カテゴリ:千葉市動物公園( 80 )

秋の草原ゾーン

f0224624_15041196.jpg
10月上旬の草原ゾーン。秋晴れの空の下、ゾーンにある丘の頂上に立つメスのダチョウ
f0224624_15051436.jpg
芝生の色は、夏の暑い頃のような濃い緑色ではなく、秋めいてきたような色に変わってきているようです。こちらを見つめているメスのシタツンガ
f0224624_15074313.jpg
4頭のシタツンガたち。灰褐色の体色をしているのがオスで、明るい褐色をしているのがメスのシタツンガです。
f0224624_15062977.jpg
丘の上にいたホウジロカンムリヅル
f0224624_15070725.jpg
いつも一緒にいるもう1羽のホウジロカンムリヅルは、池の端に降りてきて水を飲んでいました。
f0224624_15105798.jpg
水辺で暮らす習性があるシタツンガが池の中に入ってきました。
f0224624_15092538.jpg
日が傾いてきてシタツンガが寝室に帰っていった後、ハゴロモヅルが1羽、夕陽を浴びた芝生の上に残って寝室への収容を待っていました。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-12 15:57 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

2頭のオスライオン

f0224624_16504607.jpg
ガラス展示場の中にいるライオンの「アレン」くん。
f0224624_16510857.jpg
朝一番に展示場に到着すると芝生の上にゴロンと横になって眠っていましたが、やがて起きだしてグルーミングを始めました。
f0224624_16513078.jpg
ペロペロ、ペロペロ。大事なところは丁寧に、そして特に念入りに!
f0224624_16515117.jpg
屋外展示場(モート展示場)にいる「トウヤ」くん。壁際の日の当たる場所で眠っていましたが、夕方が近づいてきた頃に眼を覚ましました。
f0224624_16521045.jpg
地面の上でゴロンゴロンと転がった後、伸びをして立ち上がって、歩き出しました。
f0224624_16522911.jpg
いつもいる展示場の中央にある草むらにゆったりと座って、辺りを見回す「トウヤ」です。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-09 17:12 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

草原ゾーンの小さなミーアキャット

f0224624_07092629.jpg
大きな動物たちがいる草原ゾーンで暮らしている小さなミーアキャット
f0224624_20090948.jpg
立ち上がって見張り中。
f0224624_07103777.jpg
小石で遊ぶミーアキャット。
f0224624_07111283.jpg
後ろに土を飛ばして穴掘り中。
f0224624_07115188.jpg
カラスが飛んできたのか地面に伏せて空を見上げるミーアキャット。
f0224624_07122834.jpg
展示場の中をちょこちょこと走り回ります。
f0224624_07130470.jpg
小さな体で元気に動き回る草原ゾーンのミーアキャットです。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-08 07:33 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

鳥類・水系ゾーンで暮らすギンケイ、コジュケイなど

f0224624_07582268.jpg
鳥類・水系ゾーンにあるキジやジュケイなどを展示しているケージの中にいる鳥たち。ウロコ模様の羽が美しいギンケイ(オス)。
f0224624_07584862.jpg
他の鳥たちと較べて体が小さく可愛らしいコジュケイ
f0224624_07591478.jpg
首から下の鮮やかな赤色と地位様白斑模様がきれいなヒオドシジュケイ(オス)。
f0224624_07593870.jpg
ヒオドシジュケイ(メス)。キジ科の鳥などのメスは一般に地味な色彩をしていますが、この地味な模様や色彩も捨てがたいものです。
f0224624_08003184.jpg
光沢がある青、紫~緑色の目玉模様があるハイイロコクジャク(オス)。
f0224624_08010249.jpg
日本に生息している鳥も展示されていました。二ホンキジ(オス)。
f0224624_08012810.jpg
ギンケイですと美しい尾羽、ハイイロコクジャクですと眼玉模様がある飾り羽(上尾筒)などもフレームに入れて撮りたいところでしたが、この日の鳥たちは金網の近くにいたこともあって、全身写真にすると金網が写り込んでしまうことなどの理由から断念しました。日を改めて再度狙ってみたいと思います。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-07 09:03 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

緑の芝生と動物たち

f0224624_13592339.jpg
草原ゾーンで暮らしている動物たち。キリンの「ヨウタ」くん。
f0224624_14000153.jpg
緑の芝生の上を駆け降りてくるメスのダチョウ
f0224624_13584102.jpg
なかよく並んで歩く2羽のホウジロカンムリヅル
f0224624_13581937.jpg
なかよく並んで歩くシロオリックスの「ラザ二ア」さん(右)と「ビビ」ちゃん(左)。
f0224624_13590183.jpg
暑い季節には、シタツンガたちがよく水浴をしています。
f0224624_14003305.jpg
やがて、日が傾いてきて、寝室の方に帰っていくオスのシタツンガ。
f0224624_14005434.jpg
シタツンガたちは緑の芝生の上にたたずんで、寝室に収容されるのを待っています。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-08-08 14:37 | 千葉市動物公園 | Comments(2)

暑き日のライオンたち

f0224624_15391185.jpg
ガラス展示場の窓際に座って夏の暑さを凌いでいるライオンの「アレン」くん。
f0224624_15394708.jpg
コンクリートの壁によって直射日光が遮られているようであり、隣にある屋外展示場よりも涼しそうで快適そうな環境です。
f0224624_15402633.jpg
いつもは屋外展示場の中央部で横になって眠っていることが多い「トウヤ」くんは、暑いからか、壁際の階段の上で休んでいました。
f0224624_15410462.jpg
しかし、屋外展示場には日陰となる場所がなさそうなのが少しお気の毒。日陰があった方がいいのではないでしょうか?荒々しい風貌の「トウヤ」です。
f0224624_15421548.jpg
今年の6月に閉鎖された「家畜の原種ゾーン」があった場所には2020年にチーターやハイエナなどが展示される予定になっています。あくまで完成予想図であってこの図のとおりになるとは限らないのかもしれませんが、チーターやハイエナなどの展示場のイラストが掲示されていました。
f0224624_15413826.jpg
この図の左下の部分がハイエナの展示場、左中央の部分がチーターの展示場、右中央の部分がシマウマの展示場、そして、右端の部分が現存のライオンの展示場なのでしょうか?あくまでも想像ですが…。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-08-07 16:25 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

ミーアキャットの展示場がリニューアルオープン

f0224624_17094305.jpg
千葉市動物公園のミーアキャットの展示場が先月の28日にリニューアルオープンしました。
f0224624_17101464.jpg
草原ゾーンにあるダチョウ山を借景にした広くて見晴らしがよい展示場です。以前の展示場の3倍の広さだそうです。
f0224624_17104945.jpg
ミーアキャットの頭数も5頭から9頭に増えました。
f0224624_17112627.jpg
立ち上がって見張りをするミーアキャット。
f0224624_17120612.jpg
砂まみれになって穴掘りをするミーアキャット。
f0224624_17124262.jpg
展示場の周りからミーアキャットたちのいろいろな姿を見ることができます。
f0224624_17131850.jpg
そして、ミーアキャットたちは広くなった展示場の中を走り回っていました。
f0224624_17135325.jpg
新展示場で暮らす元気なミーアキャットたちです。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-08-05 17:33 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

オランウータンとゴリラ

f0224624_14102694.jpg
5月17日にボルネオオランウータンの「ナナ」さんが繁殖のためにズーラシアに移動した後、6月25日に日本平動物園から「キャンディー」さんが来園しました。「キャンディー」はまだ検疫中だということですが、この日は屋内展示室に出ていました。
f0224624_14105319.jpg
屋外展示場に出ていたオスの「フトシ」くん。金網の側にいてずっと外を眺めていたようです。「キャンディー」となかよくできるといいですね。
f0224624_14111254.jpg
ニシローランドゴリラの「モンタ」くん。午前中やお昼過ぎには日差しを避けて岩陰で休んでいましたが、閉園時刻が近づいてきた頃に展示場の手前の方に出てきました。
f0224624_14112844.jpg
暑い夏はまだまだ続きそうです。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-08-02 14:41 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

鳥類・水系ゾーンにいる鳥たち

f0224624_13430089.jpg
鳥類・水系ゾーンにいる鳥たち。ハシビロコウの「しずか」さん。
f0224624_13434637.jpg
このゾーンには、ハシビロコウの他にも、個性的で素敵な鳥がたくさん展示されています。
f0224624_13440982.jpg
顔盤がパラボラアンテナのように見えるカラフトフクロウ
f0224624_13444210.jpg
日本では天然記念物に指定されているイヌワシ
f0224624_13451471.jpg
喉の肉垂を広げ耳状に伸びる肉質の角を立ててディスプレイ(求愛)している姿をいつか見てみたいヒオドシジュケイ
f0224624_13454206.jpg
少し離れた場所(草原ゾーンの中かな?)にいるアフリカハゲコウ。頭の羽毛がいつもよりもふさふさとしているような感じがします。
f0224624_13460590.jpg
見分けがつきませんが、オスの「アフロン」くんとメスの「アフリン」さんの2羽が暮らしています。





人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-05-03 14:29 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

「ヨウタ」と「ビビ」

f0224624_23033065.jpg
見つめ合うキリンの「ヨウタ」くんとシロオリックスの「ビビ」ちゃん。
f0224624_23035409.jpg
「ヨウタ」(左)は、年上のキリンの「サツキ」さん(右)と暮らしていますが、「ヨウタ」が性急すぎるからなのか、「サツキ」に逃げられてしまうことが多いようで、なかなか恋が実りません。
f0224624_23042899.jpg
「サツキ」に逃げられてしまった後、隣の展示場にいるシロオリックスに近づいていく「ヨウタ」。
f0224624_23052053.jpg
シロオリックスは、「ラザニア」さん(1997年4月8日生まれ、メス)と
f0224624_23054391.jpg
「ビビ」ちゃん(2015年6月14日生まれ、メス)の2頭いますが、「ヨウタ」がご執心なのは、年齢が近い若い「ビビ」の方です。
f0224624_23060488.jpg
しかし、キリンの展示場とシロオリックスの展示場は高い柵で仕切られていて、「ヨウタ」の長い首をもってしても、「ビビ」の角の先にやっと舌先が届く程度であることが、「ヨウタ」の悩みの種(?)であるようです。





人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-04-28 23:40 | 千葉市動物公園 | Comments(0)