人気ブログランキング |

f0224624_08444533.jpg
<昨日の記事の続きです>ヒメウォンバット(コモンウォンバット)の「ウォレス」くん。金網の側で「モモコ」さんと別れた後、「ウォレス」も展示場の斜面を登り始めました。
f0224624_22140470.jpg
展示場の一番高いところ、ガラス窓のあるところの近くまで登ってきました。
f0224624_22142972.jpg
この場所の地面には、「ウォレス」が掘ったのか、穴が開いていました。体の半分ほど入れて穴の中を覗き込んでいましたが、すぐに穴から出てきました。
f0224624_22170624.jpg
東山動植物園では、2011年5月にメスの「ワァルカ」さんが亡くなって独り暮らしになってからは、「ウォレス」は日中は土管の中で眠っていることが多かったような感じがしますが、茶臼山動物園では(今年の5月にブリーディングローンで東山動植物園から移動してきてから「ウォレス」を見るのは初めてですが…)展示場の中をよく動き回わるようです。
f0224624_22145731.jpg
よく動きまわるのは、展示場に起伏があって運動し甲斐があるのかもしれませんし、隣の展示場に「モモコ」がいてくれるからからなのかもしれません。「ワァルカ」と暮らしていた頃の様子が思い出され、茶臼山動物園に移動してきたことが「ウォレス」にとってよかったのではないかなぁ…歩き回る「ウォレス」の姿を見てふとそんな感じがしました。
f0224624_22154718.jpg
午後4時ころになって、「ウォレス」は出入り自由になっていた寝室の中に帰ってきました。寝室の床にはふかふかとした木くずが敷いてあります。「ウォレス」の顔や背中についていた細かなものは、この木くずだったのですね。帰ってきたものの、夕ご飯の時間にはまだ少し早かったようで、「ウォレス」はすぐに展示場に戻っていきました。
f0224624_22152138.jpg
1996年9月生まれの「ウォレス」。ウォンバットは外見からは年齢が分かりにくい動物のような気がしますが、東山動植物園で初めて見た頃と較べてあまり年をとったという感じがしません。「ウォレス」も、1992年10月18日生まれの「モモコ」も若くはありませんが、なかよく元気に暮らしてほしいですね。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-06 08:32 | 茶臼山動物園 | Comments(0)

f0224624_14145833.jpg
ヒメウォンバット(コモンウォンバット)の「ウォレス」くん(左)が金網際で待っていると、「モモコ」さん(右)が近づいてきました。
f0224624_14152042.jpg
「ちょっと待ってよ!モモコさん」立ち止まって顔を合わせた後、すぐに歩き去っていく「モモコ」を追いかけて行く「ウォレス」。
f0224624_14154453.jpg
「モモコ」は立ち止まって待っていてくれたようです。近づいていく「ウォレス」。
f0224624_14160672.jpg
しばらくして、「モモコ」は、「ウォレス」がいる金網の側を離れて、展示場の斜面を登り始めました。
f0224624_14162709.jpg
草が生い茂る展示場の斜面をトコトコと登っていく「モモコ」。
f0224624_14164996.jpg
「モモコさん、どこに行ったのかな?」切り株のような丸太に前足を乗せて、隣の展示場の中を覗き見る「ウォレス」。
f0224624_14170902.jpg
「モモコ」は展示場の中を歩き回っていましたが、他の動物を見に行っている間に展示場の中にたくさん掘られている穴のどこかに入っていったらしく、その後は姿を見ることができませんでした。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-05 15:17 | 茶臼山動物園 | Comments(2)

f0224624_20212909.jpg
子供動物園の中にいるアルパカの赤ちゃん。8月20日に、美人のお母さんの「ミルフィー」さんと
f0224624_20215271.jpg
優しそうなお父さんの「パール」くんの間に生まれました。
f0224624_20221439.jpg
全身真っ白でフワフワなかわいい男の子です。
f0224624_20223881.jpg
お母さんに甘えるアルパカの赤ちゃん。
f0224624_20230314.jpg
厩舎の中にいるお父さんにご挨拶。お父さんは赤ちゃんのことが気になるのか、ときどきドアのところに出て来て、赤ちゃんを見ていました。
f0224624_20232714.jpg
この日の赤ちゃんは、まだ展示場に慣れるためのトレーニング中で午前中の早い時間帯に出ていましたが、動物園のHPによると、昨日(9月28日)から一般公開が始まって、当面は午前中の9時半から12時までの間、お母さんと一緒に展示場に出ていることになったようです(動物の体調や天候によっては公開中止となることもあります)。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-09-29 11:25 | 茶臼山動物園 | Comments(0)

「リング」と「ミライ」

f0224624_11300487.jpg
6月24日に生まれた3頭のアムールトラの赤ちゃんのお父さんである「リング」くん(2003年4月30日生まれ)。
f0224624_11305179.jpg
この日は開園時間の午前9時半から午後2時頃まで屋外展示場に出ていました。オスのアムールトラは育児は行わないので、ひとりでのんびりと暮らしているようです。
f0224624_11313120.jpg
アムールトラ舎にある掲示に「釧路市帰属」と記載されていたので、「リング」の所有権は釧路市動物園にあるようです。「リング」は2009年10月に同動物園を離れて以来、多摩動物公園→円山動物園→釧路市動物園(帰園)→茶臼山動物園と渡り歩いています。その間、多摩動物公園で1回の繁殖に、そして茶臼山動物園では2回の繁殖に貢献しています。「リング」の未来はどうなるのでしょうか?茶臼山動物園に留まることになるのでしょうか?それとも釧路市動物園に帰園することになるのでしょうか?あるいは新任地に旅立つことになるのでしょうか?「リング」ももう15歳であまり若くはないようですから、できるだけ身心に負担がかからないようにしていただきたいと思います。
f0224624_11320958.jpg
赤ちゃんトラのお母さんである「ミライ」さん(2010年6月26日生まれ)。今回久しぶりに「ミライ」を見て、宇都宮動物園にいる娘の「アズサ」ちゃんは、顔立ちや雰囲気がお母さんにそっくりなんだなぁと思いました。
f0224624_11324634.jpg
「ミライ」は今回は2回目の出産なので、落ち着いて育児を行っているようです。
f0224624_11333338.jpg
3頭の赤ちゃんたちが子ども同士でじゃれ合って遊んでいるのを、台の上に座って見守っていたり、展示場の中を歩き回ったりしながら、
f0224624_11342630.jpg
赤ちゃんがお母さんめがけて飛び掛かってきたときに、相手をしてやっているようでした。
f0224624_11350153.jpg
そして、たまには天井から吊るされているボールを突いて遊んでいることもある「ミライ」。「リング」も、「ミライ」も、そして3頭の赤ちゃんたちも元気に暮らしてほしいですね。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-09-28 13:02 | 茶臼山動物園 | Comments(0)

遊ぶ赤ちゃんトラ

f0224624_14214716.jpg
6月24日に生まれたアムールトラの赤ちゃんたち。オス1頭とメス2頭の合計3頭の赤ちゃんです。
f0224624_14222491.jpg
飼育員さんから貰った荒縄の切れ端を口に咥えて屋外展示場の中を走る赤ちゃんトラ。
f0224624_14230121.jpg
柱に巻かれている爪とぎ用のロープを齧って遊びます。
f0224624_14233679.jpg
3頭揃ってじゃれ合って、
f0224624_14241350.jpg
追いかけっこ!
f0224624_14245107.jpg
そして、捕まえて取っ組み合いを始めます。
f0224624_14252982.jpg
お母さんの「ミライ」さんに飛びつく赤ちゃんトラ。飛びつかれてお母さんもうれしそうです。
f0224624_14260177.jpg
お母さんに甘えてじゃれつく赤ちゃんトラ。兄弟がいるとにぎやかで楽しそうだし、見ている方も1人っ子の場合よりも楽しいですね。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-09-27 14:59 | 茶臼山動物園 | Comments(0)

f0224624_12135641.jpg
アムールトラのお母さん「ミライ」さんと6月24日に生まれた3頭の赤ちゃんは室内展示場にいましたが、午後2時頃になると、お父さんの「リング」くんと交代して屋外展示場に出てきました。
f0224624_12141811.jpg
今月末までの間、園内で3頭の赤ちゃんの名前を募集しています。まだ名前がついていないので、この記事では、仮の名前として、アムールトラ舎に掲示されていたこの写真(↑)にもとづいて、左側の子から順に「左」、「中」、「右」と呼ぶことにします。
f0224624_12143827.jpg
「左」ちゃんです。眼の上の模様がほぼ左右対称的になっているので、最も見分けやすい子だと思います。
f0224624_12150345.jpg
「右」ちゃんです。顔の模様が「中」ちゃんと似ていますが、額の中心の左側(向かって右側)にM字のような模様があります。
f0224624_12152477.jpg
「中」ちゃんです。とても人懐っこい子だそうです。
f0224624_12154180.jpg
台の上に登って木の柱に顔をスリスリ。少し顔が歪んで見えますが「左」ちゃんです。
f0224624_12155699.jpg
遊んでいるうちに、池の中に落ちてしまって毛が濡れてしまいました。「右」ちゃんです。
f0224624_12161345.jpg
そして、最後の写真は、こちらに向かって駆けてくる「中」ちゃんです。本日は、3頭の赤ちゃんの区別が容易にできるように、お顔が分かる写真を掲載しました。次回は、もう少し動きのある写真を掲載したいと思っています。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-09-26 13:08 | 茶臼山動物園 | Comments(2)

小さな小さなヤマアラシ

f0224624_21114309.jpg
8月28日に生まれたアフリカタテガミヤマアラシの赤ちゃん。女の子です。
f0224624_21100867.jpg
13時半から16時までの間、子供動物園の中にあるヤマアラシコーナーの展示場に、お母さんの「チャーハン」さんと一緒に出ていました。(午前中とお昼はお父さんの「アカギ」くんが出ていました。)
f0224624_21103762.jpg
お母さんと較べると、赤ちゃんはまだ体がこんなに小さなヤマアラシです。
f0224624_21105965.jpg
ちょこちょこっと走ってくる姿がとてもかわいらしいヤマアラシの赤ちゃん。
f0224624_21112091.jpg
後ろから見るとこんな感じ。背中の針はまだ細く短くて、ちょっと頼りなさそうに見えますね。
f0224624_21094409.jpg
ひとりでいるとまだ心細いのか、お母さんの後ろを追いかけて歩き(走り?)回っていたようでした。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-09-24 21:39 | 茶臼山動物園 | Comments(0)

アムールトラの赤ちゃん

f0224624_07424012.jpg
今年の6月24日にアムールトラの「リング」くんと「ミライ」さんとの間に生まれた赤ちゃんたち。
f0224624_07430089.jpg
このカップルの間に2015年3月18日に生まれた「アサマ」くん(現・釧路市動物園)と「アズサ」ちゃん(現・宇都宮動物園)は、お兄さん・お姉さんになりました。
f0224624_07432056.jpg
撮影した写真の整理がまだ終わらないので、本日は(手抜きをいたしまして)アムールトラ舎に掲示されていた赤ちゃんの写真を掲載いたします。
f0224624_07434275.jpg
赤ちゃんが大きく写っているので、後日掲載する予定の私が撮った写真よりも、赤ちゃんの顔の模様などの特徴がよくわかるはずです。
f0224624_07440040.jpg
(この記事に掲載した写真は、すべて茶臼山動物園のアムールトラ舎に掲示されていた写真です。)




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-09-24 08:26 | 茶臼山動物園 | Comments(0)

f0224624_18452502.jpg
茶臼山動物園のヒメウォンバット(コモンウォンバット)の「スミレ」さんが3月5日の午後に老衰のため亡くなったそうです。
f0224624_18460938.jpg
「スミレ」は、1998年に開催された長野冬季オリンピックの際に、親善大使としてタロンガ動物園(オーストラリア)から来園したメスのウォンバットです。
f0224624_18454940.jpg
正確な年齢は知りませんでしたが、死亡時には26歳6か月だったそうで、人間でいうと90歳ぐらいに相当するのだそうです。長生きしてくれたものと思います。
f0224624_18462783.jpg
「スミレ」さん、安らかに。(茶臼山動物園のヒメウォンバットは「モモコ」さん(1991年1月15日生まれ)のみになってしまいました。)



人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。



by snowleopard2001 | 2018-03-07 19:20 | 茶臼山動物園 | Comments(0)

子供動物園の仲間たち

f0224624_844881.jpg
子供動物園の仲間たち。去年生まれたシバヤギの「蜜豆」ちゃんと「福豆」ちゃん。お母さんやお姉さんたちと一緒の柵の中で、元気に育っているようです。

f0224624_852334.jpg
オスのシバヤギ「八木蕗之薹(やぎふきのとう)」くん。機嫌がよいときには名前を呼ぶと返事をするそうです。

f0224624_86822.jpg
コリデール種のヒツジ「ポポロン」さん(右)とサフォーク種のヒツジ「メリー」さん(左)の白黒なかよしコンビ。

f0224624_864221.jpg
そして、前回の訪問時にはいなかったマンクス・ロフタン種のヒツジ「チャチャ」さん。マンクス・ロフタン種はオス・メスともに2~6本の角が生えますが、「チャチャ」の角は2本。まだ1歳になったばかりなので、これから角の数が増えていくこともあるのでしょうか?

f0224624_871470.jpg
アルパカの「パール」くん。子供動物園には無料の餌(個数限定です。)が置いてあって、ヤギやヒツジたちに餌やりができます。それが楽しいですね!


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただき、ありがとうございます。このバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。
by snowleopard2001 | 2015-05-14 08:43 | 茶臼山動物園 | Comments(0)

動物園や水族館などにいる動物の写真を掲載しています