2018年 06月 15日 ( 1 )

フンボルトペンギンとフェアリーペンギン

f0224624_16110635.jpg
葛西臨海水族園の屋外にあるプールではたくさんのフンボルトペンギンが泳ぎ回っていました。
f0224624_16114003.jpg
ペンギン・プールは上方から覗き見る形式ですが、プールの側にある階段を降りていくと、フンボルトペンギンが水中を泳ぐ姿を大きなガラス窓を通して見ることができます。
f0224624_16121206.jpg
右に左に、隊列を組んで一斉に泳ぎ回るフンボルトペンギンたち。
f0224624_16124811.jpg
そして、網で囲まれているプールの一角には小さなペンギンたちが泳いでいました。ずいぶんたくさんのフンボルトペンギンの赤ちゃんが誕生しているんだなぁ…と思って見ていたら、
f0224624_16132485.jpg
フンボルトペンギンの赤ちゃんではなく、フェアリーペンギンでした。フェアリーペンギン(コガタペンギン)は体長が40㎝くらいで、ペンギンの中では最も小さな種類です。国内では、葛西臨海水族園の他、八景島シーパラダイスと長崎ペンギン水族館で飼育・展示しているそうです。
f0224624_16140370.jpg
フェアリーペンギンは、小さな翼をパタつかせながらプールの水面を元気そうに泳ぎ回ります。





人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-06-15 16:48 | 葛西臨海水族園 | Comments(0)