2018年 02月 05日 ( 1 )

ナマケモノはお食事中

f0224624_06063992.jpg
午後3時頃に動物科学館の中にあるバードホール(温室)に入ると、ちょうど、フタユビナマケモノが木陰から出てきてお食事中でした。
f0224624_06065646.jpg
キュウリを食べているのが「おばあちゃん」の愛称で親しまれている推定30歳の母親で、そのお腹の上に乗っているのが去年の5月30日に生れた子どもの「テラス」ちゃん。「テラス」にはギリシャ語で「奇跡」という意味があるそうです。フタユビナマケモノの寿命は30~40歳とされており、その30歳は人間でいうと60歳くらいに相当するのだそうで、世界でもあまり例のない超高齢出産。しかも、「おばあちゃん」が赤ちゃんを産んだのは25年ぶりなのだそうです。まさに「奇跡の誕生」だったようです。
f0224624_06071214.jpg
省エネ型のフタユビナマケモノは食べるのがゆっくり。そして、少食であるようです。「おばあちゃん」は、キュウリとリンゴを食べただけで木陰に帰って行きました。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-02-05 07:03 | 千葉市動物公園 | Comments(0)