<   2018年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

クロキツネザルの赤ちゃん

f0224624_06404509.jpg
西園にある「アイアイのすむ森」で暮らしている仲のよいクロキツネザルのカップル。全身の毛が真っ黒い色をしている方(後方)がオスで、顔の色は黒いけれども体色は茶色で耳の房毛が白い色をしている方(手前)がメスです。
f0224624_06410596.jpg
このクロキツネザルのカップルに、6月13日に赤ちゃんが誕生しました。
f0224624_06412855.jpg
赤ちゃんは、見ている間、片時もじっとしていませんでした。始終動き回っていて、とても元気そうです(写真も撮り難いです)。
f0224624_06414927.jpg
両親(主にお母さん)にじゃれついたり、勝手に木の枝を伝って冒険に出かけたり、とてもやんちゃ(お転婆)!
f0224624_06420591.jpg
展示場の前にはロープが張られていました。育児をしているお母さんザルがナーバスにならないように、静かに見てくださいということのようです。
f0224624_06422392.jpg
この赤ちゃん、耳の房毛が白い色をしているので、女の子でしょうか?




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-31 08:17 | 恩賜上野動物園 | Comments(2)

息子の代わりに

f0224624_05375710.jpg
暑さを嫌ってか、なかなか寝室から出てこない「フク」ちゃんを迎えに、寝室方面に戻って行くユキヒョウの「ミミ」母さん。
f0224624_05381739.jpg
7月下旬のこの日、「フク」が大放飼場に姿を見せていた時間はとても短かったようでした。
f0224624_05383816.jpg
一方、開放されていた寝室の扉から出たり入ったりを繰り返して、頻繁にガラス展示場に姿を見せていたのは、
f0224624_05390169.jpg
「フク」のお父さんの「コボ」くんでした。
f0224624_05393823.jpg
暑いけれど…、息子に代わって頑張ります!





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-30 10:47 | 多摩動物公園 | Comments(0)

「タロコ」の水浴

f0224624_15162641.jpg
水槽の中に入ってこちらを眺めている二ホンツキノワグマの「タロコ」ちゃん。
f0224624_15170052.jpg
暑い日でしたので、しばらくの間、じっとおとなしく水槽の水に浸かっていましたが、
f0224624_15173799.jpg
展示場の前に人が集まってきたからか、水槽から出てきました。
f0224624_15181150.jpg
坂道を降りていく「タロコ」。背中やお尻の毛が少し薄くなっているようです。
f0224624_15185405.jpg
毛が薄くなっている部分が痒いのか、あちらこちらにお尻を擦りつけて掻いている「タロコ」。
f0224624_15192662.jpg
展示場の中を歩き回り、展示場の一番上の方でお座りして、こちらを眺めている「タロコ」です。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-29 15:49 | 多摩動物公園 | Comments(0)

「ジロー」と仲間たち

f0224624_11561378.jpg
チンパンジー舎の中でひとりで暮らしている「ジロー」くん。柵の側にいて英知に満ちた眼差しで見つめてきます。
f0224624_11562786.jpg
ひとりで暮らしている理由も、動物園の功労者であったことも、今まで知りませんでした。
f0224624_11564755.jpg
「ジロー」は、今年の園の美男総選挙にも出馬した整った顔立ちの、年齢よりも若々しく見えるチンパンジーです。
f0224624_11570612.jpg
そして、隣の展示場で暮らしている他のチンパンジーたち。よく見ると「こんな顔の人に会ったことがある」と思えそうな、味のある豊かな表情をもった個性派ぞろい(?)ですね。
f0224624_11572540.jpg
ここは動物(チンパンジー)と人間との距離が近く、時には威嚇してきたり物を投げてきたりすることがあるため、注意が必要なこともありそうですが、
f0224624_11574175.jpg
トラやライオンなどの大型のネコ科動物たちのように、訪れる人たちにもっと注目されていい動物だと思います。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-28 12:44 | 宇都宮動物園 | Comments(2)

3頭のマヌルネコ

f0224624_11062601.jpg
こども動物自然公園のマヌルネコたち。午前中は暑かったからか、展示室の棚の上などで休んでいました。「オリーヴァ」さん。

f0224624_11065434.jpg
「プリームラ」さん。
f0224624_11072576.jpg
そして、「ロータス」くん。
f0224624_11074528.jpg
マヌルネコ舎の左側の展示場には2017年4月20日に生まれた兄弟(姉妹)のうちのメスの個体が、右側の展示場にはオスの個体が出ていました。ただし、「グルーシャ」くんはすでに旭山動物園に移動していて、右側の展示場にいたのは「ロータス」のみです。
f0224624_11082521.jpg
帰りがけにまたマヌルネコ舎に立ち寄ると、眼を覚まして活動を開始していました。あくびをする「プリームラ」。
f0224624_11085459.jpg
伸びをする「オリーヴァ」。
f0224624_11091532.jpg
元気に活動開始。展示場の中を歩き回ります。
f0224624_11095593.jpg
「ロータス」も展示室の床の上に降りていて、こちらを見上げていました。「タビー」さんには、今回も会えませんでした。元気でいてくれるといいのですが…。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-27 11:44 | こども動物自然公園 | Comments(0)

コアラの「シャイン」くん

f0224624_09263673.jpg
去年の8月31日に生まれたコアラの「シャイン」くん。「シャイン」という名前は「なかなか顔を見せてくれないシャイなところ」から名づけられたのだそうですが、この日は「シャイン」のみが起きていて、木の枝の上を動き回っていました。

f0224624_09265511.jpg
おいしそうなユーカリの葉っぱを見つけた!
f0224624_09271550.jpg
ユーカリの葉っぱを口に咥えて、かわいいウインク!
f0224624_09273479.jpg
ユーカリの葉っぱをむしゃむしゃと食べ続ける「シャイン」。お腹が空いていたのでしょうか?
f0224624_09275545.jpg
やがて、ユーカリの葉っぱの交換の時間が来て、お母さんの「クイン」さん(右)や、他のコアラたちも目を覚まし始めました。
f0224624_09281986.jpg
コアラ舎の通路は涼しかったけれども、外はうだるような暑い日でした。ミナミコアリクイは、洗濯物のような姿で木に引っかかって眠っていました。
f0224624_09284050.jpg
暑さのため、コアラたちがいる東園から正面玄関まで歩くのが辛そうだったので、園内を一周するSL型のバス「彩ぽっぽ」に初めて乗車しました。
f0224624_09292211.jpg
「シカとカモシカの谷」の出口近くにある道路では、歩く人がほとんどいないからか、園内で放し飼いになっているマーラが歩き回っている姿が、車窓から見えました。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-26 10:11 | こども動物自然公園 | Comments(0)

プーズーっ子「ジュン」くん

f0224624_11472092.jpg
6月2日にプーズーのオスの赤ちゃんが誕生しました。プーズーは、おとなでも体長が70~83㎝(93㎝の説もあります)くらいしかないという世界最小のシカです。
f0224624_11475616.jpg
赤ちゃん(右)は、6月生まれなので「ジュン」くんと名づけられました。赤ちゃんのお母さんは「スミレ」さん(左)です。
f0224624_12100832.jpg
赤ちゃんは木の葉を食べています。
f0224624_11483737.jpg
まだまだ人間を警戒しているのか、赤ちゃんは、屋内展示室の隅っこの方に隠れてしまいましたが、
f0224624_11491322.jpg
すぐにお母さんが近づいてきて、背中をペロペロと舐めてやっていました。去年(→こちら)に続いて2回目の出産なので、落ち着いて育児をしているようです。
f0224624_11494980.jpg
こども動物自然公園では、「ジュン」くんを除いて5頭のプーズーを飼育しています。
f0224624_11502320.jpg
屋外展示場には、1頭のオスのプーズーが出ていました。プーズーは、オスのみ、頭部に枝分かれがない10㎝ほどの角が生えますが、このプーズーはまだ角がとても小さいので、去年生まれた「ラピス」くんではないかと思われます。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-25 12:49 | こども動物自然公園 | Comments(0)

ウォーキングサファリゾーンで遊ぶ

f0224624_10542474.jpg
ウォーキングサファリゾーンでは、二ホンジカファロージカ(ダマジカ)に鹿せんべいをやることができます。
f0224624_10550330.jpg
たくさんのシカがいますが、柵があるため取り囲まれることもなく、小さな子どもでも容易にシカたちにエサやりができるようです。
f0224624_10554403.jpg
また、ヤギ(ヤクシマヤギ、ザーネン種、ピグミーゴートの3種類います)やロバ、そして、コリデール種のヒツジたちに青草やペレットをやることができます。
f0224624_10561815.jpg
ロバの「アボット」くん(左)と「タロ」くん(右)。
f0224624_10565200.jpg
青草を引っ張るロバ。体が大きいので、結構力があるようです。
f0224624_11173827.jpg
ヒツジの子ども「ラム」ちゃん。エサやりはできません。
f0224624_10573138.jpg
ウォーキングサファリゾーンでエサやりをして遊んだ後、再びサファリバスに乗車しました。アジアゾーンにいるスマトラゾウの「アスワタマ」くん(左)と「イダ」さん(右)。
f0224624_10581945.jpg
トラゾーンでは、暑い日であったからか、ホワイトタイガーが岩の上からダイブしようとしていました。
f0224624_11180826.jpg
しかし、座っていたバスの座席の位置が後ろの方であったため、着水(着地か?)の瞬間は見えませんでした。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-24 11:57 | 群馬サファリパーク | Comments(3)

二ホンカモシカっ子「モモ」ちゃん

f0224624_05103689.jpg
二ホンカモシカの「ナデシコ」さんが6月17日に赤ちゃんを出産しました。
f0224624_05111614.jpg
赤ちゃんのお父さんは「クロベ」くんで、「ナデシコ」と「クロベ」のカップルにとっては去年生まれた「サツキ」ちゃんに次ぐ第2子です。
f0224624_05115594.jpg
今年生まれた赤ちゃんは女の子で、「モモ」ちゃんと名づけられました。「モモ」ちゃんは、最初は警戒していたのか、展示場の奥の方にいましたが、
f0224624_05123204.jpg
やがて、手前の方に出てきて、展示場の中を走り始めました。
f0224624_05130726.jpg
とても元気そうな赤ちゃんです。
f0224624_05135009.jpg
「ナデシコ」と「モモ」の親子は、谷間の放飼場ではなく、寝室の側にある展示場(パドック)の中にいます。ただし、寝室の陰にいて、姿が見えないときもあるようです。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-23 08:12 | こども動物自然公園 | Comments(0)

ユキヒョウ「マイ」の暑い夏

f0224624_06590304.jpg
ユキヒョウの「マイ」ちゃん。幼そうな顔立ちをしていますが、2003年5月4日生まれで、甲府市にある遊亀公園附属動物園にいる双子の姉妹の「ミュウ」ちゃんと共に、国内の動物園にいるユキヒョウたちの中で最高齢のユキヒョウです。(ちなみに、その次に高齢なのが浜松市動物園にいる「リーベ」さんで、その次が多摩動物公園にいる「ヴァルデマール」くんという順になります。)
f0224624_06584086.jpg
展示場の2階部分は風通しがよく、いつもは「マイ」のお気に入りの場所であったはずなのですが、夏場の群馬サファリパークはとても暑くなります。7月の3連休中のこの日は、写真の左下部分に設置されている冷風機の効き目が少なかったのか、「マイ」は2階部分に登ってもすぐに降りてきます。
f0224624_06592905.jpg
1階部分に降りてきました。展示場によっては寝室の扉が開放されているようでしたが、「マイ」がいる展示場は寝室の扉が閉まっていて、その中に入ることができませんでした。
f0224624_06595115.jpg
「マイ」は、寝室の扉の前に立ったり、水を飲んだり、展示場の中を歩き回ったりしていましたが、
f0224624_07424767.jpg
やがて、展示場の床の上に置かれている氷の塊の側にしゃがみ込みました。
f0224624_07442899.jpg
氷の塊をペロペロと舐め始める「マイ」。氷の塊は、これまでも毎年夏場に提供されていて、「マイ」はいつも気持ちよさげに舐めていました。
f0224624_08002314.jpg
冷風機がある2階部分よりも、日陰になっている氷の塊の側の方が快適なのかもしれません。この後、2階部分に戻って行かなかったようでした。
f0224624_08010057.jpg
そして、氷の塊を枕にして眠ってしまう「マイ」。「マイ」のこのようなぐったりとした姿を見るのは、たぶんこれが初めのことです。それだけ今年の夏の暑さが過酷であり、そして、「マイ」も高齢になってきたということなのかもしれません。
f0224624_08013568.jpg
若々しそうな顔立ちをしている「マイ」ですが、今回、年齢どおり、やはりお年だったんだなぁ…という感じがしました。夏の暑さが毎年厳しくなってきているような気がします。暑さが苦手なユキヒョウのために一層の暑さ対策をお願いしたいと思います。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-22 08:54 | 群馬サファリパーク | Comments(0)