カテゴリ:群馬サファリパーク( 157 )

ウォーキングサファリゾーンで遊ぶ

f0224624_10542474.jpg
ウォーキングサファリゾーンでは、二ホンジカファロージカ(ダマジカ)に鹿せんべいをやることができます。
f0224624_10550330.jpg
たくさんのシカがいますが、柵があるため取り囲まれることもなく、小さな子どもでも容易にシカたちにエサやりができるようです。
f0224624_10554403.jpg
また、ヤギ(ヤクシマヤギ、ザーネン種、ピグミーゴートの3種類います)やロバ、そして、コリデール種のヒツジたちに青草やペレットをやることができます。
f0224624_10561815.jpg
ロバの「アボット」くん(左)と「タロ」くん(右)。
f0224624_10565200.jpg
青草を引っ張るロバ。体が大きいので、結構力があるようです。
f0224624_11173827.jpg
ヒツジの子ども「ラム」ちゃん。エサやりはできません。
f0224624_10573138.jpg
ウォーキングサファリゾーンでエサやりをして遊んだ後、再びサファリバスに乗車しました。アジアゾーンにいるスマトラゾウの「アスワタマ」くん(左)と「イダ」さん(右)。
f0224624_10581945.jpg
トラゾーンでは、暑い日であったからか、ホワイトタイガーが岩の上からダイブしようとしていました。
f0224624_11180826.jpg
しかし、座っていたバスの座席の位置が後ろの方であったため、着水(着地か?)の瞬間は見えませんでした。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-24 11:57 | 群馬サファリパーク | Comments(3)

ユキヒョウ「マイ」の暑い夏

f0224624_06590304.jpg
ユキヒョウの「マイ」ちゃん。幼そうな顔立ちをしていますが、2003年5月4日生まれで、甲府市にある遊亀公園附属動物園にいる双子の姉妹の「ミュウ」ちゃんと共に、国内の動物園にいるユキヒョウたちの中で最高齢のユキヒョウです。(ちなみに、その次に高齢なのが浜松市動物園にいる「リーベ」さんで、その次が多摩動物公園にいる「ヴァルデマール」くんという順になります。)
f0224624_06584086.jpg
展示場の2階部分は風通しがよく、いつもは「マイ」のお気に入りの場所であったはずなのですが、夏場の群馬サファリパークはとても暑くなります。7月の3連休中のこの日は、写真の左下部分に設置されている冷風機の効き目が少なかったのか、「マイ」は2階部分に登ってもすぐに降りてきます。
f0224624_06592905.jpg
1階部分に降りてきました。展示場によっては寝室の扉が開放されているようでしたが、「マイ」がいる展示場は寝室の扉が閉まっていて、その中に入ることができませんでした。
f0224624_06595115.jpg
「マイ」は、寝室の扉の前に立ったり、水を飲んだり、展示場の中を歩き回ったりしていましたが、
f0224624_07424767.jpg
やがて、展示場の床の上に置かれている氷の塊の側にしゃがみ込みました。
f0224624_07442899.jpg
氷の塊をペロペロと舐め始める「マイ」。氷の塊は、これまでも毎年夏場に提供されていて、「マイ」はいつも気持ちよさげに舐めていました。
f0224624_08002314.jpg
冷風機がある2階部分よりも、日陰になっている氷の塊の側の方が快適なのかもしれません。この後、2階部分に戻って行かなかったようでした。
f0224624_08010057.jpg
そして、氷の塊を枕にして眠ってしまう「マイ」。「マイ」のこのようなぐったりとした姿を見るのは、たぶんこれが初めのことです。それだけ今年の夏の暑さが過酷であり、そして、「マイ」も高齢になってきたということなのかもしれません。
f0224624_08013568.jpg
若々しそうな顔立ちをしている「マイ」ですが、今回、年齢どおり、やはりお年だったんだなぁ…という感じがしました。夏の暑さが毎年厳しくなってきているような気がします。暑さが苦手なユキヒョウのために一層の暑さ対策をお願いしたいと思います。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-22 08:54 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

滝とワピチ

f0224624_09253218.jpg
日差しが強く暑い日であったためか、ワピチ(アメリカエルク、アメリカアカシカ)たちが、アメリカゾーンにある滝の側の水場に集結していました。
f0224624_09261307.jpg
ワピチは、ヘラジカに次いで2番目に体が大きなシカで、オスのみが角を持っています。涼しげな場所を独占しているのは、ほとんどがオスのワピチであるようです。
f0224624_09255357.jpg
下に向かって流れ落ちる滝の水と、上に向かって広がって伸びている大きくて立派なワピチの角。
f0224624_09480551.jpg
流れ落ちる滝の水が清流であるならば、より涼しげな景色になると思われますが…滝の側で涼むワピチたちです。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-21 10:23 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

シンリンオオカミ「サクラ」

f0224624_18122906.jpg
「オオカミの森・オオカミ繁殖センター」の奥の方にある放飼場に出ていたシンリンオオカミの「サクラ」さん(2005年4月25日生まれ、メス)。
f0224624_18130854.jpg
しかし、この日、「サクラ」と一緒に放飼場に出ていたオスのシンリンオオカミは、以前のように「ゼットン」くんではなく、「ベクトル」くんに変わっていました。去年の10月に見たとき(→こちら)には、「ゼットン」は足腰が弱ってきているような様子で、歩き回る姿を見せてくれなかったのでした。
f0224624_18134034.jpg
この写真の右側の奥の方で横たわっているシンリンオオカミが「ベクトル」であると思われます(左側は「サクラ」)。
f0224624_18141812.jpg
放飼場の前にある観覧デッキに掲示されていた「ベクトル」の写真です。「ベクトル」は「ゼットン」と「キュー」の間に生まれたシンリンオオカミです。
f0224624_18145881.jpg
そして、手前の方にある放飼場には、日差しが強くとても暑い日であったためか、シンリンオオカミの姿が見えませんでしたが、この掲示によると、3頭のシンリンオオカミが展示されているようです。3頭のシンリンオオカミは、いずれも「ゼットン」と「キュー」の間に生まれた子どもたちです。
f0224624_18154291.jpg
少し寂しくなったような感じがする「オオカミの森・オオカミ繁殖センター」。帰りがけには「サクラ」が見送ってくれました。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-20 19:15 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

水場に集うアメリカバイソンたち

f0224624_09581799.jpg
大型の草食動物などが群れをつくってゆったりと暮らしている姿を見れるところは、サファリパークの見どころのひとつです。
f0224624_09583906.jpg
アメリカゾーンでは、運行されているサファリバスなどの車窓から、たくさんのアメリカバイソンたちの姿を眺めることができました。
f0224624_09590985.jpg
このアメリカバイソンたちは、トラックに積んである食べ物をつまみ食いしているところでしょうか?
f0224624_09594690.jpg
今年も、数頭のアメリカバイソンの子どもが誕生していました。
f0224624_10000714.jpg
7月の3連休の中日は、太陽の照りつけがとても強く、冷房がきいたサファリバスから下車すると、むっとするような熱気を感じるような日でした。そのせいでしょうか?アメリカバイソンたちも、水場に集まって涼んでいたようでした。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-19 08:48 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

ウォーキングサファリゾーンのネコ科動物たち

f0224624_15445566.jpg
元気に歩き回るホワイトタイガーの「メガ」さん。2001年7月19日に群馬サファリパークで初めて生まれたホワイトタイガーで、ウォーキングサファリゾーンにいるネコ科動物たちの中では、この日は展示場に出ていなかったジャガーの「レオン」くんを除けば、最も高齢の個体です。
f0224624_15452163.jpg
クロヒョウの「リリ」ちゃん。2009年9月30日に浜松市動物園で生まれた小柄なクロヒョウです。クロヒョウは、日差しが強い日にはうまく撮れませんので、
f0224624_15454723.jpg
もう1枚追加します。展示場の2階部分から遠くを見つめる「リリ」。
f0224624_15461351.jpg
神秘的な瞳のピューマの「ピピ」ちゃん。お昼頃から起き出して、展示場の中を歩き回り始めました。
f0224624_15464451.jpg
ライオンは、2つのグループが交代で展示場に出ていますが、この日はオス4頭のグループが出ていました。餌やりできます。
f0224624_15470928.jpg
最後の写真は、チーターの「ティアラ」さん。現在は2頭の子どもと一緒に暮らしています。「ティアラ」は、今年の2月5日に多摩動物公園で生まれた「アイガー」、「ジョラス」、そして「クラリス」の3頭の子どもたちのお祖母ちゃんです。



人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-10-17 04:57 | 群馬サファリパーク | Comments(2)

「サクラ」と「ゼットン」

f0224624_22501942.jpg
「オオカミの森・オオカミ繁殖センター」にある放飼場で暮らしているシンリンオオカミの「サクラ」さん。
f0224624_22503875.jpg
2005年4月25日富山市ファミリーパーク生まれ。円山動物園にいる「ジェイ」や、大森山動物園にいる「シン」、東山動植物園にいる「ジャック」、群馬サファリパークにいる「キララ」と一緒に生まれたメスのシンリンオオカミです。
f0224624_22505878.jpg
「サクラ」が遠吠えを始めると、
f0224624_22511906.jpg
一緒に暮らしているオスの「ゼットン」くん(2007年5月1日生まれ)も遠吠えを始めます。
f0224624_22514300.jpg
「サクラ」が遠吠えを繰り返すと、
f0224624_22520543.jpg
それに呼応するかのように「ゼットン」も遠吠えを繰り返します。
f0224624_22522723.jpg
「サクラ」は広い放飼場の中を軽快に走り回っていましたが、この日の「ゼットン」は地面に横になっていることが多かったようでした。
f0224624_23255587.jpg
寄り添う「サクラ」(左)と「ゼットン」(右)。「ゼットン」は、亡くなった「キュー」(「キュー」も「サクラ」たちの姉妹です)とも仲よしでしたが、「サクラ」とも仲睦まじく暮らしているようです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-10-15 10:12 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

「マイ」を見上げる

f0224624_19493668.jpg
ウォーキングサファリゾーンで暮らしているユキヒョウの「マイ」ちゃん。2003年5月4日生まれ。遊亀公園附属動物園にいる双子の姉妹の「ミュウ」ちゃん(→こちら)と共に、現在国内の動物園で暮らしているユキヒョウたちの中で最高齢のユキヒョウです。
f0224624_19502166.jpg
展示場の2階部分が「マイ」のお気に入りの場所。水を飲んだりシーシーなどするとき以外は、いつも2階部分で暮らしているようです。
f0224624_19510357.jpg
国内最高齢のユキヒョウですが、童顔のためか、とても若々しく見えます。顔立ちは10年前の写真とほとんど変わっていないような気がします。
f0224624_19513698.jpg
そして、展示場が狭いこともあってか、あまり動き回りませんが、2階部分に駆け上がるなど、足腰はまだ弱っていないように見えました。「マイ」ちゃん、これからも元気で暮らしてね!
f0224624_19521015.jpg
ユキヒョウは、夏の暑さが苦手な動物です。2枚目の写真のように、展示場の天井部分に日除けのための「よしず」がかかっていますが、今期から展示場の下に「送風機」(この写真に写っている白い冷蔵庫のように見えるもの)が設置されていて、「マイ」に涼しい風が当たるようになっていました。高齢のユキヒョウですから、これからもいろいろと配慮していただけると嬉しいですね。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-10-12 07:46 | 群馬サファリパーク | Comments(2)

カピバラのもぐもぐタイム

f0224624_19234850.jpg
11:30から始まる「もぐもぐタイム」を待っているウォーキングサファリゾーンのカピバラさん。
f0224624_19242906.jpg
飼育員さんが餌が入っているバケツを持って展示場に入ってきました。立ち上がっておねだりするカピバラさん。
f0224624_19251251.jpg
3頭集まってきました。青草を食べるカピバラさん。
f0224624_19255689.jpg
3頭集まってきました。ペレットを食べるカピバラさん。
f0224624_19263755.jpg
柵の中にいた1頭もニンジンを貰っていました。家族が増えて個体識別ができなくなったため、今回は個体名を記入できませんでした。なお、時間がなくて立ち寄ることができなかったのですが、遊園地の近くにあるバードパークの中にもカピバラが飼育されているはずです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-10-11 19:10 | 群馬サファリパーク | Comments(0)

ホワイトタイガーっ子「エール」

f0224624_11193523.jpg
今年の2月15日に生まれたホワイトタイガーの男の子「エール」くん。赤ちゃんトラであった頃は、イベントホールで「ふれあい撮影会」に出ていましたが、
f0224624_11202440.jpg
体が少し大きくなってきている現在は、ウォーキングサファリゾーンにあるホワイトタイガーの展示場に、お父さんと一緒に出ています。ときおり、獲物を狙う猛獣としての精悍そうな姿も見せてくれますが、
f0224624_11204830.jpg
まだまだ、あどけなそうな顔立ちが可愛らしい子どものホワイトタイガーです。
f0224624_11212383.jpg
お肉代500円で餌やりができます。小窓から顔を見せて、トングに挟まれているお肉を狙う「エール」。
f0224624_11214839.jpg
「エール」の整った可愛らしい顔立ちは、お母さんの「ユファ」さんや、東武動物公園にいるお祖母ちゃんの「カーラ」さんの血筋なのかなぁとも思いましたが、一緒に展示場に出ているお父さんの「バッジョ」くんも、とてもハンサムですね。
f0224624_11221111.jpg
お父さんの「バッジョ」に甘える「エール」。「エール」は、人工保育で育てられたため、当初は「バッジョ」を怖がっていたそうですが、現在はとても懐いているようです。そして、「バッジョ」も、自分の子どもであると気付いているのかどうかはわかりませんが、やさしく対応しているようでした。
f0224624_11223529.jpg
普通であれば、「エール」は、お父さんではなくお母さんと展示場に出ているはずであると思いましたが、この掲示の書き込みによると、お母さんの「ユファ」は、8月22日に3頭の赤ちゃんを出産して育児中なのだそうです。そして、東武動物公園からお嫁入りしている「メープル」さんも、7月31日に2頭の赤ちゃんを出産して育児中なのだということです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-10-10 12:23 | 群馬サファリパーク | Comments(0)