ですよね!
でも動きがよいのです。

コメントありがとうございます。


<< 観察展示室の動物たち かわいい小さな動物たち >>