タグ:サル ( 52 ) タグの人気記事

かわいい小さな動物たち

f0224624_09353398.jpg
足立区生物園の観察展示室の中央にある展示場にいるチンチラ
f0224624_09360218.jpg
夜行性の動物であるため、昼間は岩の間に隠れて眠っていることが多いようですが、夕方には活発に動き出します。
f0224624_09362489.jpg
毎日午後4時からのエサやりの時間には、岩の間からぞろぞろと出てきて、リスのように前足でエサをつかんで食べる姿が見られます。
f0224624_09364745.jpg
そんな姿がとてかわいらしいチンチラです。
f0224624_09371937.jpg
「リスのように」と書きましたが、出会いの広場にはシマリスもいます。
f0224624_09374332.jpg
そして、出会いの広場と大温室をつなぐ通路には、2頭のコモンリスザルが来園していました。
f0224624_09380873.jpg
足立区生物園の愛嬌があるかわいい小さな動物たちです。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-10-17 10:00 | 足立区生物園 | Comments(0)

コモンリスザルたち

f0224624_22305633.jpg
江戸川区自然動物園ではたくさんのコモンリスザルを飼育・展示しています。
f0224624_22312749.jpg
コモンリスザルは、主に中南米の森林に生息する体長25~30㎝くらいの小型のサルで、体の色は黄褐色で体よりも長い35~42㎝程度の尾をもっています。「リスザル」という名前は、体の大きさや色がリスに似ていることからつけられたものだそうです。
f0224624_22320144.jpg
耳が大きく、眼の周りは白っぽいが口の周りは黒く、愛嬌がある顔をしています。
f0224624_22323858.jpg
雑食性の動物で、野性では果物や木の実、昆虫などを主食にしていますが、動物園では通常はキャベツやニンジン、リンゴなどを餌として与えているようです。
f0224624_22330844.jpg
動きはとても敏捷で、木の枝の上を渡り歩き、木から他の木に、そして木から金網へとよく飛び跳ねます。
f0224624_22333833.jpg
動きまわる姿を見ているだけでもとても楽しいコモンリスザルたちです。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-09-23 05:03 | 江戸川区自然動物園 | Comments(0)

白い赤ちゃん

f0224624_15162408.jpg
アビシニアコロブスは、体の色は黒い色をしていますが、顔の周りとお尻が白く、背中をU字型に縁どる白いマントのような長い毛と尾の先端にある白くて長い毛房が特徴的なおサルさんです。
f0224624_15164776.jpg
8月15日に赤ちゃんが生まれました。
f0224624_15171176.jpg
赤ちゃんの体毛の色は全身真っ白で、親たちとは全く違った色をしています。体毛はまだ短くて、尾の毛房もまだないようです。
f0224624_15173407.jpg
しばらく見ていると、母親と思しきサルに抱かれて地上に降りてきて、赤ちゃんはひとりで地面の上を探検し始めました。
f0224624_15175983.jpg
どうやら、赤ちゃんは、親たち食べていた葉っぱのようなものが欲しかったみたいですね。





人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-09-18 15:47 | 東武動物公園 | Comments(0)

真夏の夜の動物園 ツチブタなど

f0224624_20482990.jpg
上野動物園のツチブタは、西園にある小獣館の地階にある展示場の中にいますが、「真夏の夜の動物園」開催日の午後7時以後になると、普段の赤い色をした薄暗い照明から明るい白色光の照明に変わり、その姿をはっきりと見ることができるようになります。
f0224624_20490605.jpg
オスの「アルディ」くん、メスの「ヨシコ」さん、そして、去年の4月13日に生まれた子ども(名前、性別不明)が展示場の中を歩き回っていました。子どもは、すでに体が両親と同じくらいに大きくなって、もう区別がつきません。
f0224624_20494194.jpg
ツチブタは夜行性の動物です。展示場の中が明るくなると朝が来たと思ったのか、ツチブタの親子は展示場の隅っこの方に固まって眠り始めました。
f0224624_20463029.jpg
「真夏の夜の動物園」開催日の午後7時以後には、小獣館の地階にいる他の動物たちの姿もはっきりと見ることができるようになります。ガラゴ科に属する夜行性のサルであるショウガラゴ
f0224624_20470780.jpg
そして、霊長目ヨザル科のヨザル
f0224624_20474187.jpg
普段は展示場の暗い照明の中で見ていたためわかりませんでしたが、夜の世界に適応して眼が大きなこのようなお顔をしていたのですね。




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-08-19 12:54 | 恩賜上野動物園 | Comments(0)

クロキツネザルの赤ちゃん

f0224624_06404509.jpg
西園にある「アイアイのすむ森」で暮らしている仲のよいクロキツネザルのカップル。全身の毛が真っ黒い色をしている方(後方)がオスで、顔の色は黒いけれども体色は茶色で耳の房毛が白い色をしている方(手前)がメスです。
f0224624_06410596.jpg
このクロキツネザルのカップルに、6月13日に赤ちゃんが誕生しました。
f0224624_06412855.jpg
赤ちゃんは、見ている間、片時もじっとしていませんでした。始終動き回っていて、とても元気そうです(写真も撮り難いです)。
f0224624_06414927.jpg
両親(主にお母さん)にじゃれついたり、勝手に木の枝を伝って冒険に出かけたり、とてもやんちゃ(お転婆)!
f0224624_06420591.jpg
展示場の前にはロープが張られていました。育児をしているお母さんザルがナーバスにならないように、静かに見てくださいということのようです。
f0224624_06422392.jpg
この赤ちゃん、耳の房毛が白い色をしているので、女の子でしょうか?




人気ブログランキングに参加しています。
いつも応援していただきありがとうございます。
本日も☝のバナーをクリック。よろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-31 08:17 | 恩賜上野動物園 | Comments(2)

もうすぐ七夕

f0224624_08183920.jpg
今週の日曜日は日差しが強く気温が高い日であったため、クモザルたちは日陰に集まって休んでいましたが、
f0224624_08191695.jpg
午後になって、まだまだ暑いけれども、みんな活動を始めました。
f0224624_08195406.jpg
長い手足や物を掴むことができる尾を使って器用に腕渡り(ブラキエーション)をするクモザルたち。

f0224624_08203286.jpg
尻尾はクモザルの第5の手です。
f0224624_08212085.jpg
クモザル舎の屋上には七夕の飾りつけが見えます。
f0224624_08215700.jpg
園内には、近隣の幼稚園の園児たちが作成した短冊などの七夕の飾りつけが行われていました。もうすぐ七夕ですね。





人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-07-04 08:51 | 桐生が岡動物園 | Comments(0)

にぎやかなシシオザル

f0224624_10472783.jpg
大宮公園小動物園には5種類のサルが展示されていますが、5月の末のこの日、ひと際にぎやかだったのはシシオザル
f0224624_10474955.jpg
特に子ザルたちは元気一杯です。床の上で追いかけっこをしたり、
f0224624_10481173.jpg
消防ホースにぶら下がったり、
f0224624_10483533.jpg
ホースや木の枝を渡り歩いたり飛び移ったりして、活発に遊びまわります。
f0224624_10485755.jpg
遊びの合間にタイヤの穴の中でひと休み。そして、ガラス窓からニンゲンたちを観察中。
f0224624_10491830.jpg
表情も豊かで、見ているだけで楽しいシシオザルたちです。



人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-06-05 11:10 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

おかしなふたり

f0224624_11452024.jpg
フサオマキザルの「カンペイ」くん(左)と「オカムー」さん(右)のカップル。
f0224624_11454975.jpg
オスの「カンペイ」の方が体が大きく威張っているような顔をしていますが、お互いに毛づくろいをしたりするなど、一緒に行動していることが多く、きっと仲よしなのだと思います。
f0224624_11461418.jpg
怒ったような(威嚇している?)表情も妙にかわいい。
f0224624_11463808.jpg
ユーモラスな感じでちょっと間が抜けているようにも見えますが、意外にも(と言うと失礼になりますが)、フサオマキザルは「南米のチンパンジー」と言われるほど賢い動物なのだそうです。




人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-05-30 12:24 | 大宮公園小動物園 | Comments(2)

ゴールデンライオンタマリンの兄弟

f0224624_16423885.jpg
黄金色に輝く体毛と、顔の周囲にライオンのような鬣(たてがみ)を持つゴールデンライオンタマリン。
f0224624_17112755.jpg
体長34~40㎝程度の小さな猿さんです。
f0224624_16432429.jpg
「ボビー」くん(1枚目及び2枚目の写真も)。
f0224624_16443403.jpg
「エリオ」くん(6枚目の写真も)。
f0224624_16450657.jpg
そして、「ウィリー」くん。これらの3頭のゴールデンライオンタマリンは、浜松市動物園で生まれた兄弟です(→こちら)。
f0224624_16454239.jpg
ゴールデンライオンタマリンは、国内では浜松市動物園で3頭のみ飼育されている希少な小型のサルです。


<2018.7.16追記>ボビーくんは体調が不良のため投薬治療を行っていましたが、7月7日に亡くなったそうです。残念です。



人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-05-28 17:22 | 浜松市動物園 | Comments(2)

新しくなったモンキーワールド

f0224624_20321886.jpg
東武動物公園の中にあるモンキーワールドが4月21日(土)にリニューアル・オープンしました。新しいモンキーワールドは「モンキーライフ」をコンセプトに、サルの生息環境を樹木や水場で再現し、より自然に近いサルたちを観察できるようにした施設。8種43頭のサルたちを飼育・展示しています。そして、ほとんどの展示場がガラス展示場になって、見やすく、撮影しやすくなりました。
f0224624_20323763.jpg
一番たくさんいたのがマントヒヒ。群れで行動する姿を見ることができます。
f0224624_20325482.jpg
アビシニアコロブス
f0224624_20331742.jpg
マンドリル
f0224624_20333750.jpg
ブラッザグェノン
f0224624_20335683.jpg
その子ども。その他に、フサオマキザル、シロテテナガザル、ジェフロイクモザルなどがいるようです。





人気ブログランキング
人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただきありがとうございます。☝のバナーを「クリック」。本日もよろしくお願いします。


by snowleopard2001 | 2018-04-27 20:56 | 東武動物公園 | Comments(2)