人気ブログランキング |

カテゴリ:多摩動物公園( 1365 )

ガラス展示場の「コボ」

f0224624_06215968.jpg
ユキヒョウの「フク」ちゃんと「ミミ」母さんが大放飼場に出ている間、ガラス展示場の中にいた「コボ」くん。「コボ」は「フク」のお父さんです。
f0224624_06222471.jpg
展示場の中央にある青草の茂みの中に座って、毛づくろいをしたり舌なめずりしながら、のんびりとして暮らす「コボ」。
f0224624_06225039.jpg
2015年12月17日にカナダの動物園から多摩動物公園に来園した当時は2歳と6か月だった「コボ」も、もう5歳と4か月になっています。
f0224624_06231573.jpg
広い大放飼場で動きまわる「コボ」の姿を目にすることができるのは、いつのことでしょうか?




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-18 07:01 | 多摩動物公園 | Comments(3)

遊ぶ「フク」

f0224624_15575886.jpg
狩りの訓練の合間に遊ぶユキヒョウの「フク」ちゃん。
f0224624_15581879.jpg
上から吊るされている麻袋にぶらさがって、地面に落ちて、じゃれついて、
f0224624_15583651.jpg
「麻袋に爪がひっかかっちゃた!」
f0224624_15593530.jpg
そして、「フク」の一番のお気に入りのおもちゃは、潰れて穴だらけになっているこの赤いボールのようでした。
f0224624_15585615.jpg
両手でボールを抱えてジャンプ。
f0224624_16000496.jpg
ボールにじゃれついて、斜面を転がっていく「フク」。
f0224624_16002380.jpg
そして、この日の仕上げ(?)はコレ!ボールを口に咥えて岩場に登り、ボールを岩場の上から転がり落として、
f0224624_16004387.jpg
地面に落ちたボールをめがけて、岩場の上からジャンプ!「フク」が赤いボールの遊びに熱中してしまうと、狩りの訓練の時間よりも遊ぶ時間の方が長くなってしまうようです。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-16 06:57 | 多摩動物公園 | Comments(0)

「ミミ」の谷渡りのジャンプ

f0224624_21502788.jpg
ユキヒョウの「ミミ」母さんが、狩りの訓練の最中に、対岸の(向かって左側の)岩場と中央の岩場の間をジャンプする「谷渡りのジャンプ」を見せてくれました(通常は、この写真とは逆に、中央の岩場から左側の岩場に向かってジャンプすることの方がが多いようです)。
f0224624_21522201.jpg
天井の金網にぶつかりそうなくらいに高い空間を跳んでいく「ミミ」。
f0224624_21504790.jpg
多摩動物公園で生まれたユキヒョウの子どもたち(大放飼場にデビューすることなく他の動物園に移動した個体などを除きます)は、みんなこのジャンプをクリアして大きくなったのでした。ユキヒョウの「フク」ちゃんも、いつかきっと、このジャンプができるようなるでしょう。
f0224624_21512741.jpg
「ミミ」は無事に中央の岩場の上に着地しました。網写りがあるなど綺麗な写真ではありませんが、このジャンプを久しぶりに見た(久しぶり撮った)ので掲載しました。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-13 00:01 | 多摩動物公園 | Comments(0)

10月の「ミミ」親子の狩りの訓練

f0224624_17474568.jpg
本日の写真は、10月上旬のユキヒョウの「ミミ」母さんと息子の「フク」ちゃんの狩りの訓練の様子です。お母さんの後ろから走ってきて飛び掛かろうとする「フク」。お母さんは既に「フク」の攻撃に気がついているようです。
f0224624_17480586.jpg
「フク」が大きくなってきて体重が増えたからなのか、飛び掛かる勢いが強くなってきたからなのか、お母さんは地面に潰れてしまい、「フク」はお母さんの背中の上を滑るようにして手前の方に出てきてしまいました。
f0224624_17482568.jpg
これまでであれば訓練はこれで終了なのですが、「フク」は振り返りざまにお母さんに飛び掛かろうとします。お母さんはそれを予期していたのか、飛び上って「フク」の攻撃を回避します(左前足で「フク」に反撃しようとしているのかもしれません)。
f0224624_17490795.jpg
しかし、まだ終わりません。「フク」は地面に着地したお母さんに飛び掛かります。飛んで逃げる「ミミ」母さんと飛んで追いかける「フク」。
f0224624_17492756.jpg
この日は、このように2度3度続けてお母さんに攻撃を加えることが数回あったようです。「フク」は、これまでのユキヒョウっ子たちと較べると「狩りの訓練が下手」という評判もあるようですが、訓練を重ねて次第に狩りの腕前が上達してきているように思えました。
f0224624_17494783.jpg
「フク」はジャンプを苦手しているような感じがしていましたが、(もう小さな子どもではないので、当然といえるかもしれませんが…)これもうまくなってきているようです。お母さんがいる岩場の頂上からジャンプする「フク」。空中で四肢を広げて、無事に地面に着地しました。
f0224624_17500604.jpg
岩場の側を通りかかるお母さんをめがけて、岩場の上から飛び降りる「フク」。これだけの落差があると、お母さんがケガをする恐れがあると思ったからなのでしょうか、「フク」はお母さんの背中の上ではなく、すぐ横の地面の上に着地したようでした。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-11 19:01 | 多摩動物公園 | Comments(0)

思い出の「シンギズ」

f0224624_21534637.jpg
2015年10月10日に亡くなったユキヒョウの「シンギズ」くん。早いもので亡くなってから3年が経過しました。
f0224624_21540477.jpg
茶目っ気があって活動的、眼力(めぢから)がありとても精力的で、そして、晩年は貫禄充分な落ち着いたユキヒョウでした。
f0224624_21542101.jpg
野生由来であり生年月日が不明であるため、その年齢は推定になってしまいますが、推定26年間も生きてくれたユキヒョウは他には思い当たりません。国内の高齢になったきたユキヒョウたちも、「シンギズ」のように長生きしてほしいものです。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-10 22:29 | 多摩動物公園 | Comments(2)

「ナポ」と「レオン」

f0224624_15120072.jpg
去年の4月12日に生まれたムフロンの男の子「ナポ」くん。
f0224624_15123728.jpg
これまではお母さんの「フェブ」さんがいるメスの放飼場で暮らしていましたが、このたびオスの放飼場に引っ越してきました。
f0224624_15131251.jpg
オスの放飼場には3頭のオスのムフロンが暮らしていますが、「ナポ」(手前)が加わって、オスの群れは4頭になりました。(後方にいるのは「ヒロト」くんです。)
f0224624_15135198.jpg
オスの群れの中には「ナポ」の兄(母親が同じ)の「テト」くん(後方)がいます。しかし、「テト」は「ナポ」が生まれたときには既にオスの放飼場に移動していたため、兄弟であることに気づいていないかもしれません。
f0224624_15142512.jpg
オスの群れには序列のようなものが存在しているらしく、第1順位の「ヒロト」は第2順位の「ダノ」くんを追い払おうとしますが、この日に見た限りでは、まだ体が小さな「ナポ」は誰からもライバルとはみなされていないようであり、餌場などから追い払われるということはないようでした。
f0224624_15150230.jpg
そして、こちらは、今年の4月29日に生まれた男の子「レオン」くんです。小さかった角も立派に伸びてきています。
f0224624_15153657.jpg
「レオン」はメスの放飼場で暮らしていますが、体が大きくなってきているからでしょうか、追い払われることもなくおとなたちとほぼ対等に乾草を食べているようでした。
f0224624_15160973.jpg
「レオン」も、たぶんあと1年ほど経てば、オスの群れに加わることになるでしょう。ムフロンの子どもたち、元気に逞しく育ってほしいですね。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-10 16:06 | 多摩動物公園 | Comments(0)

びしょ濡れ「アサヒ」

f0224624_13431985.jpg
ユキヒョウの「アサヒ」ちゃん。先月25日に、お昼頃からガラス展示場に出てきました。
f0224624_13435546.jpg
お昼前頃から降り始めた雨は、次第に雨脚が強くなってきて体の毛が濡れてきました。
f0224624_13442740.jpg
水場にある岩で頬を擦っていたので、頬の部分の毛は泥水に汚れて黒く染まっています。
f0224624_13452012.jpg
出入り自由になっていた寝室にはほとんど帰らずに、雨が降り続ける展示場の中を黙々と歩き回ったり、
f0224624_13455502.jpg
展示場の奥にある岩場を昇り降りしていた「アサヒ」。
f0224624_13463166.jpg
庇があるため雨がかからないガラス窓の側に来て、ときどき休んでいましたが、
f0224624_13470540.jpg
雨が降り止む気配はまったくなく、やがてどしゃ降りになってきました。
f0224624_13474206.jpg
びしょ濡れになった「アサヒ」は、その後はガラス窓の側にずっと留まって、雨を避けることにしたようでした。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-04 14:20 | 多摩動物公園 | Comments(0)

雨の日のゴールデンターキン

f0224624_09073560.jpg
先月25日の雨降りの日のゴールデンターキンの「ナズナ」ちゃん。しばらく見ないうちに体格が立派になってきていて、角が伸びてきていました。
f0224624_09075396.jpg
「ホイ」さん(右)と息子の「ムツ」くん(左)。
f0224624_09081206.jpg
「ホイ」さん(左)と娘の「ナズナ」ちゃん(右)。
f0224624_09083097.jpg
隣にある広い方の展示場では、「テン」くんがひとりでフレーメン顔。
f0224624_09084955.jpg
「フク」ちゃんは水場にいて滴り落ちる水を飲んでいました。
f0224624_09090816.jpg
「風華(フウカ)」さんとカラス。雨脚が次第に強くなってきましたが、ゴールデンターキンたちは、雨をあまり気にすることなく普段とほぼ同じようにして暮らしていたようでした。なお、この日は「鶯姫(オーキ)」さんと「鶯(オウテン)」の出番はありませんでした。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-03 09:41 | 多摩動物公園 | Comments(0)

雨の中の「ミミ」親子

f0224624_15505813.jpg
先月25日のユキヒョウの「ミミ」母さんと「フク」ちゃんのユキヒョウの親子。
f0224624_15512274.jpg
「フク」は、小雨が降っている大放飼場で、2~3回ほど「ミミ」母さんに飛び掛かったり、
f0224624_15514225.jpg
ボールを口に咥えて遊んでいたりしていましたが、
f0224624_16194589.jpg
出てきて1時間もしないうちに、雨はどしゃ降りになってきて、「フク」は寝室の中に帰っていきました。
f0224624_15522312.jpg
「ミミ」母さんも、小降りなりそうもない雨の状態にこの日は訓練を諦めたのか、寝室に帰っていって、その後は、親子は寝室の中で過ごしていたようでした(最後の写真は、大放飼場に出てきた直後の、まだほとんど雨に濡れていない「ミミ」です)。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-02 16:22 | 多摩動物公園 | Comments(0)

「ロキ」くん接近

f0224624_12372196.jpg
6月29日に生まれたボルネオオランウータンの男の子「ロキ」くん。
f0224624_12374404.jpg
お母さんの「キキ」さんのわき腹にしがみついて、一緒に室内展示場に出ていました。ガラス窓のすぐ側に近づいてきた「キキ」親子。
f0224624_12380576.jpg
ガラス窓越しに人間たちを観察中(?)の「ロキ」。
f0224624_12382942.jpg
しかし、しばらくすると観察に飽きてきたのか、おネムになってきたようです。
f0224624_12384910.jpg
休息をとることができる場所に移動していく「キキ」母さんと、そのわき腹にくっついている「ロキ」。食いしん坊の「キキ」らしく、足におやつの葉っぱを持っています。
f0224624_12391398.jpg
「キキ」親子は、室内展示場の天井から吊るされているハンモックの中に入っていきました。たぶん、ここが室内展示場の中で一番寛げる場所なんでしょうね。「キキ」親子は、前回見たときも、室内展示場の中を動き回った後、この場所で休んでいたようでした。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。



by snowleopard2001 | 2018-10-01 13:12 | 多摩動物公園 | Comments(0)