カテゴリ:こども動物自然公園( 94 )

3頭のマヌルネコ

f0224624_11062601.jpg
こども動物自然公園のマヌルネコたち。午前中は暑かったからか、展示室の棚の上などで休んでいました。「オリーヴァ」さん。

f0224624_11065434.jpg
「プリームラ」さん。
f0224624_11072576.jpg
そして、「ロータス」くん。
f0224624_11074528.jpg
マヌルネコ舎の左側の展示場には2017年4月20日に生まれた兄弟(姉妹)のうちのメスの個体が、右側の展示場にはオスの個体が出ていました。ただし、「グルーシャ」くんはすでに旭山動物園に移動していて、右側の展示場にいたのは「ロータス」のみです。
f0224624_11082521.jpg
帰りがけにまたマヌルネコ舎に立ち寄ると、眼を覚まして活動を開始していました。あくびをする「プリームラ」。
f0224624_11085459.jpg
伸びをする「オリーヴァ」。
f0224624_11091532.jpg
元気に活動開始。展示場の中を歩き回ります。
f0224624_11095593.jpg
「ロータス」も展示室の床の上に降りていて、こちらを見上げていました。「タビー」さんには、今回も会えませんでした。元気でいてくれるといいのですが…。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-27 11:44 | こども動物自然公園 | Comments(0)

コアラの「シャイン」くん

f0224624_09263673.jpg
去年の8月31日に生まれたコアラの「シャイン」くん。「シャイン」という名前は「なかなか顔を見せてくれないシャイなところ」から名づけられたのだそうですが、この日は「シャイン」のみが起きていて、木の枝の上を動き回っていました。

f0224624_09265511.jpg
おいしそうなユーカリの葉っぱを見つけた!
f0224624_09271550.jpg
ユーカリの葉っぱを口に咥えて、かわいいウインク!
f0224624_09273479.jpg
ユーカリの葉っぱをむしゃむしゃと食べ続ける「シャイン」。お腹が空いていたのでしょうか?
f0224624_09275545.jpg
やがて、ユーカリの葉っぱの交換の時間が来て、お母さんの「クイン」さん(右)や、他のコアラたちも目を覚まし始めました。
f0224624_09281986.jpg
コアラ舎の通路は涼しかったけれども、外はうだるような暑い日でした。ミナミコアリクイは、洗濯物のような姿で木に引っかかって眠っていました。
f0224624_09284050.jpg
暑さのため、コアラたちがいる東園から正面玄関まで歩くのが辛そうだったので、園内を一周するSL型のバス「彩ぽっぽ」に初めて乗車しました。
f0224624_09292211.jpg
「シカとカモシカの谷」の出口近くにある道路では、歩く人がほとんどいないからか、園内で放し飼いになっているマーラが歩き回っている姿が、車窓から見えました。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-26 10:11 | こども動物自然公園 | Comments(0)

プーズーっ子「ジュン」くん

f0224624_11472092.jpg
6月2日にプーズーのオスの赤ちゃんが誕生しました。プーズーは、おとなでも体長が70~83㎝(93㎝の説もあります)くらいしかないという世界最小のシカです。
f0224624_11475616.jpg
赤ちゃん(右)は、6月生まれなので「ジュン」くんと名づけられました。赤ちゃんのお母さんは「スミレ」さん(左)です。
f0224624_12100832.jpg
赤ちゃんは木の葉を食べています。
f0224624_11483737.jpg
まだまだ人間を警戒しているのか、赤ちゃんは、屋内展示室の隅っこの方に隠れてしまいましたが、
f0224624_11491322.jpg
すぐにお母さんが近づいてきて、背中をペロペロと舐めてやっていました。去年(→こちら)に続いて2回目の出産なので、落ち着いて育児をしているようです。
f0224624_11494980.jpg
こども動物自然公園では、「ジュン」くんを除いて5頭のプーズーを飼育しています。
f0224624_11502320.jpg
屋外展示場には、1頭のオスのプーズーが出ていました。プーズーは、オスのみ、頭部に枝分かれがない10㎝ほどの角が生えますが、このプーズーはまだ角がとても小さいので、去年生まれた「ラピス」くんではないかと思われます。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-25 12:49 | こども動物自然公園 | Comments(0)

二ホンカモシカっ子「モモ」ちゃん

f0224624_05103689.jpg
二ホンカモシカの「ナデシコ」さんが6月17日に赤ちゃんを出産しました。
f0224624_05111614.jpg
赤ちゃんのお父さんは「クロベ」くんで、「ナデシコ」と「クロベ」のカップルにとっては去年生まれた「サツキ」ちゃんに次ぐ第2子です。
f0224624_05115594.jpg
今年生まれた赤ちゃんは女の子で、「モモ」ちゃんと名づけられました。「モモ」ちゃんは、最初は警戒していたのか、展示場の奥の方にいましたが、
f0224624_05123204.jpg
やがて、手前の方に出てきて、展示場の中を走り始めました。
f0224624_05130726.jpg
とても元気そうな赤ちゃんです。
f0224624_05135009.jpg
「ナデシコ」と「モモ」の親子は、谷間の放飼場ではなく、寝室の側にある展示場(パドック)の中にいます。ただし、寝室の陰にいて、姿が見えないときもあるようです。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-23 08:12 | こども動物自然公園 | Comments(0)

マヌルネコの5兄妹

f0224624_21285215.jpg
4月20日に生まれたマヌルネコの5兄妹。最初の写真はグルーシャ」くん(オス)。
f0224624_21293551.jpg
次は、「イーリス」くん(オス)。5兄妹を見分ける方法は、額の模様の違いしかないようですので、顔よりも模様が分かるような写真を選びました。
f0224624_21301933.jpg
「ロータス」くん(オス)。この日は、この子が一番活発に展示場の中を動き回っていたようでした。
f0224624_21310072.jpg
おとなしそうな感じで、寝室からなかなか出てこない子がいました。金網越しなので模様がよく分かりませんが、この子がたぶん「オリーヴァ」ちゃん(メス)。
f0224624_21314513.jpg
そして、プリームラ」ちゃん(メス)。まだまだ個体識別に自信がありません。誤りがありましたら、お知らせいただけるとありがたいです。
f0224624_21322332.jpg
最後の写真は、5兄妹の父親の「レフ」くん。単独で隣の展示場に出ていたので、「レフ」だけは間違いがないはずです。


<2017.12.04追記>「オリーヴァ」については、金網越しの写真を掲載しましたが、展示場の手前の方に出てきていました。怒っているような顔ですが、この写真の方が分かりやすいと思います。
f0224624_22115414.jpg




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-12-04 07:38 | こども動物自然公園 | Comments(0)

コアラの「ニーナ」

f0224624_14505921.jpg
くりくりとしたおめめがかわいい「ニーナ」ちゃん。去年の9月27日に生まれたコアラの女の子です。お母さんの育児嚢から顔を出したのは、今年の3月9日だそうです。
f0224624_14512724.jpg
お母さんと離れて、ひとりで木の枝の上にいましたが、
f0224624_14514816.jpg
木の枝を渡って、別の木の枝の上にいるお母さんの「ドリー」さんのおなかにくっつきました。母さんの育児嚢の中が恋しくなってきたのかなぁ?
f0224624_14520951.jpg
その後、お母さんがユーカリの葉を食べに別の木の枝の上に行ってしまうと、木の枝を登ってお母さんを追いかけていく「ニーナ」。
f0224624_14523612.jpg
でも、追いかけている途中で間違ってしまったのかなぁ?「ニーナ」の上にいる後ろ向きのコアラは、お母さんではないようですが・・。
f0224624_14525684.jpg
かわいい「ニーナ」ちゃん。こども動物自然公園で生まれた記念すべき30頭目のコアラの赤ちゃんだそうです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-11-20 07:53 | こども動物自然公園 | Comments(0)

静かに暮らすニホンカモシカの親子

f0224624_06363090.jpg
「シカとカモシカの谷」の遊歩道の上を歩いていると、木々の間から、ニホンカモシカが谷間の斜面にうずくまって休んでいる姿が見えました。
f0224624_06373842.jpg
左側にいるのが、メスの「ナデシコ」さんで、右側にいるのがオスの「クロベ」くんであるようです。
f0224624_06384542.jpg
そして、「ナデシコ」の隣にいる黒っぽい色をした子は、このカップルの子どもで、6月21日に生まれたメスの「サツキ」ちゃんです。
f0224624_06393153.jpg
「シカとカモシカの谷」の広い放飼場の中で静かに暮らすニホンカモシカの親子です。





人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-11-13 07:23 | こども動物自然公園 | Comments(0)

ヒメマーラとナマケモノの赤ちゃん

f0224624_17150851.jpg
9月22日に生まれたヒメマーラの赤ちゃん。ヒメマーラは親も小さくてかわいいけれど、赤ちゃんは更に小さくてかわいいですね。
f0224624_17153139.jpg
9月19日に生まれたフタユビナマケモノの赤ちゃん。お父さんは「ユウキ」くんで、お母さんは「ノン」ちゃんです。
f0224624_17154959.jpg
この日は、展示室の中で逆さにぶら下がっているお母さんのお腹の上に乗って、しっかりとしがみついていました。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-11-09 17:39 | こども動物自然公園 | Comments(0)

「モモ」のお嫁入り

f0224624_18253880.jpg
智光山公園こども動物園にいるヒツジの「モモ」ちゃんが、10月の初めにお嫁入りしてきて、「なかよしコーナー」の一員になりました。ただし、お嫁入りといっても、繁殖目的のための来園であり、お腹に赤ちゃんを授かったら智光山に帰園することになっているようです。
f0224624_18262270.jpg
こちらは、「なかよしコーナー」にいるオスのコリデール種のヒツジ「シロ」くん。「モモ」の妊活のお相手です。とても人懐っこいヒツジでした。
f0224624_18265904.jpg
「なかよしコーナー」にはいろいろな動物たちが暮らしています。同じ柵の中にいる羊たちや、たくさんいるヤギたち、
f0224624_18292397.jpg
ミニブタやポニー、ロバたち、
f0224624_18273339.jpg
シチメンチョウなどの鳥たち(智光山にいたエミューの「ミュウ」ちゃんもこのコーナーの中にいます。)、
f0224624_18280837.jpg
そして、今年も那須動物王国から冬季限定で来園したアルパカの「モカ」さんも、きっと「モモ」のことを応援していると思います。
f0224624_18284418.jpg
智光山では、お父さんの「スー」くんとお母さんの「ポポ」さんが、「モモ」の帰りを待っています。「モモ」がお母さんになれるといいですね。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-11-09 06:55 | こども動物自然公園 | Comments(0)

草原の掃除屋・ミナミジサイチョウ

f0224624_07544693.jpg
「草原の掃除屋」という異名を持つ地上性の肉食のサイチョウであるミナミジサイチョウ
f0224624_07552035.jpg
餌の取り合いをしているように見えるミナミジサイチョウの成鳥と目の周りと喉袋がまだ白っぽい色をした若鳥。
f0224624_07560025.jpg
尖った大きな嘴、全身黒づくめの羽毛、そして目の周りと喉袋が毒々しい鮮紅色をしているため、喧嘩をしているように見えますが、
f0224624_07563425.jpg
生まれた子どもたちは一定期間、親鳥と一緒に暮らして、自分より後から生まれたヒナがいると、親鳥と同様にエサをヒナへ運ぶという習性があるということですから、案外、年上の鳥たちが若鳥の世話をしているところなのかもしれません。
f0224624_07573447.jpg
マスカラを塗ったような長いまつげが魅力的な「超肉食系」の美貌の鳥です。
f0224624_03583402.jpg
「花と鳥の丘」にあるミナミジサイチョウの展示場の反対側にあるサイチョウの展示場では、7月17日にヒナが巣立ったそうです。サイチョウの飼育下での繁殖の事例は多くありませんが、こども動物自然公園では、平成27年度に国内で11年ぶりに繁殖に成功して以来、3年間連続して繁殖に成功しているそうです。この日は、残念ながらサイチョウが展示場に出ている姿を見ることができませんでしたので、上の写真は、サイチョウの仲間・カンムリコサイチョウです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-08-07 07:38 | こども動物自然公園 | Comments(0)