カテゴリ:恩賜上野動物園( 520 )

屋内展示室のコビトカバ

f0224624_12055994.jpg
上野動物園のコビトカバの一家。「真夏の夜の動物園」の開催時間には、いつもと同じように早めの時間に屋内展示室に帰っていました。屋内展示室のプールで泳ぐお父さんコビトカバの「ショウヘイ」くん(1990年11月19日生まれ)。
f0224624_12064642.jpg
お母さんコビトカバの「エボニー」さん(1989年12月1日生まれ)もプールで泳いでいました。
f0224624_12072572.jpg
娘の「モミジ」さん(2003年11月20日生まれ)は陸の上に上がっていましたが、
f0224624_12080171.jpg
しばらく見ているとプールの中に入っていきました。
f0224624_12084142.jpg
そして、末っ子の娘の「ナツメ」ちゃん(2011年6月22日生まれ)。
f0224624_12095742.jpg
プールに入った「ナツメ」ちゃん。「真夏の夜の動物園」の開催日以外も同じですが、屋内展示室では、コビトカバたちがプールの中で泳ぎ回ったりする元気な姿が見れますね。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-08-21 12:36 | 恩賜上野動物園 | Comments(0)

真夏の夜の動物園 ツチブタなど

f0224624_20482990.jpg
上野動物園のツチブタは、西園にある小獣館の地階にある展示場の中にいますが、「真夏の夜の動物園」開催日の午後7時以後になると、普段の赤い色をした薄暗い照明から明るい白色光の照明に変わり、その姿をはっきりと見ることができるようになります。
f0224624_20490605.jpg
オスの「アルディ」くん、メスの「ヨシコ」さん、そして、去年の4月13日に生まれた子ども(名前、性別不明)が展示場の中を歩き回っていました。子どもは、すでに体が両親と同じくらいに大きくなって、もう区別がつきません。
f0224624_20494194.jpg
ツチブタは夜行性の動物です。展示場の中が明るくなると朝が来たと思ったのか、ツチブタの親子は展示場の隅っこの方に固まって眠り始めました。
f0224624_20463029.jpg
「真夏の夜の動物園」開催日の午後7時以後には、小獣館の地階にいる他の動物たちの姿もはっきりと見ることができるようになります。ガラゴ科に属する夜行性のサルであるショウガラゴ
f0224624_20470780.jpg
そして、霊長目ヨザル科のヨザル
f0224624_20474187.jpg
普段は展示場の暗い照明の中で見ていたためわかりませんでしたが、夜の世界に適応して眼が大きなこのようなお顔をしていたのですね。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-08-19 12:54 | 恩賜上野動物園 | Comments(0)

真夏の夜の動物園のアイアイ

f0224624_21233180.jpg
西園にあるアイアイの森に展示されている霊長目アイアイ科の原猿アイアイ
f0224624_21255542.jpg
マダガスカル島の熱帯雨林に生息するネコ程度の大きさの原始的なサルで、ふさふさとした毛がはえた長い尾をもっています。童謡の「アイアイ」で有名なおサルさんですね。
f0224624_21240824.jpg
アイアイは夜行性の動物であるため、動き回っている姿を見れるようにするため、その展示場は昼夜が逆転していて、日中は真っ暗に近い状態になっていますが、
f0224624_21244214.jpg
真夏の夜の動物園が開催されている間は、午後7時になると照明が点いて、明るい状態でアイアイの姿を見ることができます。(しかし、明るくなったということは、アイアイからみれば朝になってきたということですから、巣箱の中に入って眠ってしまうことも多いようです。)
f0224624_21252084.jpg
アイアイは細長い特徴的な指をしています。特に第3指(中指)が長くなっていて、木や土の中にいる昆虫の幼虫を掘り出して食べるのに役立っています。
f0224624_21263064.jpg
マダガスカルでは縁起の悪いもの、悪魔の使いとみなされることもあるそうで、真っ黒なマントを着た不気味な感じがする魔法使いのようにも見えますが、明るいところでよく見ると、丸く大きな眼が愛らしいおサルさんです。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-08-18 07:31 | 恩賜上野動物園 | Comments(0)

真夏の夜の動物園のマヌルネコ

f0224624_14183481.jpg
上野動物園の西園にある小獣館の1階にはマヌルネコの「ユス」ちゃんが、そして、地下1階にはマヌルネコがもう1頭展示されています。
f0224624_14170644.jpg
しかし、地下1階は夜行性動物の展示場であるため昼夜が逆転していて、日中は照明を落としていて真っ暗に近い状態なので、地下1階に展示されているマヌルネコが「ナイマ」くんなのか「ドロー」くんなのか、普段は見分けがつきません。
f0224624_14185837.jpg
しかし、真夏の動物園の開催期間中は、昼夜逆転により午後7時から閉園の午後8時までの間だけ照明が点されて、明るい状態で動物たちを見ることができます。
f0224624_14180418.jpg
午後7時になって、地下1階のマヌルネコの展示場に明かりが点されました。地下1階の展示場にいたのは「ナイマ」くんでした。
f0224624_14192734.jpg
お顔を見るのは久しぶりですね。まだ、ちょっと眠たそうな「ナイマ」です。「ドロー」も元気で暮らしているでしょうか?
f0224624_14174369.jpg
本日の写真は、1枚目から3枚目までが「ユス」で、4枚目から6枚目までが「ナイマ」です。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-08-17 14:59 | 恩賜上野動物園 | Comments(0)

水に潜む

f0224624_16024837.jpg
池の水の中に潜んでいる黒っぽい色をした生き物。首の後ろの部分に鬣(たてがみ)がある動物です。
f0224624_16030616.jpg
暫く見ていると、むっくりと水面に顔を出しました。水の中に潜っていたのはアメリカバク(ブラジルバク)でした。
f0224624_16032496.jpg
首を振って、頭部についている水滴を振り飛ばして、あくびをしました。池から出て陸に帰っていくような様子を見せましたが、
f0224624_16034367.jpg
池の水の外は、日差しが強くてむっとするような暑さです。どうやら、このアメリカバクはこのまま水の中に居続けることにしたようです。
f0224624_16040089.jpg
このアメリカバクは右耳に切れ目があるので、オスの「サム」くんです。メスの「ラム」さんは、陸の上の木陰に横たわって眠っていました。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-08-01 16:32 | 恩賜上野動物園 | Comments(0)

クロキツネザルの赤ちゃん

f0224624_06404509.jpg
西園にある「アイアイのすむ森」で暮らしている仲のよいクロキツネザルのカップル。全身の毛が真っ黒い色をしている方(後方)がオスで、顔の色は黒いけれども体色は茶色で耳の房毛が白い色をしている方(手前)がメスです。
f0224624_06410596.jpg
このクロキツネザルのカップルに、6月13日に赤ちゃんが誕生しました。
f0224624_06412855.jpg
赤ちゃんは、見ている間、片時もじっとしていませんでした。始終動き回っていて、とても元気そうです(写真も撮り難いです)。
f0224624_06414927.jpg
両親(主にお母さん)にじゃれついたり、勝手に木の枝を伝って冒険に出かけたり、とてもやんちゃ(お転婆)!
f0224624_06420591.jpg
展示場の前にはロープが張られていました。育児をしているお母さんザルがナーバスにならないように、静かに見てくださいということのようです。
f0224624_06422392.jpg
この赤ちゃん、耳の房毛が白い色をしているので、女の子でしょうか?




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-31 08:17 | 恩賜上野動物園 | Comments(2)

デグー団子

f0224624_12234141.jpg
小獣館の1階にいるデグー尾を含めなければ体長12㎝~20㎝くらいチリの山岳地帯が原産のデグー科に属するげっ歯類です。
f0224624_12242090.jpg
社会性があり好奇心が旺盛であることから、同サイズのハムスターやリスなどよりもよく人に懐くといわれていて、近年はペットとして人気が高まっているのだそうです。
f0224624_12245635.jpg
団子状になってぴったりと体を寄せ合っている3頭のデグーと、
f0224624_12253189.jpg
どうしても団子の仲間に加わりたいらしくて、右側に行ったり左側に行ったりしながら、なんとかくっつこうとしている1頭のデグーです。




人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-06-24 13:12 | 恩賜上野動物園 | Comments(2)

アメリカバイソンの赤ちゃん誕生

f0224624_06180052.jpg
5月12日にアメリカバイソンの赤ちゃんが誕生しました。
f0224624_06182323.jpg
お母さんの「ヒート」さん(右)と赤ちゃん(左)。赤ちゃんはまだ小さくて、体の色は明るい茶色です。
f0224624_06184428.jpg
お姉さんの「ラテ」さん(左)と赤ちゃん(右)。
f0224624_06193105.jpg
ただ今授乳中。赤ちゃんは草も食べるようですが、まだまだ母乳の方がいいのかな?
f0224624_06195027.jpg
赤ちゃんは、お母さんが歩き回ると、その後を追いかけてついていきます。
f0224624_06201852.jpg
アメリカバイソンの「ヒート」と「ラテ」の母娘は、かつて、千葉市動物公園にある家畜の原産コーナーで「ラテ」のお父さんの「ターバン」くんと一緒に暮らしていましたが、同コーナーの閉鎖が予定されているため、「ターバン」は昨年の12月に姫路セントラルパークへ、「ヒート」と「ラテ」は今年の3月に上野動物園に移動しました。移動時には「ヒート」のお腹の中に「ターバン」の赤ちゃんがいたのですね。「ターバン」は姫路セントラルパークで元気に暮らしているでしょうか?




人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-06-23 06:57 | 恩賜上野動物園 | Comments(2)

「イコロ」と「デア」 春のペアリング

f0224624_13443296.jpg
ジャイアントパンダの「シャンシャン」ちゃんの人気で人でいっぱいの上野動物園。「ホッキョクグマとアザラシの海」の室内にある閲覧通路もたいへんな混雑ぶりでした。
f0224624_13445599.jpg
水中にいると個体識別が難しくなりますが、たぶん「デア」さんだと思います。水面に浮かんでいた木の枝を口に咥えて遊んでいると、
f0224624_13452098.jpg
それをめがけるようにして、突然「イコロ」くんが水の中に飛び込んできました。
f0224624_13453939.jpg
「イコロ」と「デア」が水中で取っ組み合っているようですが、たくさんの泡に覆われていてその様子がよく見えません。(かつてのTV放送は、不具合があった場合などに、しばしばこのようなテロップが出たものです。)
f0224624_13464057.jpg
泡が少なくなってくると、「イコロ」と「デア」が水中で取っ組み合って遊んでいる姿が見えました。
f0224624_14515256.jpg
「イコロ」と「デア」はプールから出たり入ったりして、水中にいる一方にめがけて飛び込んで遊ぶことを繰り返していましたが、
f0224624_13482553.jpg
やがて、「イコロ」も「デア」もプールから出て行きました。閲覧通路が人でいっぱいなので、すぐには屋外展示場を見下ろす場所に行くことができません。
f0224624_13470611.jpg
暫くしてたどり着くと、「イコロ」と「デア」は、屋外展示場の左隅の近くで、向き合ってガウガウと吠え合っていました。
f0224624_13472343.jpg
たぶん、「イコロ」に追いかけられて「デア」はこの場所に追い詰められたのでしょう。やがて、「デア」が右手方向に去って行って、2頭のこの日の逢瀬は終わったようです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-05-05 14:42 | 恩賜上野動物園 | Comments(0)

「リキ」くん 急接近

f0224624_15195873.jpg
ニシゴリラの男の子「リキ」くん。「リキ」がガラス窓に近づいてきて、初めて至近距離からお顔を鮮明に見る(撮る)ことができました。
f0224624_10430424.jpg
去年の10月9日生まれですから、既に生後半年以上経っていて、ゴリラらしいしっかりとした顔立ちになってきているような感じがします。
f0224624_10441268.jpg
まだお母さんの「モモコ」さんと一緒。お母さんの側にいることが多いようですが、
f0224624_10445144.jpg
「コモモ」お姉ちゃんや「モモカ」お姉ちゃんなど、年上の子どもたちが育児を補助し始めて、お姉ちゃんの背中に乗って移動したり、
f0224624_10451101.jpg
お姉ちゃんと取っ組み合って遊び始めているようです。
f0224624_15145775.jpg
クリッとした眼がかわいいニシゴリラの男の子「リキ」くんです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-05-01 11:22 | 恩賜上野動物園 | Comments(0)