タグ:サル ( 42 ) タグの人気記事

もうすぐ七夕

f0224624_08183920.jpg
今週の日曜日は日差しが強く気温が高い日であったため、クモザルたちは日陰に集まって休んでいましたが、
f0224624_08191695.jpg
午後になって、まだまだ暑いけれども、みんな活動を始めました。
f0224624_08195406.jpg
長い手足や物を掴むことができる尾を使って器用に腕渡り(ブラキエーション)をするクモザルたち。

f0224624_08203286.jpg
尻尾はクモザルの第5の手です。
f0224624_08212085.jpg
クモザル舎の屋上には七夕の飾りつけが見えます。
f0224624_08215700.jpg
園内には、近隣の幼稚園の園児たちが作成した短冊などの七夕の飾りつけが行われていました。もうすぐ七夕ですね。





人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-04 08:51 | 桐生が岡動物園 | Comments(0)

にぎやかなシシオザル

f0224624_10472783.jpg
大宮公園小動物園には5種類のサルが展示されていますが、5月の末のこの日、ひと際にぎやかだったのはシシオザル
f0224624_10474955.jpg
特に子ザルたちは元気一杯です。床の上で追いかけっこをしたり、
f0224624_10481173.jpg
消防ホースにぶら下がったり、
f0224624_10483533.jpg
ホースや木の枝を渡り歩いたり飛び移ったりして、活発に遊びまわります。
f0224624_10485755.jpg
遊びの合間にタイヤの穴の中でひと休み。そして、ガラス窓からニンゲンたちを観察中。
f0224624_10491830.jpg
表情も豊かで、見ているだけで楽しいシシオザルたちです。



人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-06-05 11:10 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

おかしなふたり

f0224624_11452024.jpg
フサオマキザルの「カンペイ」くん(左)と「オカムー」さん(右)のカップル。
f0224624_11454975.jpg
オスの「カンペイ」の方が体が大きく威張っているような顔をしていますが、お互いに毛づくろいをしたりするなど、一緒に行動していることが多く、きっと仲よしなのだと思います。
f0224624_11461418.jpg
怒ったような(威嚇している?)表情も妙にかわいい。
f0224624_11463808.jpg
ユーモラスな感じでちょっと間が抜けているようにも見えますが、意外にも(と言うと失礼になりますが)、フサオマキザルは「南米のチンパンジー」と言われるほど賢い動物なのだそうです。




人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-05-30 12:24 | 大宮公園小動物園 | Comments(2)

ゴールデンライオンタマリンの兄弟

f0224624_16423885.jpg
黄金色に輝く体毛と、顔の周囲にライオンのような鬣(たてがみ)を持つゴールデンライオンタマリン。
f0224624_17112755.jpg
体長34~40㎝程度の小さな猿さんです。
f0224624_16432429.jpg
「ボビー」くん(1枚目及び2枚目の写真も)。
f0224624_16443403.jpg
「エリオ」くん(6枚目の写真も)。
f0224624_16450657.jpg
そして、「ウィリー」くん。これらの3頭のゴールデンライオンタマリンは、浜松市動物園で生まれた兄弟です(→こちら)。
f0224624_16454239.jpg
ゴールデンライオンタマリンは、国内では浜松市動物園で3頭のみ飼育されている希少な小型のサルです。


<2018.7.16追記>ボビーくんは体調が不良のため投薬治療を行っていましたが、7月7日に亡くなったそうです。残念です。



人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-05-28 17:22 | 浜松市動物園 | Comments(2)

新しくなったモンキーワールド

f0224624_20321886.jpg
東武動物公園の中にあるモンキーワールドが4月21日(土)にリニューアル・オープンしました。新しいモンキーワールドは「モンキーライフ」をコンセプトに、サルの生息環境を樹木や水場で再現し、より自然に近いサルたちを観察できるようにした施設。8種43頭のサルたちを飼育・展示しています。そして、ほとんどの展示場がガラス展示場になって、見やすく、撮影しやすくなりました。
f0224624_20323763.jpg
一番たくさんいたのがマントヒヒ。群れで行動する姿を見ることができます。
f0224624_20325482.jpg
アビシニアコロブス
f0224624_20331742.jpg
マンドリル
f0224624_20333750.jpg
ブラッザグェノン
f0224624_20335683.jpg
その子ども。その他に、フサオマキザル、シロテテナガザル、ジェフロイクモザルなどがいるようです。





人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-04-27 20:56 | 東武動物公園 | Comments(2)

給餌器とジェフロイクモザル

f0224624_00150879.jpg
ジェフロイクモザルは、4本の手足と「第5の手」と呼ばれる長く力強いしっぽを使って、木の枝やロープなどを渡り歩きます。給餌器に手を伸ばすジェフロイクモザル。
f0224624_00155189.jpg
白っぽい色をした半透明のプラスチック製の給餌器の中には餌が入っていて、揺らすと容器の表面に開いている穴から餌が出てくるようになっています。
f0224624_00163287.jpg
どうやって餌を出そうかと、給餌器を見つめて考えている(らしい)ジェフロイクモザル。
f0224624_00171535.jpg
給餌器についている紐を引っ張ったり、給餌器をひっくり返したりして、餌を出して食べていたようでしたが、かなりの量の餌が地面に転がり落ちてしまうようです。
f0224624_00180310.jpg
そして、下の地面では、別のジェフロイクモザルがフィギュアスケート・・ではなく、立ち上がって踊るような姿勢をして、餌が転がり落ちてくるのを待っていました。
f0224624_00185556.jpg
別の場所にある展示場には、ジェフロイクモザルよりも体が小さなブラウンケナガクモザルがいます。こちらは子どものサルがいるからか、走り回ったりじゃれ合ったりして、とても賑やかそうな様子でした。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-02-28 11:42 | 江戸川区自然動物園 | Comments(0)

大晦日のサルたち

f0224624_18292827.jpg
桐生が岡動物園は、名前のとおり岡の斜面に位置していて、眼下に桐生市の街並みを見下ろすことができる見晴らしのいい場所にあります。
f0224624_18295395.jpg
この日は始終曇り空で、肌寒い感じがする日でした。岩の上で体を寄せ合って暖をとるサル山のニホンザルたち。
f0224624_18305951.jpg
暖かい日には日向ぼっこをしたり活発に動き回っているクモザルたちも、
f0224624_18301804.jpg
この日は寒かったのか、より固まってサル団子。
f0224624_18312024.jpg
暖かそうであったのは、立派なマントを体にまとっているオスのマントヒヒです
f0224624_18314631.jpg
メスのマントヒヒは、オスよりも体が小さくて体毛の量が少ないため、ちょっと寒そうな様子でした。
f0224624_18320728.jpg
去年の大晦日のサルたちです。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本年もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-01-06 16:31 | 桐生が岡動物園 | Comments(0)

「ケンシロウ」とその家族

f0224624_04402440.jpg
マンドリルの「ケンシロウ」くん。2006年2月7日、東武動物公園生まれ。父は「ラオウ」くん。母は「ユリア」さん。(←某漫画とは人(猿)物設定が異なります。)
f0224624_04404353.jpg
初めて見たときにはまだ小さかった「ケンシロウ」。4歳のときにかみね動物園に移動して、リエル」さん(2010年8月4日生まれ)というお嫁さんを貰って、
f0224624_04411620.jpg
今年の1月13日に「しんご」くんという息子が誕生しています。「しんご」は人工保育で育てられましたが、現在は親子3頭が一緒に暮らしています。
f0224624_04413566.jpg
一家の主として逞しくなった「ケンシロウ」です。




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-09-28 09:00 | かみね動物園 | Comments(0)

ブラウンケナガクモザルの赤ちゃんたち

f0224624_10494448.jpg
ブラウンケナガクモザルの赤ちゃん。
f0224624_10504752.jpg
まだ体が小さな赤ちゃんが2頭いました。去年の11月28日に生まれた「ニール」ちゃんと同29日に生まれた「レフ」ちゃんです。(どちらが「ニール」で、どちらが「レフ」なのかは、全くわかりません。)
f0224624_10522479.jpg
赤ちゃんは人気者。みんなが寄ってきて、もみくちゃにされています。
f0224624_10532718.jpg
赤ちゃんは、いつも親ザルと一緒にいます。親ザルの背中に乗って移動しますが、
f0224624_10545487.jpg
そろそろ、やんちゃぶりを発揮するようになり始めてきたのか、親ザルの背中に乗って立ち上がったり、離れていこうとしたり・・。
f0224624_10560434.jpg
しかし、離れていこうとすると、「まだ遠くに行っちゃダメよ!」というかのように、親ザルがしっぽを掴んで引き戻すようです。
f0224624_10570545.jpg
そして、その近くでは、少し体が大きくなった子ザルたちが、ロープにぶら下がって遊んでいました。「ルパン」ちゃん、「クラリス」ちゃん、「ぜにがた」ちゃんの3頭だと思います。(こちらも識別ができません。あしからず・・。)




人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-05-13 11:47 | 江戸川区自然動物園 | Comments(0)

去年生まれた子猿たち

f0224624_14210963.jpg
2016年7月10日に生まれたニホンザルのメスの赤ちゃん。お母さんの名前が「カノコ」さんなので、キノコ」ちゃんという名前です。
f0224624_14251527.jpg
ひとりでいることもありますが、まだ「カノコ」母さんと一緒にいることが多いようです。お母さんに毛づくろいをしてもらう「キノコ」。
f0224624_14215393.jpg
そして、お母さんもお父さんに毛づくろいをしてもらって、仲のよさそうなニホンザルの一家です。
f0224624_14225662.jpg
2016年1月26日に生まれたブラウンケナガクモザルの「ポロ」くん(オス)。こちらも、お母さんの「ツクシ」さんと一緒にいることが多いようですが、
f0224624_14231806.jpg
先頃1歳の誕生日を迎えて、年上のサルたちが手を引いて遊びに誘うようになってきたような様子でした。人気者ですね。
f0224624_14221226.jpg
2016年3月28日に生まれたシシオザルの「チカラ」ちゃん(オス)。下にあるポスターの写真のような子猿を捜したのですが、見当たりませんでした。どうやら、ポスターの写真は去年の9月以前に撮影したもののようで、現在は、上の写真のように、顔の周囲にあるライオンのたてがみのような体毛が立派に生え揃っているようです。
f0224624_14223370.jpg
子猿の成長は早いものですね。この子は、既にお母さんの許を離れて、ひとりで、または姉の「ディルバ」さんたちと一緒になって木の枝などを伝って遊んでいるようでした。




人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーをクリック。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2017-02-26 21:21 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)